彼女が自殺をしてしまったかもしれない。

広告


まいど、中卒ブロガーの黒井です。

2017年2月に、ぼくは「バレンタインチョコをもらったよ」という内容の記事を書きました。ぼくのプライベートなんて誰も知りたかないだろうと思ってましたが、意外にも多くの方に読んでいただけて嬉しかったのを、今でも覚えています。

ハッピーバレンタイン!彼女からGODIVAのチョコレートが届いたので公開します。

2017.02.14

そのバレンタインチョコをくれた「彼女」なんですが……

連絡が取れなくなってしまったんです。

広告

彼女が自殺をしてしまったかもしれない。

バレンタインデーの記事ではナイショにしましたが、ぼくだけでなく、彼女にも「うつ」の気があるんです。うつ病なのかは分からないけど、確かに「うつ」を飼っていました。

彼女はよく「自分は死んだほうが良いんだ」と洩らしていて、遠くに住んでいるぼくは、簡単に会うこともできないので、はがゆい思いをしていたんです。

つらいときほど、誰かに側にいてほしいものですからね。

最後のやり取り。

画像はぼくと彼女の実際のやり取りです。

3日前の朝を最後に彼女と連絡がつきません。心配になって彼女がやっていたブログやTwitterを見てみると、どうやらアカウントをすべて削除しているようなんです。

ただ音信不通になっただけなら「振られたのかしら」とか他にも考えようはあります。しかし、うつの気質を持ち、仕事や人間関係の問題で不安定になることもあった彼女が……と考えると、可能性は限られてきます。

LINEの無料通話を何度となくかけてるんだけど……

ご覧のとおり、通常であれば「ウザい」くらいに電話をかけてるんですが、まったく応答しません。最後のやり取りをした3日前の夜の「おかえり?」というメッセージさえ、未だ既読になっていないんです。

考えられる可能性は3つ……だと思う。

【1】何もかも嫌になってしまい、仕事をお休みして、ブログやTwitterなどのアカウントを削除し、スマホの電源も切ってしまっている。
【2】仕事を辞めるということを同居している両親に言い、それを否定され、暴れて病院送りになり、そのまま入院している。
【3】自殺をしてしまった。

いまのところ考えられる可能性は以上の3つ。どれもサイアクだけど、自殺だけはしてはいけない。生きてるだけで儲けものだとかそんなことを言うつもりはないし、ぼくだって未来には不安しか抱いちゃいないけど、ただ、ぼくのエゴで、彼女には死んでほしくないんです。

彼女の苦しみの源は「親」にあるのではないか。

それに、こんな書き方をするのはどうかとも思いますが、彼女の抱える問題の多くは、両親との関係によるもののように感じるんです。

ぼくは彼女の両親には会ったことがありません。でも彼女はよく両親の話をします。それはすべて彼女の視点で見た親の話であり客観的ではないとする人もいるでしょう。

そういう面もあると思いますけど、彼女の母親は、ぼくが電話越しでさえ「彼女はもういっぱいいっぱいだ」と感じさせられる彼女の状態を「直に」見ていながら、そこへさらなる追い打ちをかけるようなことばかり言っているんですよ。

彼女の母の言うことはもっともだけど、娘にかけてやる言葉じゃないし、何より、ぼろぼろに疲れ果てている人にいう言葉じゃない。

もしも彼女の身に何かが起こっているのなら、その原因は会社でも人間関係でもなく、両親との不和なのではないかと思う。実家ぐらしをしている彼女にとって、それは会社の問題や人間関係の問題よりずっと身近で、ずっと大きく感じられるはずです。

あまりに不都合なこころ。

彼女も、ぼくも、生きていくのにはあまりに不都合なこころを持っています。

こうしてブログを書くことで多少なり収益を得ているぼくと違って、彼女はふつうの人たちと混ざってフルタイムで働いています。それでも自立するには心もとないお給料。

ぼくにしてもそう。いまはブログから収益が出ているから良いものの、収入は不安定ですし、いつ途切れるやも分かりません。そうなってしまったとき、ブロガーとして収益を得ていたことを強みに何かをする……ということも可能なんでしょうけれど、ひとりではロクに外へ出られず、他人とまったく話すことのできないぼくにはむずかしいでしょう。

ぼくはいま、彼女のことを切に心配しながらも、自分の生きづらさ、自分の生き方のことを考えています。考えざるをえなくなっていると言ったほうがいいかもしれません。

しばらく、眠れない日々が続きそうです。

追記

彼女の無事を確認しました!

彼女は生きていた。

2017.06.18
広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

2 件のコメント

  • 見当違いな見解だったら、非常に申し訳ないのですが、自殺ではないのでは???
    彼女の「愛してるよ」という言葉に対して、黒井さんは自分も愛してるという言葉を全く返してないですよね???これ、女性の立場からすると相当悲しいですよ。私も劣悪な家庭環境で育ち、子供時代から鬱持ちで、いつも死にたいと思っていたので、彼女の状況はよく分かります。親から愛されなかった人は、今一緒にいる人が自分を本当に愛してくれているかを常に確認していないと不安なんですよね。愛してないのに愛してると言うのは最悪ですが、愛しているなら、今からでも愛してると返信したほうがいいのでは?
    自殺ならラインのアカウントも消しますよ。なんで、ラインのアカウントだけ残したのか、よく考えてみてください。余計なお世話でしたら、すみません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です