長い移動時間を快適に! ワイヤレス、ノイズキャンセリングで10,000円の高コスパヘッドホン QW-07【PR】

音楽
広告



まいど、黒井です。

LiteXim様より、ワイヤレスかつノイズキャンセリング機能が搭載されていながら10,000円で買える超お得なヘッドホン「QW-07」を提供していただくことができました!!!

ワイヤレスで、さらにノイズキャンセリング機能まで搭載されているヘッドホンは、有名どころでは「25,000円〜30,000円」ほどするのが当たり前。

それが「10,000円」で手に入るんですから、お得というしかないでしょう!

それではさっそく開封します!!

広告

ワイヤレス、ノイズキャンセリングで10,000円のヘッドホン「QW-07」を開封するよ!

こちらが「QW-07」のパッケージ。

 

箱を開けると、ヘッドホンのハードケースが出てきました

 

ケースを開けると、ヘッドホン本体が!!

ご丁寧に「乾燥剤」まで入っています。いたれりつくせりです。あとはトリセツね。ケースを開いた左側にはポーチが面ファスナーでくっついており、そのなかにはケーブルなどが入っていました。

 

ポーチの中に入っていたケーブル&アダプタ類。

  • 充電用ケーブル
  • オーディオケーブル
  • ステレオプラグ・アダプタ
  • 航空機用プラグ・アダプタ

 

QW-07本体。

プラスチック製なのでややチープに見えますが、そのぶん本体が軽い!!

飛行機や新幹線を利用した長時間の移動のお供としてカバンに忍ばせておくなら、この軽さは「機能」と言っていいでしょう。

QW-07を操作するためのボタンは、左右の筐体にそれぞれ1つずつついているだけ。左側の筐体には電源ボタンが、右側の筐体にはノイズキャンセリングボタンがついています。

 

ヘッドホン本体を下から撮影した写真です。

この位置に「充電用のUSBポート」「有線接続用のステレオミニジャック」があります。

写真の左端にちょこんとあるのが「マイク」です。

 

ワイヤレス、ノイズキャンセリングで10,000円のヘッドホン「QW-07」を使ってるよ!

iPhoneに接続して、さっそく使ってみました!!

「音質」「ノイズキャンセリング」「使い心地」と3つの視点で評価をします。

 

【1】QW-07の音質は?

まず、最初に感じたのは全体的にほんの少しモヤっとこもった感じがしていることでした。この「こもった感じ」はワイヤレスヘッドホンによくあるもの。どうしても少しこもってしまうようなので、仕方がありませんね。

ややこもった感じがあるため「高音の伸び」がいまひとつ足りないかなあという感じが否めません。

いっぽうで、低音はかなり頑張っているという印象を受けました。低音については量、質ともにレベルが高いです。ブリブリとした下品な低音ではなく、ボンボンと静かに、それでいて存在感のある低音の表現はなかなかのもの。静かなジャズによく合う低音です。

また「音が丸い」ので聞き疲れしない点もイイね! 低音から高音まで一貫して音が丸く、低音は「騒がしい感じ」が少ないし、高音は「耳に刺さる感じ」がまったくありません。

長時間の移動を快適に過ごすために利用するヘッドホンとしては、長時間のリスニングでも聞き疲れをしないことは、大事な機能のひとつです。

 

【2】QW-07のノイズキャンセリング機能は?

QW-07のウリのひとつである「ノイズキャンセリング機能」を試してみましょう。右側の筐体にあるスイッチを、カチッと押し上げると、少しして、周囲の音が軽減されます。

ノイズキャンセリング機能を入れると、エアコンの音がほぼ完全に消えてしまいます。

ノイズキャンセリングがオフの状態では「ゴーッ」と空気を吐き出していたエアコンが、ノイズキャンセリングをオンにしたとたん「さあああ」という力のない音に変化しちゃうんです!

ノイズキャンセリング機能が搭載されたヘッドホンとしては破格のQW-07ですが、その機能は意外なほどしっかりしていて、驚きをとおりこし、あっけにとられてしまいました。

しかし、ノイズキャンセリング機能にはデメリットもあります。それはノイズキャンセリング機能をオンにすると、再生している音がこもってしまうこと。

むかしつかっていた他社製のノイズキャンセリング・イヤホンでも同様のことが起こっていたので、ノイズキャンセリング搭載モデルの宿命なのかしら。

そもそも「ややモヤのかかった音」なので、ノイズキャンセリングを入れることでその弱点がより強調されてしまう結果に。これはちょっと残念でした。

 

【3】QW-07の使い心地は?

QW-07は装着時の圧が強いです。痛いほどではないものの「ギュウウウッ」と頭を掴まれているような感じがあります。

装着時の圧の強さは、メリットにもデメリットにもなります。

メリットとしては、ぴったり密着するのでノイズキャンセリングを使うまでもなく遮音性が高いこと。またちょっとやそっとでは取れないこと。

デメリットは、長時間つけっぱなしにしていると頭や耳が痛くなる恐れがあること。ぼくは1、2時間ほどつけっぱなしでも平気でした。

筐体がプラスチック製なのでヘッドホン本体が軽く、いつものカバンに入れても負担になりづらいところは、旅行用、出張用ヘッドホンとしてかなり優秀です。

 

QW-07は「旅行や出張などの移動を快適に過ごすためのヘッドホン」です!

QW-07は旅行や出張、通勤や通学時などの「移動時間を快適に」過ごしたいひとにおすすめします。QW-07はそのために作られたのだと言っても過言ではありません。

ワイヤレスでケーブルが絡まるなどのトラブルとは無縁であること、ノイズキャンセリング機能でバスや電車、新幹線、飛行機の走行音が軽減されること、プラスチック製がゆえの軽さ。

どれもこれも「長い移動時間」を快適に過ごすための機能です。

趣味で一人旅に出かける方や、仕事の都合で出張が多い方は、QW-07に10,000円以上の価値を感じられるでしょう。

高音質ヘッドホンのおすすめ全部まとめました。【随時更新】

2017.07.27