レンジでらくチンゆでたまご!栄養満点の卵を食べましょう。

広告

まいど、黒井です。

とあるYouTube動画で見かけて「ビビッ」と来たので、ソッコーで購入しました。

その名も、

レンジでらくチンゆでたまご!

今回は無難(?)な「2つ用」を購入しましたよ。

半熟たまごも固ゆでたまごも思いのまま、電子レンジで「チン」するだけで作れちゃうみたいです。

広告

まずは中身を見てみましょう。

IMG_0314

「レンジでらくチンゆでたまご」の箱を開けると、なかから「丸っこい容器」と「簡単な説明書」が出てきました。

男のロマン、三体合体! どーん!

「レンジでらくチンゆでたまご」の本体側面に、黄色いロックがあるので、これを「パチン」と外します。

すると・・・

IMG_0315

このように、フタが取れて「3つ」に分解されました。

それぞれのパーツは左から・・・

  • フタ
  • 水を入れるところ
  • たまごをセットするところ

と、なっています。

フタのてっぺんには、水が沸騰し、蒸気となったものを排出するための「穴」があいています。ここにツマヨウジとか刺しちゃダメよ。

また、レンジでチンすると本体が熱くなるためでしょうか「持ち手」がついていますね。こういう「ちょっとした工夫」が便利だったりするんだよなあ。

では、実際にゆでたまごをつくってみましょう!

ゆでたまご!

スケッチブック-ハート

実際にレンジでゆでたまごをつくってみましょう。

まず「水受け」のメモリまで「水」を入れます。

IMG_0340

水入れる前に写真とっちゃった☆

つづいて、

IMG_0341

アルミ製のお皿に「たまご」をセットします。

今回のは「2つ用」です。他に「3つ用」と「4つ用」もありますよ。

たまごをセットしたら、フタをかぶせて「黄色いロック」を「パチン」と音がするまでちゃんと締めてください。

これで準備オッケー!

あとは「500ワットのレンジで10分(たまご2つの場合)チンする」だけです!

・・・10分後・・・

IMG_0342

じゃじゃじゃーん。

ゆでたまごちゃんでございます。

バッチリだねえ。

今回は説明書のとおりに「2つで500ワット10分」で調理しましたが、時間を少し短くすれば「半熟ゆでたまご」にもできるようです。

こんど半熟もつくってみよーっと。

マヨネーズかけて、おいしくいただきました。

あとがき

あとがき

今回は「レンジでらくチンゆでたまご」を購入したので紹介させていただきました。購入の理由は「ダイエット」です。

ぼくは5月13日から「120キロからのダイエット」と題して、ダイエットをはじめました。このタイトルでバレちゃいますが、ぼくは体重が120キロもある(あった)んですね。

実は体重が「120キロ」あります。おっかなびっくりダイエット宣言!

2016.05.13

で、筋トレをした後に、簡単かつお安く「タンパク質」などの栄養を摂りたく「レンジでらくチンゆでたまご」を購入しました。

用途は何であれ「思い通りの硬さのゆでたまごを簡単につくれる」のはかなり良いですよね。ゆでたまごって、ゆで加減がけっこうむずかしいんだよね。

今回の「2つ用」の他に「3つ用」と「4つ用」がございます。あなたの環境に合わせたものを選んでみてください。

新しく作ったダイエットブログはこちら

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です