iPad mini 4を無難にビビリに開封します【iPadmini4-64GB】

iPadmini4の写真
広告


つかっているタブレットがもう5年も前のものなので、ふいと思い立ち「iPad mini 4」を買ってみました!

「iPad」といえばここ最近「新しいiPad Airが発表されるかも」とか「いやいや小さいiPad Proが発表されるんだ」とか、いろいろ言われていますが、知ったこっちゃねえ! 欲しいと思ったときが「買い時」なのだ。

ということでこのタイミングで「iPad mini 4」を購入。

広告

いろいろ無難な選択

iPadmini4のカスタマイズをシミュレーションしている写真です

ぼくが選んだのはカラーが「シルバー」で、ストレージが「64GB」で、接続方式が「Wi-Fiのみ」の「iPad mini 4」です。Appleから直接購入しました。

「iPad」シリーズを買うのははじめてです。

ぼくの買った「iPad mini 4」は・・・

  • カラー  :シルバー(定番)
  • ストレージ:64GB(松竹梅の竹)
  • 接続方式 :Wi-Fiのみ(3GやLTEが入らない代わりに安い)

何かを選ぶときって、性格が出るよね。「俺はいろいろ無難なヤツだな」と注文の明細メールを見て思ふ。予算の問題もあるけどね、とは言わない。言いたくない。

注文から24時間以内にとどいた!

スケッチブック-ハート

注文をしたのが昨日(02月27日)のお昼ごろで、iPad mini 4がとどいたのは今日の朝一番! ということは、注文してから24時間以内にとどいたということですね。速いじゃないの。

ちなみに黒井は神奈川県川崎市に在住。

この記事のこの部分を書いているとき(午前9時)にはまだ、ほぼ同じ時刻にAmazonで注文したiPad mini 4用の「液晶保護ガラス」が届いていません。だからまだ開けられない・・・ぐぬぬ。

と思ったけどもう開けちゃう!(午前10時半)

iPad mini 4、開封!

iPadmini4の外箱(正面)の写真です

「iPad mini 4」を開封してまいります。あい変わらずの「白い箱」ですね。どこからどう見ても「白い箱」だ。息をのむような隙のないパッケージです。

iPadmini4の外箱(側面)の写真です

外箱の側面には「iPad mini」の文字が。ちょっと暗いね。

iPadmini4の箱を開けたところ

オープン!(どーん)
iPhoneやMacBook Airと同じく「こんにちは」というスタイルの梱包ですね。こんにちは「iPad mini 4」ちゃん。これからガシガシつかってあげるからね。

iPadmini4の内容物を並べた写真です

内容物は以下のとおり。

iPad mini 4の内容物

  • iPad mini 4本体(いろいろ無難バージョン)
  • いつものペラい説明書
  • いつものAppleステッカー
  • iPhoneのものよりデカいACアダプタ
  • すぐ断線するLightningケーブル(iPhoneのものと同じ長さでした)

結局ビビリな「iPad mini 4」電源投入!

iPadmini4の写真

「液晶保護ガラスがとどいてないからまだ開けられない!」からの「でも開けちゃう!」という流れで開封してしまいましたが、結局ビビリなぼくは「iPad mini 4のペリペリ」をはがさずに電源を入れてみることに。

開封編はここまで!

次回の「つかってみた編(タイトル未定)」でいくらかつかってみた感想を述べたいと思っています。もうしばらくお待ちください。

次回:原始人がiPadmini4を購入して1日で分かった3つのこと

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です