Googleアドセンスのレスポンシブ広告を導入!カスタマイズもしてみた!

広告

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
これまでタノブロではGoogleアドセンスのメインの広告サイズとして「レクタングル中」をつかっていました。

Googleアドセンスの広告位置を変えてみようかしらと思い立ち、以前から気になっていた「レスポンシブ広告」をつかってみることに。

広告

これまでのGoogleアドセンスの配置

12月13日までのタノブロにおける「Googleアドセンスの配置」は、以下のとおりでした。

PCページでは?

  • サイドバーの最上部にラージスカイスクレイパー
  • 記事内のモアタグ直下(置き換え)の中央にレクタングル中
  • 記事下中央にレクタングル中

 

モバイルでは?

  • 記事タイトル直下の中央にレクタングル中
  • 記事内のモアタグ直下(置き換え)の中央にレクタングル中
  • 記事下中央にレクタングル中

 

レクタングル中ばっかり

ぼくはHTMLやCSSやPHPの知識がほとんどないため、モバイルとPCでGoogleアドセンスの広告を使い分けるためのコードもよく分かりません。

だからPCでもモバイルでも快適に(はみ出さずに)表示できる「レクタングル中(300*250)」ばかりつかっていたんですね。

これでもページのCTRは「0.8〜0.9%」で安定していたのでそこそこ満足してはいたんですが、せっかくアクセスも増えてきたことだし、もうちょっと最適化できないものかと悩んでおりました。

そこで「レスポンシブ広告」に目をつけたわけです。

これからのGoogleアドセンスの配置(仮)

今回の配置換えは「決定」ではなく、あくまでも「実験」です。あるいは「試行錯誤の途中」とでもいいましょうか。とりあえず「レスポンシブ広告」を導入してみた! という類のもので、しばらくは様子見です。もし変更が加えられるようなことがあれば、記事にしますね。

PCページでは?

  • 記事タイトル直下にレスポンシブ
  • 記事内のモアタグ直下(置き換え)の中央にレクタングル中
  • 記事下の中央にレスポンシブ

 

モバイルでは?

  • 記事タイトル直下にレスポンシブ
  • 記事内のモアタグ直下(置き換え)の中央にレクタングル中
  • 記事下にレスポンシブ

 

以上のように配置してみました。

レスポンシブ広告のカスタマイズについて

Googleアドセンスのレスポンシブ広告ユニットは、生成されたコードの一部を「変更」することで、カスタマイズすることができます。

生成されたコードの【data-ad-format=”auto”】という文字列中の【auto】を他の単語に変更することで、おおざっぱに「表示される広告のタイプ」をカスタマイズできるんです。

【auto】を・・・

  • 【rectangle】に変えると「レクタングルの広告」が
  • 【horizontal】に変えると「横長の広告」が
  • 【vertical】に変えると「縦長の広告」が

 

それぞれ表示されるようになります。

タノブロではすべてのレスポンシブ広告の【auto】を【rectangle】に変更しました。効果のほどは・・・しばらく様子を見て、追って連絡します。

【rectangle】に変えると・・・

レスポンシブ広告のコード内にある【auto】を【rectangle】に変更すると、以下のようになります。

  1. 可能であればより収益性の高い広告(より大きな広告)を表示する
  2. モバイル表示などで広告がはみ出してしまいそうな場合、はみ出さないサイズの広告(iPhone5sではレクタングル中、iPhone6ではレクタングル大など)を表示する

 

と、文字どおりレスポンシブに広告のサイズが切り替わるので、ひとつのレスポンシブ広告ユニットで、PC表示では「レクタングル大」が、モバイルでは「レクタングル中」が、という具合に自動的に最適化されます。

でも・・・

モアタグ直下のGoogleアドセンス広告は、変わらず「レクタングル中」のままです。

ぼくはWordPressにプラグイン【Master Post Advert】を導入し、モアタグ直下にアドセンス広告を表示させています。しかしこの【Master Post Advert】は、どうやらGoogleアドセンスのレスポンシブ広告に対応していないらしく、少なくともぼくの環境では広告が表示されませんでした。

だから結局モアタグ直下は「レクタングル中」のままなんだよね。モアタグ直下はCTRが高いので、どうにかレスポンシブに変更したい! ということで模索中です。

【ノーワーク・アドセンス】作業なし! 完全自動収入アドセンスマニュアル 桑島隆二×片岡亮太のデザインマーケティング実践会

20151215:追記

【Master Post Advert】とは別のプラグインを導入することで簡単に「モアタグ」にも「レスポンシブ広告」を掲載することができました。使用しているプラグインは【adMore】です。参考までにリンクを貼っておきます。

adMore

 

関連:Googleアドセンスで稼ぐ!Googleアドセンスの報酬を決める3大要素

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です