ブログで稼ぐなら知っておかなきゃ損!ブログのパワーを上げる3つの基本。

広告


ブログというのはすごくおもしろいメディアです。まずブログには「2つのパワー」があります。それは「日々更新される」というパワーと「情報が蓄積される」というパワーです。

この2つの「ブログパワー」をコツコツと上げていけば、必ず訪問者は増えていきます。あとはそれを根気強く続けられるかどうかです。

ブログで稼ぐ場合に大事なブログのパワーを上げる基本的な方法として、ぼくは以下の3つを掲げています。

  1. 気を引かせるタイトルを付ける
  2. 更新頻度を上げる
  3. その記事を読むメリットを意識する

ぼくはブロガーとしてまだまだ未熟ですが、自分なりに以上の3点を意識しながら記事を書くよう心がけています。

基本のテクニックを淡々と実践してきただけですが、ぼくはTANOBLOから毎月「5〜7万円」ほどの収益を得ています。

広告

ブログのパワーを上げる3つの基本。

kasegu
  1. 気を引かせるタイトルを付ける
  2. 更新頻度を上げる
  3. その記事を読むメリットを意識する

以上が「ブログで稼ぐ」のに重要な「3つの基本的なテクニック」です。

ひとつずつ見ていきましょう。

【1】気を引かせるタイトルを付ける

PAK153130225_TP_V

Googleなどの検索エンジンから来る訪問者も、ツイッターなどのSNSから来る訪問者も、いきなりあなたの記事を読むのではありません。

まず「記事のタイトル」を見て、気になったら「記事本文」を読むんです。だからタイトルに魅力がなければ「タイトルだけを見て」記事にアクセスしてくれさえしません。

だから「ブログで稼ぐ」にはまずタイトルが大事。

たとえばこの記事のタイトルが、

ブログのパワーを上げる基本

だけだとしたらどうでしょう。

その記事に書いてあることは分かりますし、過不足のないタイトルと言えます。でも説明的で抑揚のない印象も受けませんか?

自らすすんで「これ読みたい!」とは思いませんよね。

上のタイトルが、

ブログのパワーを上げる3つの基本

となるとどうでしょうか。

途中に「3つの」と付け足しただけです。

前の例とくらべて「具体的な数字」が付いたことにより内容がハッキリしました。さらに「数字」が入ることでユーザーは「その3つって何だろう?」とちょっとした疑問を抱くはずです。

そのタイトルがさらに、

ブログで稼ぐなら知っておかなきゃ損!ブログのパワーを上げる3つの基本

となるとどうですか?

今度は頭に「ブログで稼ぐなら知っておかなきゃ損!」という文章を付け足しました。ビックリマークもついて、最初に感じた「抑揚のなさ」も薄れたのではないでしょうか。

さらに「ブログで稼ぐ」というユーザーの求めている情報に関するキーワードを前面に押し出したことにより、注目してもらいやすくなりましたね。

また「知っておかなきゃ損!」と言われると、何だか気になっちゃいますよね。タイトルだけではその「3つの基本」が何かも分かりませんし。

ここまでくると「タイトルだけ見て帰る」という人はだいぶ減らせるのではないでしょうか。もちろん「ユーザーの求める情報と一致しているとして」ですよ?

そもそも「今流行りのファッション」をテーマにしたブログで「ブログで稼ぐなら知っておかなきゃ損!ブログのパワーを上げる3つの基本」という記事を更新しても、お客さんが求めている情報と記事のタイトル(及び内容)が一致していないので、タイトルだけで帰られてしまいます。

残念ながらネットでは「ユーザーの求める情報と一致する記事」が書けていても、タイトルで失敗してしまうと「タイトルだけ」になってしまうことが多いんです。

ですから「数字を入れてみる」や「注意を引く言葉を入れてみる」などして、タイトルだけでユーザーに「読みたい」と思わせなくてはなりません。

【2】更新頻度を上げる

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_m

どのようなジャンルのブログでもユーザーが求めているものはいつも一緒。それは「2つ」あります。ズバリ「情報」と「変化」です。

「情報」とは言わずもがな「そのジャンルに関する情報」ですが、もうひとつの「変化」とはなんでしょう。ブログの変化とはすなわち「更新頻度」です。

昨日と今日で「記事のラインナップが変わっていない」ということがあれば、そのユーザーは高い確率で「記事をひとつも読まずに帰ってしまう」でしょう。

ひとつでも変わっていたらそれを読んでくれるかもしれませんし、さらに「関連記事」として表示している記事に移動し、もうひとつ記事を読んでくれるかもしれません。

ブログで稼ぐ上では、この「ひとりがいくらページを見てくれたか」を示す指標である「ページ/セッション」の数字が非常に大切です。

更新頻度を上げることで「ページ/セッション」が改善されるかというとそういうワケでもありません。しかし「記事がたくさんなければ読もうにも読むものがない」という状態になりかねないので、記事のストックが多いに越したことはないんです。

更新頻度を上げることは、冒頭で申し上げた「ブログの2つのパワー」に直結します。

【ブログの2つのパワー】

  • 日々更新されること
  • 記事が蓄積されていくこと

更新頻度を上げることは「ブログの2つのパワー」の両方に強く作用します。

ブログで稼ぐにはひとつひとつの記事のクオリティも大事ですが、それ以上に「更新頻度」のほうが大事です。そう思ってどんなに薄っぺらい記事でも書きまくってください。

【3】その記事を読むメリットを意識する

スケッチブック-ハート

よく「記事のテーマを考えて書く」なんて言いますが、それと「ほぼ」同じことだと考えてください。ほぼ同じで、ちょっと違うんです。

「記事のテーマ」というのは、記事を書く人間が「何を伝えたいか」ということです。つまり「ブロガー目線」なんですよ。これではいけません。

ほぼ同じ意味でも「その記事を読むメリット」を考えるようにすると、それは「お客さん目線」に変化します。記事はいつもお客さんの目線で書かれるべきです。

お客さんの目線に立つことができるようになると「お客さんにとって分かりやすい文章」を自然に書くようになります。このスキルが身につくと「物が売れる」ようになるんですよ。

TANOBLOでは「Amazonアソシエイト」というAmazonの商品を紹介してお金を稼ぐことのできるプログラムを利用しています。Amazonアソシエイトでは毎月「150万円」ほどの商品が売れているんですよ。

この売上も「どれだけお客さんの目線に立てているか」で大きく変化します。TANOBLOは割に少ないアクセス数でそこそこ大きく稼げているブログなので、まあ、良い感じにお客さん目線ができているっていう証拠かしら。むふふん。

あとがき

atogaki

ぼくはTANOBLOにおいて以上の「ブログのパワーを上げる3つの基本」を自分なりに徹底してきたつもりです。逆を言うと「それだけ」でここまで稼げるようになりました。

問題は「ここから」なんだろうなぁ。

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です