【Google adsense】記事タイトル直下のアドセンス広告を外しました。

広告

これまで掲載していた「記事タイトル直下のアドセンス広告」を外しました。

記事タイトル直下の広告は、ユーザーに「ページ開いてすぐ広告かよ!」と思われちゃうんじゃないかしらと、ずっと気になってたんです。

一方で「ページ開いてすぐ」にアドセンス広告があると収益性が高まるのではないかという誘惑もあり、気になりつつもずっと掲載しているという状態でした。

このたび、あることをきっかけに「記事タイトル直下のアドセンス広告」を外すことにしました。

広告

Google神より警告がきました。

「Google adsenseのプログラムポリシーに違反している」としてGoogleより警告メッセージがきました。

ビビりのステータスが異様に高いぼくは、そのメールを見た瞬間、心臓が「ギュッ!」となり、数秒のあいだ呼吸ができなくなりましたよ。

プログラムポリシーの違反が見られるページの一例として「この夏「ゴキブリ」に遭遇しないために今スグできる7つの対策。」のURLが引用されており、違反の内容は「広告の配置や扱いに関するもの」とのことでした。

アドセンス広告の配置や扱いについて。

メッセージからの引用になりますが、プログラムポリシーの違反として、以下のようなことがサイト内で起こっている、というヒントが記されていました。

  • フローティング ボックス スクリプトに Google 広告を掲載すること
  • 派手なアニメーションでユーザーの注目を広告に集めること
  • 矢印や記号で広告を指し示すこと
  • スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトにすること

これを見て真っ先に思い浮かんだのが、例の「記事タイトル直下のアドセンス広告」でした。

「ページ開いてすぐ広告」というのは、言い方を変えれば「アドセンス広告によりコンテンツが押しやられている」とも言えますからね。

ただ「ここがいけないよ」とピンポイントで指摘されていないので、何だか不安が残ります。これでいいのかしら?

これでぼくのとった「記事タイトル直下のアドセンス広告の削除」という対応が間違っていたら……ああ、考えただけでおそろしい。

しばらく様子を見て追記します。

調べてみると「記事タイトル直下のアドセンス広告を外したら収益が増えた」という方もおられるそうなので、広告を外した状態でしばらく様子を見て、その後どうなったのかをこの下に追記する予定です。

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です