Googleドキュメントやスプレッドシートをオフラインで使う方法【Chromebook使い必須!】

スポンサード

まいど! ニートブロガーの黒井(@961373)です。

Chromebookを購入したことにより、ぐーんとGoogleとChromeに詳しくなりました。

クラウドに保存することが前提の「Googleドキュメントやスプレッドシート」「オフラインで」閲覧・編集できる裏ワザがあるって知ってました?

Googleドキュメントやスプレッドシートをオフラインで使うには……

スポンサード

Googleドキュメントやスプレッドシートをオフラインで使う方法。

s_m6rT4MYFQ7CT8j9m2AEC_JakeGivens - Sunset in the Park-2

実は「クラウド保存が前提」のGoogleドキュメントやスプレッドシート、スライド、図形描画のファイルを、オフラインで閲覧・編集する方法があるんです。

オフラインで使用するまでの手順は以下のとおり。

【1】Chromeを立ち上げる

Chromeを立ち上げる

ネット接続があることを確認して「Chrome」を立ち上げます。

【2】拡張機能「Googleオフラインドキュメント」を追加する

Chrome拡張機能「Googleオフラインドキュメント」を追加

上のリンクをクリックして、Chrome拡張機能「Googleオフラインドキュメント」をChromeに追加します。

【3】Googleドライブを開く

Googleドライブを開く

Googleオフラインドキュメントの追加が完了したら、上のリンクから「Googleドライブ」にアクセスします。

【4】設定画面を開く

Googleドライブ-設定画面を開く

Googleドライブの画面の右上にある【歯車】をクリックします。するとメニューが表示されるので、そのなかから【設定】をクリックしてください。

【5】Googleドキュメントなどをオフラインで編集できるようにする

Googleドキュメントやスプレッドシートをオフラインで使えるようにする

設定画面の「オフライン」の項目にある「Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画のファイルをこのパソコンに同期して、オフラインで編集できるようにする」チェックボックスをオンにします。

【6】完了! しばらく待ちましょう

s_photo-1471474190970-de3212a7a51c

以上の手順で「Googleドキュメントやスプレッドシートをオフラインで使う」ことができるようになります。GoogleドキュメントやスプレッドシートのファイルをPCのローカルに保存するので、しばらく待ちましょう。

現存するすべてのGoogleドキュメント・ファイルを保存し終わったら、ドキュメントやスプレッドシートがオフラインで閲覧・編集できるようになります。

Googleドキュメントのオフライン使用における「注意点」と「保存(同期)」について。

s_photo-1469173479606-ada03df615ac

 

【1】Googleドキュメントのオフライン使用における注意点

注意しなければならないのは、この方法はあくまでも既存のファイルをローカルに保存しただけであるということ。よってオフライン環境で「ドキュメントを新規作成する」ことはできません。

出先でドキュメントを新規に作成する可能性がある場合、あらかじめネット環境がある状態でドキュメントを新規作成し、これをPCのローカルに保存(同期)させておく必要があります。

【2】Googleドキュメントのオフライン使用における保存(同期)について

オフラインで編集し、保存したドキュメントやスプレッドシートのファイルは、つぎにネット接続が行われたときにGoogleドライブと同期されます。

【あとがき】Chromebookを使っている人には必須の知識!

Chromebook-ASUS-C100PA

ぼくは2016年の11月末にASUSのChromebook「C100PA」を購入しました。C100PAについては「開封記事」と「レビュー記事」を書いています。

興味のある方は上のリンクからご覧ください。

C100PAはディスプレイサイズ「10.1インチ」とコンパクトで、かつ重量がたったの「890グラム」しかない超軽量のChromebookです。

iPad(iPad Pro)を持つのと同じような感覚でパソコンを持ち運べるんですよ?

スポンサード

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です