ブログに書くことがない人はブログを「外付けハードディスク」だと思え。

広告

ブログを始めたのはいいけど「何を書けばいいか分からない」という人は多いはず。

ブログに何を書けばいいか分からない人は、ブログを「自分の頭の外付けハードディスク」だと考えてみてはどうでしょう。

などと偉そうなことを書いていますが、ぼく自身、未だに「何を書けばいいんだ」と分からなくなり、悩むことが多々あります。

そんなときこそ「ブログは外付けハードディスクだ」ということを思い出すんです。

広告

実は、有名プロブロガーの受け売りです。

いきなりですが「ブログは外付けハードディスクだ!」というのは、ぼくがゼロから考えだしたノウハウではありません。

有名プロブロガーの「イケダハヤトさん」が、自身の著書「武器としての書く技術」のなかで紹介しているノウハウなんです。

その部分を引用してみますね。

ブログは「外づけハードディスク」のような機能も担ってくれます。ぼくは面白かった本の内容を、読書メモという形でブログに書き残しています。書評というほどしっかりした記事ではなく、「これは面白い」と思った書中のセンテンスを、一字一句そのままメモとして残しています。(中略)大枠の情報は脳のメモリーに蓄積し、詳細な情報はブログという外部ストレージに記録し、必要に応じて引き出すようにする。

武器としての書く技術_イケダハヤト より

ブログを「自分専用の外付けハードディスクだ」と考えられるようになると、上の引用部にあるように「必要に応じて引き出せる」というメリットだけでなく「とりあえず書く」ということが習慣になります。

他にも「武器としての書く技術」では、

  • 目の解像度を高くする
  • 再開する力をつける

など、ぼくが「ブログを運営するうえで注意していること」が満載です。

ブログを運営している人や、これから本格的にブログを始めたい人には「必読」と言っていい良書なので、どうかご一読を。

ブログは「気軽に」書いたっていい。

「ブログは自分専用の外付けハードディスクだ」という感覚を忘れると、ぼくは途端に記事を書くのが「不安に」なってしまいます。

  • こんな「素人考え」丸出しの記事を投稿していいのか?
  • こんな「持論」を堂々とシェアしていいのか?
  • ただの「感想」を記事にしていいのか?

と、考えてしまいます・・・

ぼくのような「小心者」はとくに、自分の意見を発表するのがニガテなものです。

だから「自分なりに考えてみたこと」を文章化しても、推敲している間に少しずつ「不安に」なってしまう。

そうして「ボツ」にしちゃったり、ね。

それがどんなに「バカげた」ことでも、書いたからにはブログに乗せましょうよ。それを読んだ人が「こいつバカじゃないの?」と思ったとしても、ボツにしてしまうよりずっといいはずです。

それに・・・

人間なんてみんな「バカ」です!

自分の「バカ」を気にしてブログ記事を書けないというのなら、そっちのほうが「バカ」ですよ。

何より「もったいない」しね。

「ブログは自分専用の外付けハードディスクだ」という感覚があると、自分の書いた記事にちょっとした「不安」があっても、それを乗り越えて「とりあえず投稿しよう」という気になれます。

書く阿呆と、見る阿呆、同じ阿呆なら書かねばソン!

これくらいの「軽い気持ちで」ブログを書いたっていいじゃない。難しく考えず「とりあえず」で書いてみようぜ。ぼくはそう思うんです。

ぼくは「書くバカ」でありたい。

ぼくは「内向的」で「小心者」だからでしょうか、いまでも「ただのバカ」になってしまいます。

それでは、ニートで、引きこもりで、うつ病で、ブログも書けない「ただのバカ」ですよ。

ニートも、引きこもりも、うつ病も、すぐには治せないけど、いますぐ「書くバカ」になることはできます!

妙な言い方ですが、社会人よりも、外に出て電車やバスに乗れる人よりも、心が健康な人よりも、ぼくは文章を「書くバカ」である自分のことを「優れている」と感じられるんです。

文章力は人並みですし、書く速度も「まあまあ」といったところ。それでも「読むバカ」より「書くバカ」として書き続けている自分を、誇りに思います。

「消費ばかりしているな」と思うことって、ありません?

ぼくは「しばらくブログを書いていない」と「消費ばかりしているな」と思うことがあります。

本を読んだり、ウェブ上の記事を読んだりするばかりで、吐き出すということ、すなわちアウトプットが足りないから、そういう気持ちになるんですよ。

インプットとアウトプットは「同量」であるべきです。

でも現代では非常に多くの人が「インプット優勢」の頭をしています。情報を入れるばかりでは「頭が重たく」なっちゃいますよ。

何だか頭のなかが「情報で汚れている」感じ、しません?

ブログでもツイッターでも、ロム専でいるのはもったいないですよ。

さあ、ぼくと一緒に「書くバカ」になろう!

あははははっ!

あとがき

「書くこと」は「考えること」に等しい。だから「よく書くひと」はもれなく「よく考えるひと」なんです。考えることは面倒です。疲れるしね。でも「考えないでいる」ことになんのメリットがあるでしょう。小さなことでも「ぽいっ」とせずに、よく「書いて」みましょうよ。

あなたの買ってくれた商品をレビューします!

Amazon欲しいものリストを公開しています。ブログを読んで「イイね!」と思ったら、何か買っていただけると助かります。購入していただいたものは記事にしますよう!

 

広告

おすすめの関連記事!

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です