仕事の「効率を上げる」ことを「早く終わらせる」ことだと勘違いしてない?

広告

仕事の効率を上げることは「仕事を早く終わらせること」ではありません。

仕事の効率を上げよう、仕事を早く終わらせようと意識するあまり「イライラ」したり「ストレス」を感じたりしていませんか?

それ、本末転倒ですよ。

広告

仕事の「効率を上げる」ことは「楽に仕事を進める」こと。

仕事の「効率を上げる」ことは仕事を「早く終わらせる」ことではありません。「仕事の効率を上げることは仕事を楽に進めることだ」と考えましょう。

作業の一部を「自動化」したり「委託」するのも、仕事を早く終わらせるためではなく「仕事を楽に進めるため」です。

根性を頼りにした時点であなたの負けです。

「仕事の効率を上げる」ことを「仕事を早く終わらせる」ことであると解釈しているうちは、仕事の効率を上げるために「根性」を使っていることになります。

「頑張って」仕事を早く終わらせる。

この「頑張り」はどれくらい続くんでしょうかね?

たとえば、

「人間の集中力はどんなに長くても90分ていどしか持続しません」

と、よく耳にしますよね。

しかもこの「90分」という数字には根拠がないというんです。だから「どんなに長くても90分」と見たほうがいい。

ぼくの個人的な体感では・・・

「深い集中力」の持続時間は「15分〜30分くらい」といったところ。

すなわち「頑張って」「集中して」仕事の効率化を図ることは「不可能」といっていいでしょう。

ひとの「頑張り」や「集中力」はそう長くはもたないんですから。

だからこそ「仕事の効率を上げることは仕事を楽に進めることだ」という意識を持つべきなんですね。

そうすると話は変わります。

「急がば回れ」で仕事の効率が上がる?

可能であれば「一部作業の自動化」や「外部への委託」をし、個人レベルでの仕事においては「急がば回れ」という手法をとると、仕事は案外に効率よく進むようになります。

たとえばポモドーロテクニック。

ポモドーロテクニックとは、ざっくりいうと「25分働いたら5分お休みする」という方法です。

くわしくは上の動画を参照してください。

ポモドーロテクニックでは「タスク」として「意識的な休憩」を入れて「楽に」仕事を進めます。

「25分につき5分休憩」なので「1時間に10分休憩する」ことになりますよね。

それでは「1時間フルに働いた時」より「成果が減ってしまうのではないか?」と疑問視するひともいるでしょう。

でも、

実際には「仕事と休憩にメリハリをつけて管理する」ことによって、働いている時間は「50分」でも「1時間フルに働く」より多くの成果を上げることが多いんです。

このように「急がば回れ」という手法をとることで「効率が上がる」ものなんですよね。

先日には下のような記事も書きました。

興味のある方はご一読ください。

仕事は「楽に」「リラックスして」行われるべきでしょ。

「ぴりぴり」「きびきび」仕事をするのでは、かえって仕事の効率は落ち、焦っているので仕事のクオリティも下げることになります。

あとがき

ブログの記事を書くときなんていうのも「急がば回れ」がいいんですよ。いきなり書き出してしまうより、記事のアウトラインをまとめてから書いたほうが、トータルでは「速い」んです。

本当、焦ってもロクなことはありません。

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です