お花の写真をもらって癒やされたから誰かにお花をプレゼントしたくなった話。

広告


フラワーセラピーって知ってます?

女性ならまだしも、男性となると「花なんて食えねえじゃん」というくらいにしか、お花のこと、考えたこともないんじゃないかしら。

というのもぼくがそうだったんですね。

母の日には「カーネーション」をあげる、なんていう風習がありますけど、アレにしたって、お花じゃなくて「使えるもの」とか「食べられるもの」をあげたほうがいいじゃん、と思っていました。

でもね、

つい先ほどのことなんだけど、お花の写真をたくさんもらったんですよ。

そしたらさあ、なんだか癒やされちゃって。

ちょっと調べてみたら「お花のパワー」を使った「フラワーセラピー」というのがあるらしいんですよ。

そういうの、やっぱりあるのかなあ。

自分にも、他の誰かにも、お花をプレゼントしたいなあって、思うんです。

広告

フラワーセラピーってなんぞ?

s_download11

フラワーセラピーとは、花のエネルギーを使った癒しのこと・・・
私たちが、水や養分を花に与えるように、花たちも人間の心身の健康を保つ働きをしてくれるのです。

引用:Flower World

とのこと。

これまでのぼくなら「なにそれ」と鼻をほじっていたことでしょう。

でも、何だか本当に癒やされたので、ちょっと信じちゃう・・・

今回は「あしかがフラワーパーク」に行った方から「お花の写真」をもらっただけで、本物のお花に触れたり、眺めたり、香りを確かめたりということはできないんだけど、それでも「癒やされた」んですよ。

IMG_0309

これとか。

IMG_0305

これとか。

IMG_0303

これとかさあ!

ぼくはお花に関する知識がまったくないので、この写真も「バラだよね?」というくらいにしか分からない。でも、とにかく、良いなって、思ったんです。なんならちょっと実物を見てみたいという気分にすらなってます(笑)

関連:あしかがフラワーパーク公式HP

自分の部屋にも”色どり”を。

ぼくの机の写真

我輩はつくえである。個性はまだない。

ごらんあそばせ。

この無機質なぼくのつくえを。

ずーっとこの環境で記事を書いたり動画を見たり、とにかくずっとここ。

きれいなお花の写真を見たら、お花とは言わなくても、観葉植物くらい置いてもいいかなあ、と。

お花とか観葉植物とか、まったく知識がないので、ちょっと調べてみようかしら。新しいことを知るのはいつだって楽しいもんね。

父の日にお花っていうのはどうだろう?

父の日

母の日は終わっちゃったけど、父の日にお花をあげるというのは、アリなのかな。うちの父は・・・うーん、どうだろうなあ。

脱線:ちなみに母の日はというと。

ちなみにですが母にはコレをプレゼントしましたよ。

定価1万円が、Amazonだと(ぼくが買ったときは)4,150円でした!

ブログから安定した収入を得られるようになって、初めて母の日に「肩たたき券」以外のプレゼントをしたんですよ(笑)

ひとにお金を使うって良いなあ、ということに気づいた25歳。

本題に戻るけど父の日に花ってどう?

で、父の日に花をあげるのってどうなんでしょう。

うちの父は「何よりも肉」というひとなんで、お花よりも肉をよこせと言いそうな気もしないでもない。

でも男性にとって「花をもらう」ってかなりめずらしい経験だと思うんですよ。

それに「肉」ならいつでも買って食べれるけど「花」となると、多くの男性は自分では買いませんよね、きっと。だからこそ「特別な感じ」があるかも。

ぼくが女の子(つまり父にとって娘)だったなら、父の日に「お花あげる♪」とか、かわいいのかもしれないなあ・・・

探してみると「父の日にお花をあげよう!」というのは、けっこうあるみたいですよ。

父の日フラワーギフトはfelinas

これとかね!

父の日に、ちょっと意外で特別な「お花」をプレゼントしてみては?

父の日にもフラワーギフト専門店フェリナスfelinas

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です