いつものイヤホン、ヘッドホン、スピーカーをワイヤレス化しよう!【PR】

広告


まいど、黒井です!

この記事はAUKEY様から商品提供を受けて書かれたものです。

AUKEYさんから「Bluetoothレシーバー」をいただきました!

新型のiPhoneに「イヤホンジャック」が付いていない! ということで、イヤホンやヘッドホンの「ワイヤレス化」が進んでいる現在、Bluetoothレシーバーの需要も高まっています。

Bluetoothレシーバーがあれば、これまで愛用していたイヤホンやヘッドホン、スピーカーまでもをそのまま簡単にワイヤレス化することができますよ!

広告

AUKEY Bluetoothレシーバー BR-C2を開封します!

シンプルなボール紙のパッケージです。

さっそく開封しましょう。

中身をすべて並べてみました!

  • Bluetoothレシーバー本体
  • 充電用のUSBケーブル
  • オス-オスのオーディオケーブル
  • ステレオミニの中継アダプタ(オス-オス)
  • ユーザーマニュアル
  • AUKEYのステッカー

Bluetoothレシーバー「BR-C2」本体。

Bluetoothレシーバー本体の大きさを「目薬」を比較してみました。

画像を見て分かるとおり本体はなかなか「コンパクト」です。ぼくが数年前に購入してつかっている他社製のものより「ひと回り」小さい印象を受けました。

BluetoothレシーバーBR-C2の筐体は「ラバー加工」がなされており、小さいながらも安っぽい感じはしません。ラバー独特の「さらすべ」な触り心地もイイ感じ。

AUKEYのロゴのある面には「再生/停止」のボタンがひとつ。

側面にはそれぞれ「ボリュームの上げ/下げ」ボタンと……

「イヤホンジャック」と……

充電用の「USBポート」があります。

シンプルでムダのないデザインですから、つかうのも簡単ですよ。

ケーブル類。

ケーブルは2本付属しています。

画像の左が「充電用USBケーブル」で、右が「オス-オスのオーディオケーブル」です。オス-オスのオーディオケーブルというのは、ケーブルの両端がどちらとも「ステレオミニプラグのオス」になっているケーブルのこと。

ステレオミニの中継アダプタ(オス-オス)

こちらが最後の付属品、ステレオミニの中継アダプタです。

このアダプタは「BR-C2本体」と「オーディオインプット」を接続するために使います。スマートフォンの音楽を自動車のなかでワイヤレス再生したいときなどに、BR-C2と自動車のオーディオインプットをつなぐ、といった使い方をします。

音楽はいつもスマホで聴くからカーオーディオには音楽が入っていない、という人は、BR-C2をつかえばスマホの音楽を車内のスピーカーで聴くことができるようになりますよ。

Bluetoothレシーバー「BR-C2」をさっそくつかってみよう!

Bluetoothのセットアップは超カンタン!

  1. 本体前面の「再生/停止」ボタンを長押しする
  2. ボタンが青色に光ったらスマホの「Bluetoothの設定」を開く
  3. デバイス「Aukey BR-C2」をタップして接続する

たったこれだけ、3ステップです。

さっそく接続して、お気に入りのヘッドホンにBR-C2を取り付けてみました。スマートフォンで再生した音楽がスムーズにワイヤレス化されたヘッドホンから聴こえてきます。

Bluetooth接続での音楽再生では、音楽のデータを圧縮して転送するので、Bluetooth接続のほうが高音質……ということはあり得ません。でもよほど高級なイヤホンやヘッドホンでないかぎり、ワイヤレス化しても音質はあんまり変わらないんだけどね。

Bluetoothレシーバーのつかい方いろいろ。

 

【1】いつものイヤホンやヘッドホンをワイヤレス化。

いつものイヤホンやヘッドホンをワイヤレス化することにより、室内ではもちろん、外出時のイヤホンあるある「ケーブルのわずらわしさ」から解放されます。

【2】カーオーディオをワイヤレス化。

音楽はダウンロードする時代ですから「カーオーディオには音楽が入っていない」という人も多いんじゃないでしょうか。車載スピーカーとBR-C2を接続することで、スマホに入っている音楽を車内のスピーカーで楽しむことができます。

【3】スピーカーをワイヤレス化。

スピーカーで音楽を聴きながら部屋の掃除なんかをしているときに「違う音楽が聴きたいなあ」と思ったら、スピーカーやパソコンのもとへ行き、操作する必要があります。スピーカーをワイヤレス化すれば、手元にあるスマホから音楽の変更やボリュームの上げ下げを行うことができます。

【あとがき】手軽にワイヤレス化。手軽にちょっと便利な日常。

Bluetoothレシーバーのレビューは難しい。Bluetoothレシーバーがあっても、人生が劇的に変化したり、毎日がとっても便利になるということはないからです。

イヤホンやヘッドホン、スピーカーをワイヤレス化することで「ちょっと便利に」なります。この「ちょっと」の部分にどれだけの価値を感じていただけるか。それがBluetoothレシーバーの「すべて」といってもいいでしょう。

掃除をするとき、車に乗っているとき、という例を出しましたが、Bluetoothレシーバーを手に入れることで変わるのは、こういった「ちょっとした日常」なんですよね。

この「ちょっとした日常」を便利にするための投資、と考えたとき、Bluetoothレシーバーの購入は、人によってはなかなかパフォーマンスの良い投資になるんじゃないかなあ。

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です