ルーティンの力!朝をルーティンで自動化すると1日がずっと上手くいく。

広告


まいど、黒井です。

あなたには毎日欠かさず行っている「ルーティン」がありますか?

ルーティンというと、ラグビーの五郎丸選手のあのポーズや、イチロー選手のあのポーズなどを連想するかと思います。しかしルーティンというのはただの「いつもやっていること」や「お決まりのポーズや構え」ではありません。

ルーティンとは、毎日その「ルーティン」を繰り返すことで、日々の調子を一定の水準に保とうとするものです。

日々の試合で結果を残さなくてはならないスポーツ選手は、おそらく「誰でも」自分なりのルーティンを持っているはずです。そのルーティンを忠実に守ることで調子を整えているんですね。

あなたには「朝からやる気が出ない」とか「朝から体がダルい」ということはありませんか? ぼくにはあります。それもしょっちゅうね。

それらの悩みは「朝のルーティン」を作り実行することで改善されます。毎朝のルーティンをこなしているウチに「ルーティンをこなすことがやる気スイッチに」なっていくんです。

広告

ルーティンは「起床直後」から始めたほうが良い。

s_photo-1418874586588-88661ed80c4a

冒頭で説明した通り、ルーティンというのはただの決めポーズではなく「同じルーティンを繰り返すことで調子を一定に保つためのもの」です。

例にあげた「五郎丸選手」も「イチロー選手」も、試合中の「ポーズ」が特徴的ですが、そのルーティンも、キックをするときや、打席に入ったときの「調子」を一定に保つために行われています。

野球中継をよーく見てみてください。どの選手も必ず「一連の動作」をしてからバットを構えます。それが調子を保ち、結果を出すための「ルーティン」なんです。

ぼくらの目に映るのは「スポーツ選手ならその試合の最中に行われるルーティン」ですが、おそらく、五郎丸選手にも、イチロー選手にも、起床した直後から「ルーティン」を守って生活しているはずです。

イチローは朝食に必ずカレーを食べる!

なんて、聞いたことありません?

天才打者イチローの元気の秘訣は朝カレー?アスリートは朝からカレーを食べる人が多いの?【別のサイトに移動します】

ルーティンは「朝から」始まっているんです。

ぼくは「朝の時間の過ごし方でその日の調子は80%決まる!」と考えています。もちろん「朝は調子が悪かったけど午後になって良い感じに」ということもありますが、それはせいぜい「20%程度」です。

あなたは朝、規則的に生きてます?

ぼくの最近の「朝ルーティン」はこんな感じです。

s_download1(1)

最近ぼくは「VALKEE」という「擬似日光浴」のできるガジェットを買ったので、朝のルーティンに「VALKEEの使用」が加わりました。

VALKEEという「うつ病を自分で治療できる器具」を買ってみた!【開封レビュー】

2016.06.30

ちなみに上のリンクが「VALKEE」の記事。開封とレビューで2本あります。興味のある方はどうか読んでみてください。ちょっとお値段が張りますけど、いい製品です。

ぼくの「朝ルーティン」は・・・

  1. まずVALKEEを使う
  2. その間にFeedly(RSSアプリ)で記事の「タイトルだけ」を見る
  3. ピンときた記事を「長タップ」してその記事をPocketに保存
  4. VALKEEが終わったら朝食をとる
  5. 部屋に戻りPocket(後で読むサービス)に保存した記事を読む
  6. 午前9時になったらアフィリエイト報酬などを確認する
  7. そして仕事開始(しんどいときはまた寝転がっちゃうけどね)

こんな感じ。

ルーティンは「頑張って行うものではない」ので、自分の日々の習慣に「プラスアルファ」くらいの簡単なものでいいと思います。大事なのはそれを「意識して続けること」です。

しばらく続けていると「意識していたルーティン」が「無意識で行うルーティン」に変化していきます。ルーティンが習慣化するんですね。

ルーティンが習慣化すれば「朝のルーティンをこなしているウチに頭が仕事モードになる」といった変化が出てくるでしょう。

ぼくの場合「うつ病」のせいなのか心理状態に大きなバラつきがあるため、ずっと無意識で行えていたルーティンが突然ピタッとできなくなってしまうことがあります。

そういうときはブログ記事も思うように書けなくなってしまい、ときには「半月」も記事を書けない状態がつづくこともあります。

反対にルーティンが上手く機能しているときは、ほぼ毎日記事を書くことができるし、1日に複数件の記事を投稿できることもあるんです。

これがルーティンの力だ!!!(どーん)

ぼくの場合は「いやいやもっと頑張れよ」って感じですが。

朝、起きて、トイレに行って、朝食をとり、顔を洗って、歯を磨いて、髪の毛を整えて、着替えて、ちょっと一息ついて仕事に行く。

こんな当たり前の「朝」でも、それをルーティンとして意識して行うのとそうでないのとでは、大きく違います。

片方は「惰性」であるのに対し、もう片方は「儀式」なのですから。

あとがき

atogaki

ルーティンの力というのは、ルーティンを行えば行うほど力強く感じるものです。ルーティンに限らず習慣には「ふしぎな力」があるように思います。

今回の記事のピックアップは「やる気が出ない状態からの脱出」についての記事にしましょう。ルーティンの力を使っても「ダルいなあ」とか「やる気が出ないなあ」というときには、下の記事にある方法を実践してみてはいかがでしょうか。

やる気が出ない!やる気が出ない原因とやる気が出ない状態からの脱出方法について。

2016.07.05
広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

1 個のコメント

  • […] ルーティンの力!朝をルー&#12…まいど、黒井です。 あなたには毎日欠かさず行っている「ルーティン」がありますか? ルーティンというと、ラグビーの五郎丸選手のあのポーズや、イチロー選手のあのポーズなどを連想するかと思います。しかしルーティンというのはただの「いつもやっていること」や「お決まりのポーズや構え」ではありません。 ルーティンtanoblo.com […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です