暴君ハバネロの「暴ポテト」がクセになるスパイシーな辛さでおいしいぞ!

広告

まいど、黒井(@961373)です。

あなたは「暴君ハバネロ」を知っていますか?

「暴君ハバネロ」とは販売当時「世界一辛いトウガラシ」としてギネスに認定されていた「ハバネロ」を用いたスナック菓子です。

初代の「暴君ハバネロ」はおよそ半年で「2,000万袋」を出荷し、製造メーカーの「東ハト」は一躍有名になりました。

ちょっとした雑学ですが「暴君ハバネロ」のパッケージには、あの元サッカー選手「中田英寿さん」が関わっているんですよね。

激辛トウガラシを使ったスナック菓子「暴君ハバネロ」シリーズに「スティックタイプ」の商品があるのを発見したので、購入してみました。

その名も、

暴君ハバネロ・暴ポテト!!!

何だか本家の「暴君ハバネロ」と比べると、そこまで辛くなく、スパイシーでクセになる味でした。スパイシーポテトという感じ。

本家の「暴君ハバネロ」はそこそこ辛いけど、暴君ハバネロ・暴ポテトなら「辛いものがニガテな人」でもおいしく食べられるかもしれませんよ。

広告

暴君ハバネロ・暴ポテトのパッケージはこんな感じ!

IMG_0613-2

こちらが「暴君ハバネロ・暴ポテト」のパッケージです。

パッケージのキャラクターはそのまま「暴君ハバネロ」というらしいんですが、彼、いつも怒ってますね。

キバをむき出しにして怒ってます。

そして、

IMG_0614

辛さの目安として「ハバネロ」が「6つ」描かれています。

どういう基準なんだろうか。

さっそく食べてみましょう。

「暴君ハバネロ・暴ポテト」はクセになるスパイシーな辛さでおいしいぞ!

IMG_0615

こちらが「暴君ハバネロ・暴ポテト」です。

持った感じは森永製菓の「ポテロング」を「もう少し高密度にした」ような感じがします。フライドポテトのお菓子ですね。

でもねぇ、

ハバネロと、オニオン、パプリカ、こしょうの香りがします。スパイシーな香りは食欲をそそりますよ。おいしそう。

では「暴君ハバネロ・暴ポテト」いただきます。

うん、おいしい。

辛くないじゃん、と思ったら徐々にキますね。

でも本家の「暴君ハバネロ」ほど辛くはありません。ポテトフライのような「太いスティック状」だからでしょうか。本家の「暴君ハバネロ」よりはマイルドな辛さです。

でも、

「暴君ハバネロ・暴ポテト」のほうが「クセになる」ような「スパイシーな辛さ」で、香辛料好きのぼくにはたまらんですね!

オニオンにパプリカにガーリックと、いろいろな香辛料が入っており、なかなか複雑で深みのある味わいです。

そこまで「激辛注意!」という感じでもないから、本家の「暴君ハバネロ」が辛くて食べられないという人でも、チャレンジしてみる価値はあるかもしれませんよ。

おためしあれ。

あとがき

atogaki

パッケージにもありますがまさに「クセになる!」という感じ。暑い夏に炭酸飲料を片手に食べたらおいしそうです。ぼくは「昨晩」に食べたんですけどね。

さすがに「夜遅くの間食」はやめよう。うん。

あなたの買ってくれた商品をレビューします!

Amazon欲しいものリストを公開しています。ブログを読んで「イイね!」と思ったら、何か買っていただけると助かります。購入していただいたものは記事にしますよう!

 

広告

おすすめの関連記事!

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です