個人的おすすめ記事ランキング!自分で書いた記事に自分でコメントしてみる【2016年6月編】

広告


まいど、黒井です。

5月から始めた「個人的おすすめ記事ランキング」ですが、今月もやってみます。6月に書いた記事のなかから、いま一度「読んでほしい!」というものをピックアップして紹介する記事です。

広告

2016年6月に書いた記事の本数は?

s_IMG_9139

6月は「24本」の記事を書いたよ!

6月は【痛風発作】らしきものが起こり、しばらく足が痛すぎて記事を書くどころではなくなってしまったので、後半はやや失速しましたが、それにしてはよく書いた!

前半にたくさん書いて、中盤から後半にかけてやや失速し、月末に近づくにつれて調子が回復していっている様子が、記事の本数から推測できます(笑)

個人的おすすめ記事ランキング!【2016年6月編】

記事ランキング

2016年6月に書いた記事のなかから、読んでほしい記事をピックアップして紹介します。自分で書いた記事を自分で褒めるナルシズム全開のコーナーです。

第5位:Amazonのほしい物リストを公開したら本当に届いちゃいました!ありがとーう!

IMG_0389

以前に書いた【Amazonの「ほしい物リスト」を公開してみた!】の続編のような記事が、第5位の「Amazonのほしい物リストを公開したら本当に届いちゃいました!ありがとーう!」です。

Amazonの「ほしい物リスト」を公開していたら、どこかの誰かがぼくに「ブラックサンダーチョコ」を買って送ってくださったんですよ!

記事が上手く書けたかどうかというより、単純に嬉しかった!! 記事ではテンションの上がりきったぼくが見れます(笑)

Amazonのほしい物リストを公開したら本当に届いちゃいました!ありがとーう!

2016.06.23

第4位:ヘッドホン人気ランキング!ヘッドホンの売れ筋をランキングにしてみた。

ヘッドホン_黒

TANOBLOからよく売れている「ヘッドホン」を人気順でランキングにした記事です。サイドバー(スマホの方は記事の下)の「記事ランキング」を見ていただければ分かるんですが、TANOBLOではオーディオ関連の記事がかなり人気で、たくさんのヘッドホンやイヤホンが売れています。

Amazonアソシエイトを参照して「売れているヘッドホン」のランキングを作ってみたんですが、予想通りのところもあれば、予想外の結果もあり、ぼく自身も楽しみながら記事を作ることができました。

1位に輝いたのは「定価20,000円」が「驚愕の6,000円台」で買えちゃう圧倒的にオトクな「あの」ヘッドホンでした。

ヘッドホン人気ランキング!ヘッドホンの売れ筋をランキングにしてみた。

2016.06.01

第3位:AKGのY50買っちゃった!昨日の今日で「Y50」を買っちゃいました。

AKG−Y50-オレンジ

AKGというオーディオメーカーの「Y50」というヘッドホンを購入し、開封レビューした記事です。この直後に「C120」という「Y50用のケーブル」のレビュー記事も書きました。2本まとめて読んでいただけると嬉しいです。

記事には書きませんでしたが、実は「Y50」は「2016年5月」にたくさん(といっても25本だけど)記事を書くことができた「ご褒美」として買ったんですよ。

カラフルでポップなデザイン性と、バランスの良いフラットな音質が魅力の「誰にでもおすすめできるヘッドホン」です!

気になる方はチェックしてみてください。

AKGのY50を購入した!昨日の今日で「Y50」を購入しました。

2016.07.23

第2位:安いノートパソコン買ったった!父の買った激安ノートパソコンを勝手にレビューします。

IMG_0401

父がパソコンを買い替えたいということで「予算5万円」という条件で、ぼくがパソコンを選びました。Lenovoの「ideapad 300」というエントリーモデルですね。

価格は40,000円!

XP時代の「激安ノート」とは違って「安いのに遅くない」んですよ。もちろん高スペックのモデルと比べると遅いんでしょうけれど、ウェブ閲覧や、YouTubeなどの動画サイトの利用、音楽鑑賞などプライベート用途のパソコンとして使う分には、まったく問題のない動作速度です。

「ideapad 300」は「安っぽい感じがない」のもイイね。父も気に入ってくれました。

安いノートパソコン買ったった!父の買った激安ノートパソコンを勝手にレビューします。

2016.06.27

第1位:勝ち負けでものを見た瞬間から「不幸」が始まるんですよ:お前みたいな負け組にはなりたくないと言われた話。

s_photo-1457052271742-6b6b66887aeb

弟に「お前みたいな負け組にはなりたくない」と言われた話を記事にしました。昔のぼくだったら、弟の心ない一言に落ち込んでいたかもしれませんが、いまはもう大丈夫。むしろ「勝ち負け」でしかものを見ることのできない弟を可哀想だとさえ感じたくらい。

あなたは「勝ち負け」でものを見ていませんか?

もしも「勝ち負けでものを見ている」のなら、あなたの人生はとてもつまらない、幸せのないものになってしまうかもしれません。

幸福感を味わう秘訣は、何かを得るとか、達成するということじゃなくて「幸せだなあ」と思うことです。

勝ち負けでものを見た瞬間から「不幸」が始まるんですよ:お前みたいな負け組にはなりたくないと言われた話。

2016.06.07

あとがき

あとがき

TANOBLOの基本コンセプトは「楽しく生きるためのブログ」なので、メンタルヘルスのような「直接ひとの心に働きかける記事」を大切にしないといけませんね。

7月はどんな記事を書くのかなあ。

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です