【120キロからのダイエット】−10キロ達成! これまでしてきたことを公開します。

健康




まいど、ダイエット中の黒井です。

120キロからのダイエット開始からおよそ2ヶ月。

ようやく「−10キロ」を達成しましたぁっ!!!

(はい拍手!)

 

で、今回は「これからもキチンとやっていくぞ」という自分への戒めも兼ねて、ここにこれまで「10キロ痩せるためにしてきたこと」をすべて公開します。

さっそくいくどー。

【お知らせ】120キロのデブが「110キロのデブ」になりました。

体重計のディスプレイが割れちゃってますけど……

120キロから10キロ痩せて「110キロ」になりました!!!

帰ってきた「120キロからのダイエット」

2018.01.24

 

うん。

10キロ痩せてもまだ「デブ」っていうね。

 

で、で、でも「−10キロ」ですよ!

褒めてくれても、ええんやで。

(にっこり)

 

  • 赤:体重
  • 青:体脂肪率

グラフで見るとこんな感じ。

体重だけでなく、体脂肪率も順調に下がっているのが分かります。

 

【大前提】どんなに優れたダイエット法も継続しなければ痩せない。

世の中にはそりゃあもうたくさんの「ダイエット法」が存在します。

朝バナナダイエットとかリンゴダイエットとかキャベツダイエットとか、酵素ダイエットとかプチ断食(ファスティング)ダイエットとか……

そういうの、とりあえず忘れてください。

 

大事なことは1つです。

それは……

どんなに優れたダイエット法も継続しなければ痩せない!!!

ということ、ただそれだけ。

「このダイエット法が一番痩せる」とか「このダイエット法はあまり痩せないらしい」という情報に惑わされず、淡々と継続していくこと。

それがダイエット成功のカギです。

 

ライザップをすると痩せる理由。

ライザップ

ライザップに加入した人がみんな痩せるのは「一緒に付き添ってくれる人(トレーナー)がいるので継続しやすいから」です。

自己管理能力があれば自分ひとりで痩せることも可能ですが、ひとりではなかなか続けられないというひとは、友人や仲間と一緒にダイエットをするか……

それこそ、RIZAPに加入してしまったほうがいい。

 

【−10キロまでにやったこと1】糖質制限(主食をとらない)

「ダイエットといえばジムで運動!」と考えがちですが、運動をして消費することのできるカロリーはとても少ない。

だから「ダイエットの基本は食事」であると覚えておきましょう。

痩せたいなら満腹じゃなくて「満足」を求めよう。

2017.12.30

カロリー制限をするともれなく「こまかいカロリーの計算」がついてきてメンドウです。

ぼくは「ざっくり計算で良い糖質制限」を行っています。

 

基本的なルールは……

  1. 主食(ご飯・パン・麺)はとらない(例外アリ)
  2. イモやニンジンなど「糖質の多い野菜」をとらない
  3. 糖質の多いお菓子やジュースをとらない

たった、これだけ。

 

【1】主食はとらない(例外アリ)

主食はとりません。

ただし例外が2つあります。

ひとつは「家族で外食に行くときなどはやむなし」ということ。

ぼくは実家暮らしをしているので、両親と一緒に外食をすることがあります。そういうときは「日頃ダイエットを頑張っているご褒美」として糖質を解禁しています。

 

もうひとつの例外は「糖質ゼロのパンや麺なら食べてもよい」ということ。

ぼくは以下の「糖質ゼロ」商品を活用しています。

 

紀文 糖質0g麺

糖質ゼロの麺です。

こんにゃくやおからが使われているので食物繊維が豊富なのもポイント。ぼくは「うどん」や「焼きうどん」のようにして食べています。

 

ソイコムの糖質ゼロパン

大豆全粒粉でできた糖質ゼロのパン。サラダチキンやツナを挟んで食べてます。冷凍なのでけっこう日持ちするよ!

 

【2】イモやニンジンなど「糖質の多い野菜」をとらない

ダイエット中は野菜を多くとろう、とは言ったものの、野菜のなかにも「糖質が多くふくまれるもの」があります。

「イモ類」や「ニンジン」などがこれに該当します。

イモ類やニンジン、トマトなども、避けられるなら避けたほうが良い食べ物です。

ニンジンやトマトは糖質以外の栄養も豊富なので、「食べすぎないようにする」という程度で、絶対に食べてはいけないというものではありません。

 

【3】糖質の多いお菓子やジュースをとらない

お菓子やジュースにも糖質は付きもの。ダイエット中はなるべく「糖質の少ないお菓子」を食べたいものです。

ぼくは以下の商品を常備しておき、おやつに食べています。

 

