サービス精神が旺盛なのはいいけどブログ記事をむやみに長くするのはどうかと思うよ。

広告

まいど、中卒ブロガーの黒井です。

記事タイトルは「自分に言い聞かせたい言葉」なんですけどね。ときどき5,000字超の記事を書くと達成感で胸がいっぱいになります。よく頑張って書いたぞう!

ごく最近まで長文の記事はSEO的にも非常に有利だと言われてました。

でも、読む側からしてみたら、記事が長ければ長いほど読むのがめんどくさくなるワケで。これはいわゆる「ありがた迷惑」というヤツだと思うんですよねえ。

Google先生のアップデートで「長文の記事が必ずしもSEO的に有利ではない」ということになり、長いだけで実のない記事は駆逐されていくことになるんでしょうけど……

そんなの、読む人のことを考えていればあっっったりまえのことじゃんか!

広告

あえて言おう。1ポスト1テーマであると。

「たのぶろ」では何度となく書いてきましたが、ぼくはブログ記事の基本は「1ポスト1テーマ」だと考えています。ひとつの記事に1つのことを書いて、だいたい1,000字〜2,500字くらい。これがベストでしょう。

ぼくが「ちょうどいい」と感じるのは「1,000字〜3,000字」の記事。

ぼくが自分で書いた記事を読み返していて「ちょうどいい長さだなあ」と思える文字数は「1,000字〜3,000字」くらい。

ぼくは本を読むのがあんまり得意ではない(だが読む)ので、上に示した文字数を大きく越えた記事は、面倒くさがられるんじゃないかしら。

ちなみにこの記事は「1,000字ほど」です。

ぜんぶ読んでみて、どう感じるでしょう。

ちょうどいい? それともちょっと多い? 物足りない?

1つの記事に複数のことを書こうとすると読み手に理解力を要求する。

曲がりなりにも文章を書く人間のはしくれとして、ぼくが絶対に「したくない」こと。

それは「読む人に理解力を要求する」ことです。ぼく自身「中卒」ということもありおバカなので、あんまりむずかしい記事とか本って読みたくないんですよね。自分が読みたくないものを他人様に読ませるワケにはいかん!

ぺろぺろっと流し読みしても、すーっと内容が入ってくる……というのが理想。どんなにむずかしいことを書くとしても、とにかく分かりやすくする。せめて分かりやすくする努力をする。

「たのぶろ」ではメンタルヘルスに関する記事をたくさん書いています。こころの問題は目に見えませんから、取り扱うのがむずかしい!!

だから、なるべく「何かに例える」とか「ステップ別にして覚えてもらいやすくする」などして、分かりやすくまとめています。

といっても、それが独りよがりじゃ意味ないんだけどね。

ぼくの記事は読みやすいですか?

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です