やっと見つけた! Windowsでは「FocusWriter」を使います。

広告


まいど、黒井です。

メインPCがWindowsになり、書きづらくなってしまったブログ……

だが、それも今日までだっ!!!

広告

FocusWriter

これからは「FocusWriter」というソフトを使います。

なーんて言いながらこの記事はMacBook Airで書いてるんだけど、それは内緒で。

FocusWriterの良いところ1:フルスクリーン

FocusWriterでは「フルスクリーン」で作業をすることで、余計なものに目が行かず、執筆している文章に集中することができます。

注意力散漫うつ病ニートには、これが必要なのです……

FocusWriterの良いところ2:タイプライタースクロール

FocusWriterにはWindowsソフトとしてはめずらしく「タイプライタースクロール」が実装されています。

で、ぼくはこれに気付いていなかったんですよ。

だから「note」では……

FocusWriterはHTMLやMarkdownのプレビューができないけど、プレビューはWordPressでやればいいし、フルスクリーンで「書いている文章」に集中できるところもいい。

ただ「タイプライタースクロール」がないんですよ。

横書きで文章を書いていると、改行するたびに1行ぶん目線が下がりますよね。

noteもそうだけど、パソコンで文章を書いていると、どんどん目線が下がっていき、最終的には「ディスプレイの下のところ」を見ながら書くかたちになります。

これ首が疲れるんだよねえ。

タイプライタースクロールの機能があると、目線を固定したまま下げずに書き進めることができるんです。

FocusWriterのように「フルスクリーン」で起動するソフトではタイプライタースクロールがほしいところ。

こんなこと書いてらぁ、バカでえ!

FocusWriterにはちゃんと「タイプライタースクロール」があります。

FocusWriterの良いところ3:アンチエイリアス

MacからWindowsに返り咲いていきなりガッカリしたのが、フォントの汚さ!

Windows PCは普段から使っていますが、真剣に文章を書こうと思うと、とたんにフォントが汚く見えます。普段使いならいいんだけどねえ。

FocusWriterには独自の「アンチエイリアス(フォントをキレイにする機能)」が実装されています。この機能を使えば、Windowsでもある程度フォントがキレイに、読みやすくなります。

ぼくは「アンチエイリアス+游明朝」でFocusWriterを使っています。

FocusWriterの悪いところ:プレビューができない

ブログを書くときには「HTML」や「Markdown」というマークアップ言語を使いますが、FocusWriterではHTMLやMarkdownのプレビューができません。

リアルタイムでプレビューが見られると便利ですが、まあ、それは、投稿するときに見ればいいや。

といって、すぐに違うソフトを使うようになるかもしれませんけどね……

ゲーミングPCデビュー! ドスパラ「ガレリアXT」が届いたぞ!

2017.09.04
広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です