画像圧縮ならコレ!無料Macアプリ「イメージオプティム」が快適!

スポンサード

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
ブログをやっていると「画像のファイルサイズを小さく圧縮したいな」ということが多々あります。

ぼくはこれまで「ちょっと面倒な方法」でやっていたんですが、無料のMacアプリ「イメージオプティム」を導入してラクラクになったよ! というお話です。

スポンサード

これまでのバカなぼく

s__shared_img_thumb_freee151108078895_TP_V

中卒でおバカなぼくはこれまでブログに使う画像の「ファイルサイズ」を圧縮するために・・・

  1. 画像を一度Macのプレビューで開く
  2. メニューバーの【ファイル】から【書き出す】を選択
  3. 【品質】を落として【保存】する

 

こんなことをしていました。

これでも「画像のファイルサイズを圧縮する」ことはできるんですが、ひとつの記事で5枚の画像を使う場合、上の作業を「5回」やらなきゃいけないんですよ。1枚ずつしか「書き出し」ができないから!

そこで無料の「イメージオプティム」を導入したんですね。

イメージオプティムはバカでも迷わず使えるけど万能ではない

イメージオプティム_公式ページ_スクリーンショット

イメージオプティムは「ドラッグ・アンド・ドロップ」で「画像のファイルサイズを圧縮」できちゃうスグレモノ。設定もシンプルで分かりやすく迷わず使えました。

 

スクリーンショット_2016-01-07_19_41_17

調べてみるとイメージオプティムでは画像が「png」だと処理が遅いとか「jpeg」ならjpeg専用の画像圧縮アプリ「JPEGmini」のほうがいいとか、いろいろあるみたいです。イメージオプティムは必ずしも万能ではない模様。

参考:イメージオプティムでのpngの容量圧縮が遅いので別のやり方を模索する
参考:Macの画像圧縮アプリ『ImageOptim』と『JPEGmini』はどちらが良いか?

でも「JPEGmini」は有料ですしインターフェースが(おそらく)英語なんだよね。それに「png」を高速で圧縮できるプログラムはMacの「コマンドライン」で動かすものらしく、ちょっとこわい。

ということで画像圧縮はとりあえず「イメージオプティム」でいいかな。

イメージオプティム

スポンサード

フォローミィィィーー!【更新情報はこちちらから】

感想をシェアしよう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です