あなたのスキレベルはいくつ?物事は「スキレベル」で優先順位をつけましょうよ。

広告

あなたの好きなことは何ですか?

と、質問されてすぐに答えられる大人って、どれくらいいるでしょうかね。

さらに「その好きなことにたくさんのエネルギーを注いでいますか?」という質問を受けたら、どうでしょう?

ましてや、そのうえで「その好きなことはあなたの仕事ですか?」という質問に「イエス」と答えるひとは、ごくごく稀だと思います。

そもそも仕事をすることが好きだということではなく、自分の好きなことを仕事にしているというひとは、どれくらいいるでしょう。

ぼくはね、どうせ働かなきゃならないのなら、自分の好きなことをしたいと考えています。

広告

好きなことを仕事に→なぜか叩かれるの図。

数年前になりますがYouTube(というよりYouTuber)の広告で「好きなことで生きていく」という言葉が使われて話題になりましたよね。

どのように「話題に」なったのかというと、

めっちゃ叩かれたんです。

「全部が全部まるっと好きなことだけで生きていく」

というのは、むずかしいでしょう。

でも「定年なく働き続けなければならないであろう現代の若者」にとって、仕事は「そのひとの人生そのもの」といっても過言でないくらいに大きな存在です。

であるなら、

好きなことを仕事にしようという流れは当たり前だし、それどころか、好きなことを仕事にすることに嫌悪感を抱いていては、あなたの人生はダイナシになりますよ?

多くの日本人は未だに「辛いことを頑張ってお金をもらう」ことを「仕事」だと勘違いしています。

たしかに世の中に「楽な仕事」はありませんよね。

でもそれはYouTubeの動画投稿でも同じです。

ではどうして叩かれるのでしょう?

答えは「人生うまくいってる感じがムカつく」から。

あるいは「楽して稼いでる感じがムカつく」から。

こんなところでしょう。

ぼくが実際にそう思ってましたからね(笑)

でも、よくよく考えてみると、いま活躍しているYouTuberたちは「これを仕事にしよう!」と意気込んで動画投稿をはじめたワケではありません。

みーんな、最初はたった数回の再生回数しかなかったワケですから。それを仕事にしようだなんて、考えてもみなかったでしょう。

どなたも「好きだからはじめて」「結果としてそれが仕事になった」んです。

それはかなり幸運な例ですが、彼らは「好きなことに没頭しただけである」とも言えます。

だとしたら例え好きなことが仕事にならなかったとしても、自分の「好きなこと」なんですから、それに没頭してみてもいいんじゃないかしら。

それは個人の自由であって「好きなことで生きていく」を叩くのはお門違いですよ。

はじめて「好きなことで生きていく」のキャッチコピーを見たとき、ぼくはその「自由」で「楽しそうな感じ」にイラ立ちを覚えました。そんなの運が良かっただけじゃん。ぼくはこんなに辛いのに、ってね。

でも、ちょっと思ったんです。

ぼくの「好き」は仕事になるレベルじゃないのかもしれない。

それから少しずつ、ぼくは色々なものに対する「スキレベル」を気にするようになっていきました。

スキレベルで優先順位をつけてみません?

スケッチブック-ハート

これがスキ。

でもあれはキライ。

ものごとを「スキ」と「キライ」に分けてくださいと言われれば、まあ、わりあい簡単に分けることができますよね。

でも、

スキなものには「点数」をつけてください。

と言われたらどうでしょう。

ぼくは困惑してしまいますね、きっと。

しかし「キライなものに点数をつけろ」というのであれば、簡単に点数をつけられそう。

そう思ったとき、ふと気がついたんです。

ぼくは「何がキライか」で生きてしまっているんだ。

考え方や捉え方はひとつだけではありません。だから「ある出来事」に対して「A」と考える人もいれば「B」と考える人もいます。

有名な話ですが「ワイングラスにワインが半分入っている状態」を見て「半分しかない」と考える人と「半分も残っている」と考える人がいる、というアレ。

ぼくはその話では「実感」が湧かなかったんですよ。

ふうん、と思ったくらいで。

でも、自分で「ぼくは何がキライかで生きているんだ」ということに気づいたとき、ぼくはハッとしました。

キライなことは何か、ということに囚われて生きていては、スキなこともすぐに見失ってしまうのではないか。すぐに「キライなもの」に目がいってしまうのではないか。

じゃあ、

好きなことに素直になろう。

まず、仕事などの「やらなくちゃいけないこと」は置いておいて、スキなものに「レベル」を与えてみましょう。

それから「スキレベル」で優先順位をつけるんです。

  1. 好きなものにレベルを与える
  2. そのレベルで優先順位をつけていく

きっと最初に想像する「好きなもの」は「趣味」や「好物」でしょう。でもそれだけじゃなくて「この服がスキ」とか「こういう時間がスキ」とか「ボールペンならこのメーカーのこれがスキ」という具合に、対象物を広くしていけるといいですね。

そうやって「自分のスキなもの」を意識的に「認知」していきます。

そして「スキなもの」のなかでも順位(レベル)の高いものの中心で生きるようにしてみましょう。

そうすると日常は楽しくなりますし、スキなことに集中してエネルギーを注げるようになります。さらに新しい「スキ」を探したい! と思うようになるかもしれません。

自分の「スキ」を追いかけていれば、必ずそれ(またはそれに近いこと)が仕事になる。

ぼくはそう信じています。

「引き寄せの法則」というワケじゃないけど、キライなものを意識しながら生きているより、スキなものを意識して生きたほうが、単純に楽しいよね。

優先順位は「スキレベル」でつけよう。

あとがき

あとがき

さんざん偉そうに書いておいて何だけど、この記事はぼくにとって「自己暗示」のようなものなんです。この記事だけじゃありません。他の多くの記事もそう。自分に言い聞かせるために書いている。そういうところがぼくにはあって、ついでに多くのひとに聞いてもらえたら良いなという感じですね。

これもぼくの「スキ」の話。

ぼくは精神的にとても弱く、うつ状態による気分の大きな波があるので、いまは元気でも、30分後に元気でいられるかはわかりません。でもポジティブな記事を書いている時間はスキだ。それから、読んでくれた人から何らかのフィードバックがあったときも、ちょっとびっくりして、パニックになるけど、やっぱり嬉しい。どうせ生きるならこういう気持ちを胸にいっぱいもっていたいなあ。

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です