Amazonのお手軽エンタメ・タブレット「Fire7」が届いた! さっそく開封します。

4,980円のFire7タブレット
広告


まいど、黒井です。

Amazonプライム会員なら「4,980円」の大特価で購入できるAmazonの新型7インチ・エンタメ・タブレット「Fire7」が届きました!

4,980円で7インチタブレットが買える時代。

いいじゃないですか!

これを機に「Amazonプライム会員になる」という選択をしても、プライム会員の年会費(3,900円)とFire7タブレットの価格(4,980円)を足して「8,880円」です。

たったの4,980円でAmazonの最新タブレットをゲットだぜ!

2017.05.26

8,880円でAmazonのあらゆるサービスが利用できるようになり、さらにFire7タブレットまでついてくる……

すごすぎるでしょ、Amazonさん!!

 

広告

Amazonの新型7インチタブレット「Fire7」を開封します。

fire7タブレット-パッケージ

こちらが「Fire7」タブレットのパッケージです。

「Fire」だから「炎のようなオレンジ色」なんでしょうかね。

格安タブレットのパッケージですから高級感はありませんが、なんだかポップでかわいらしいデザインです。

箱の裏の点線をペリペリ破って……

fire7タブレット-開封

オープン!!

中身を取り出すと……

fire7タブレット-中身

こんな感じ!

  • Fire7タブレット本体
  • ACアダプタ
  • 充電用USBケーブル
  • トリセツとスタートアップガイド

入っていたものは以上のとおりです。

Fire7が輝いてますね!(ビニールが反射してるだけ)

Fire7本体の外観。

fire7タブレット-本体

ビニールから取り出したFire7タブレット本体です。

4,980円という格安さを最大限に活かすべく、ぼくはあえて「液晶保護フィルム」と「本体カバー」を購入しませんでした。裸のまま使うぜ!

もちろんAmazonからはFire7用のカバーが販売されていますし、ナカバヤシからFire7用の液晶保護フィルムも販売されています。

 

前面にはインカメラが付いています。

fire7タブレット-インカメラ

Fire7では「Skype」をつかってテレビ電話もできますよ。

インターフェースはFire7の上部に”ほぼすべて”集中しています。

fire7タブレット-インターフェース

左から……

  • 電源ボタン
  • microUSBポート
  • マイク
  • イヤホンジャック
  • ボリュームボタン

と、なっています。

Fire7にはストレージの容量別に「8GBモデル」と「16GBモデル」の2種類があります。4,980円で購入できるのは「8GBモデル」のみです。

8GBでは容量がもの足りないという場合には「microSDカード」をつかって容量を強化することができるようになっています。

fire7タブレット-microSDカードスロット

microSDカードのスロットだけ、Fire7上部ではなく「右側面」にあります。

つづいて裏面。

Fire7のボディは「樹脂製」です。それでもあまり安っぽく見えないのは、マットな質感で、ツルツルではなく「すべすべ」の手触りだからでしょう。

fire7タブレット-裏面のAmazonロゴ

裏面には「Amazon」のロゴと……

fire7タブレット-アウトカメラ

アウトカメラ。それから……

fire7タブレット-スピーカー

スピーカーがついています。

Fire7はあくまでもエンタメ・タブレットなので、スピーカーにはもうちょっとこだわってほしかったなあという感じですね。

見るからにショボい。

でも安いから許す!

Fire7をセットアップします。

fire7タブレット-セットアップ1

最後にFire7をセットアップしてこの記事を終わります。

言語の設定をして……

fire7タブレット-セットアップ2

Wi-Fiの設定をして……

fire7タブレット-セットアップ3

しばらく待って……

fire7タブレット-セットアップ4

「あなたは黒井さんですか?」と名前を言い当てられて……

fire7タブレット-セットアップ5

こうなって……

fire7タブレット-本体

こう!!!

セットアップの手順はふつうのAndroid端末と変わりませんね。ひとつだけ違うのが「GoogleアカウントではなくAmazonアカウントで動いている」ということ。

「あなたは黒井さんですか?」というのはAmazonアカウントの確認を求められていたのです。そうですあたしが黒井です。

【あとがき】つかってみた感想はべつの記事にまとめます。

Amazonの「Fireシリーズ」はAndroidOSをベースに独自開発された「FireOS」というオペレーティングシステムを搭載しています。

つまり「Android」とは少し違うんですね。

そのためAndroid端末用のアプリストアである「Google Playストア」が利用できません。代わりにFireタブレットにプリインストールされている「アプリストア」を利用してアプリをインストールします。

fire7タブレット-アプリストア

「すべて」ではありませんが、けっこうたくさんのAndroidアプリがFireOSに対応しているようです。有名どころのゲームがひと通りそろってます。

Android端末とは少し違うので、その違いや使い勝手などを次回の記事でレビューする予定です。記事を更新し次第この下にリンクを貼ります。

Amazonのお手軽エンタメ・タブレット「Fire7」使ってみた! 感想をシェアします。

2017.06.09

たったの4,980円でAmazonの最新タブレットをゲットだぜ!

2017.05.26

 

 

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です