読書メーターもブクログも最悪!じゃあ「ビブリア」はどう?

読書管理ビブリアのバナー
スポンサード

まいど、黒井みなみ(@961373)です。
ずっと「読書メーター」をつかってきた。元日本一のニートである「Pha」さんが「ブクログ」をつかっているということで、ブクログもつかってみた。

だが、ぼくにはどちらも合わないんだ!

ぼくは「スマホで手軽に読書管理」がしたいんだけど「読書メーター」も「ブクログ」もアプリがしょぼくて正直つかいものにならない。そこで今年にはいってから「ビブリア」をつかっている。

結論から言おう。ビブリア万歳。

スポンサード

ぼくは読み終わった本の山で城を築きたいのだ。

70ce4e20f1f090d38b05804ad5194159_m

ぼくは「本棚を眺める」のがスキだ。ツンドク(買って積み上げておいて読んでいない本)を眺めるのもスキだ。それだけでワクワクしてくる。

読んだ本を管理するときもぼくは「読んだ本を眺める」ことがしたい。それも「簡単に記録」をしたいので、ウェブサービスでなく「スマホアプリ」で本を管理できたら最高だ。

そう思いつつもぼくは長きにわたって「読書メーター」をつかっていた。「ブクログ」にも登録してみた。それぞれのアプリをiPhoneにインストールしてみるということもした。

だが、ぼくにはどちらも合わないんだ!

ぼくは読み終わった本の山で城を築きたいのだ。

そしてそれを眺めてささやかな達成感にひたりたい。

それなのに「読書メーター」のiPhoneアプリは未だに「iPhone5S」で止まっているので「iPhone6などでは上下に黒い帯が出てしまう」のだ。

読書メーター_iOS

こんな具合に。

かといって「ブクログ」のiPhoneアプリの出来が良いのかといえばそうではない。ブクログのアプリは「本棚の一段に一冊の本が表示されるような形式」で一覧性が低い。

また「アプリが落ちやすい」というレビューも多い。実際にぼくの使用環境でも何度か落ちている。

IMG_0271

「読書メーター」のiPhoneアプリよりは良いと思うけど、やはりこれでは「読んだ本を眺める」ということはむずかしい。単純に「読書の記録をとる」というのであればブクログ(アプリ版)はアリだと思う。

そして「読書管理ビブリア」だ。

「ビブリア」では読んだ本が「ブクログ」のような「リスト表示」だけでなく「表紙をタイル状に表示」することにも対応している。

読書管理ビブリア_表紙の一覧表示の画像

これや。これがやりたかったんや!

読書管理ビブリア_リスト表示の画像

「リスト表示」にするとこんな感じ。一覧性は下がるけど「本のタイトル」と「著者の名前」が一緒に表示されるようになる。特定の本を探したいときにはこちらのほうが便利かも。

多分これが一番早いと思います。

走り出す

ぼくが読書記録アプリに求めているものは「読んだ本を眺められるか」と「いかに簡単に読んだ本を登録できるか」の2点だ。

「読んだ本を眺められるか」については申し分ないが、読書管理ビブリアは「いかに簡単に読んだ本を登録できるか」についても「非常に優秀」である。

読書管理ビブリアは「読書管理アプリ」ではお馴染みの「バーコードからの登録」に対応している。

読書管理ビブリア_バーコードで本を登録している画像

こんな具合。

「連続スキャンモード」をつかえば、文字通り「連続でバーコードをスキャンする」ので便利だ。ひとつずつバーコードをスキャンして登録、スキャンして登録、とやっていると面倒だから、これはいい機能だと思う。

また「本のタイトル」を入力して本を登録する場合でも、読書管理ビブリアは「シンプル」だ。

「読書メーター」や「ブクログ」では、本のタイトルで検索し、該当する本をタップして、さらにその本が「読んだ本」なのか、それとも「これから読みたい本」なのか、あるいは「いま読んでる本」なのか、はたまた「買ったけど読んでない本」なのかという選択肢から、ひとつを選ばなくてはならない。

ブクログ_iOS

こんなふうに。

ぼくは「いま読んでる本」などは登録しないので「読みたい本」と「読んだ本」を登録できればいい。

なるべく簡単にね。

その点についても読書管理ビブリアは気が利いていて「通常にタップをすると『読んだ本』として登録」し「右下の『読みたい』をタップすると『読みたい本』として登録」してくれるのだ。

ビブリア_本の登録_スクリーンショット

「読んだ本」「読みたい本」ともに「1回のタップ」で登録ができるのは「シンプル」でいいと思う。

もちろん読書管理の基本も。

洋書-読んでいる

ビブリアは「読書管理アプリ」なので、もちろん「読書管理アプリとしての基本的な機能」を備えています。

読書管理ビブリア_メモ・感想

「メモ」や「感想」を入力したり・・・

読書管理ビブリア_読書データ

「読書の傾向」や「読書データ」をグラフで見られたり。

正直なところ「読書メーター」や「ブクログ」のiPhoneアプリ版は「まるでつかいものにならないレベルのもの」だといっていいだろう。

「読書メーター」は「iPhone6」や「iPhone6+」をつかっているひとには「論外」というアプリで、「ブクログ」はアプリ内では「読書データ」を見ることができなかったりする。

読書管理ビブリアはもっともスマートでシンプルで、何より「ちゃんとつかえる」唯一の読書管理アプリなのだ。

スポンサード

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です