大塚製薬のソイジョイ

言わずと知れたダイエット中の王道おやつ。

しっかりした食感でお腹に溜まる大豆バーです。ぼくはAmazonで「箱買い」しています。

 

ラカントのカロリーゼロ飴

血糖値を上げることのない糖質をもつ果物「羅漢果」のエキスを使ったアメちゃん。血糖値を上げないので太ることはありません。

どうしても甘いものがほしいときにペロペロしてます。

関連:羅漢果とは – カロリー0の自然派甘味料ラカントS

 

ミックスナッツ

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果のある「オメガ3脂肪酸」をはじめとして、ビタミン、ミネラル、食物繊維の豊富な「ナッツ」です。

ぼくは上の「無塩・無油」のミックスナッツがお気に入り。

 

糖質オフチョコレート

糖質オフのチョコレートにはいくつか種類がありますが、ぼくはこちらの「ロッテ ゼロ」がお気に入り。人工甘味料でしっかり甘味があって、ふつうのチョコレートと同じ感覚で食べられます。

 

【−10キロまでにやったこと2】筋トレ

現在ぼくは「月・水・金曜日」に筋トレを行っています!

ぼくは(ひきこもりなので)自宅で筋トレをしていますが、可能であれば近所のジムの会員になり、本格的な機械を使ってトレーニングをしたほうがいいですよ。

 

体重100キロオーバーの人は膝や腰などを痛めやすいので、自重を上手く使った簡単なトレーニングがおすすめです。

ぼくは以下のようなメニューを行っています。

  1. プランク(60秒×3セット)
  2. スクワット(20回×5セット)
  3. プッシュアップ(10回×3セット)
  4. バイク(30分)

 

【1】プランク(60秒×3セット)

 

プランクは、腹筋を中心に全身の体幹を鍛えるトレーニングです。

動画を見ると「簡単そうじゃん」と思われるでしょうけど、これがけっこうしんどい!!

上の動画で最初に紹介されている一般的なスタイルの「プランク」を60秒間、それを3セット行っています。インターバルは60秒間です。

 

【2】スクワット(20回×5セット)

 

キングオブエクササイズとも呼ばれるスクワットは、下半身の筋肉をまんべんなく鍛えられるトレーニングです。

自重トレーニングとしてはもっとも「広範囲の筋肉」に利かせることができるため「ダイエット効果の高いトレーニング」と言えます。

ぼくは20回を1セットとし、それをインターバル60秒で5セット行っています。

 

【3】プッシュアップ(10回×3セット)

 

プッシュアップとは「腕立て伏せ」のこと。誰でも一度はやったことのあるトレーニングの王道です。

ぼくは下の「プッシュアップバー」を利用しています。

 

プッシュアップバーがあると、より「大胸筋」に効いている感じがします。

つかい方によっては普通に行うより多くの負荷をかけることもできるので、自宅で筋トレをするなら持っておきたいアイテムのひとつです。

ぼくは10回を1セットとして、インターバル60秒で3セット行っています。

(負荷の小さい「膝つき」なんだけどね)

 

【4】バイク(30分)

ひと通り筋トレをしてからの「有酸素運動」

ぼくは部屋に「フィットネスバイク(エアロバイク)」があるので、筋トレの最後に漕ぐようにしています。

時間は30分!

ぼくが使っているバイクはこちら。

 

お買い上げの際には一緒に「サドルカバー」を買うことを強くおすすめします。

でないとケツが痛えのなんの!

 

【−10キロまでにやったこと3】ダイエットの公開

ぼくはダイエットの進捗状況を「note」というサービス上に公開しています。

まだフォローしていないひとは、フォローしてね!

 

SNSやブログで「ダイエットしてます!」と公開することは、ちょっぴり恥ずかしいけどものすっっっごく効果的です!

「公開しちゃったんだから頑張らないと」と自分にプレッシャーをかけるだけでなく、応援してくれる人や、同じようにダイエットをしている仲間が現れます。

ここまでダイエットを続けてこられたのは、ダイエットのことを「note」にガンガン公開していたから、かもしれません。

(応援してくれた方、ありがとう!)

 

まだまだ「ダイエット」は道半ば。

「−10キロ」はすごいことです。

頑張りました!

が、120キロからのダイエットはまだまだこれから。

次の「−10キロ」でようやく3桁の体重から脱出できるというところですからね。これからもコツコツと継続していくぞ!

 

進捗は「note」で公開していきます。

どうか応援よろしくお願いします!!!