頭の整理をしたい時に必要なものはたった2つしかありません。

広告


まいど、黒井です。

頭のなかがごちゃごちゃして、考えがまとまらず、頭のなかを整理したというとき、あなたに必要なものはたった「2つ」しかありません。

それは・・・

紙とペンです。

頭のなかを整理するのに「紙とペン」以上に大事なものは、他にはありません。

なんだよぉ、紙とペンかよぉ。

と、思うかもしれませんが、頭の整理をするのにはこの2つが大事なんです。

理由は「思考を目に見える形にできる」から。

広告

頭に限らず「整理」をするときは「全部出す」ことから始めます。

s_photo-1465433045946-ba6506ce5a59

つくえの引き出しが「ごちゃごちゃ」しているとき、あなたならどうしますか?

ぼくはまず「全部出す」でしょうね。

引き出しの中身をつくえの上かどこかに全部出してしまい、それから「仕分け」したり「整理」するほうが理にかなっていると考えます。

引き出しの中にあっては「ごちゃごちゃ」して見えたものが、より広いところに出すと「一覧」できるようになりますよね。

それから「仕分け」なり「整理」すれば良いんです。

頭の整理も一緒ですよ。

まず「罫線の入っていないまっしろな紙」に、頭のなかで「ごちゃごちゃ」とうごめいているものを書き出します。

このとき大事なのは・・・

これは分かりきってるから書かないでいいや。

などと「選別」せず、思い浮かんだことを「全部」書き出してしまうということ。

あくまでも、

まず出す。それから整理する。

ですよ。

頭のなかのごちゃごちゃを書き出す紙として「罫線の入っていないまっしろな紙」を指定したのは「罫線があると文字の大きさなどに気を使わないといけない」からです。

頭のごちゃごちゃを全部出す。

のですから、思考の妨げになる要素はなるべく排除しましょう。

体も心も楽に構えて書き出せるといいですね。

環境としては「静か」なほうが良いです。

それがむずかしいなら「イージーリスニング」や「歌声のない音楽」を「小さなボリュームで」かけながら、頭のなかのごちゃごちゃを紙の上に書き出していきましょう。

ジャズを気軽に聴きたいなら「楽ジャズ」なんていかが?

2016.07.11

 

全部出したら今度は「整理・仕分け」していきます。

s_fvD9myEgRued3zLne2GS__DSC0033-1

頭のなかの「ごちゃごちゃ」を白い紙に書き出したら、こんどこそ「頭の整理」を行います。

頭の中身は紙の上に出切っているはずなので・・・

あとは紙の上で頭の「整理・仕分け」をやっていけばいい。

頭の整理としてまず行うべきは「分類」です。

  • やりたいこと
  • やらなきゃいけないこと
  • いつかやりたい、達成したいこと(夢とかね)
  • 悩み事
  • 心配事

こんな具合に「分類」してみましょう。

「悩み」や「不安」や「心配」は紙に書いて「自分はこんなことを不安に思っていたんだなぁ」と確認するだけでも、心に良い影響を与えますよ。

心が苦しいときは恐怖や不安を紙に書き出そう

2015.07.23

で、

今度は「やりたいこと」や「やらなきゃいけないこと」などに当てはまった項目に対して「優先順位」をつけましょう。

これだけはゼッタイにやりたい!

とか、

これだけはゼッタイにやらなくちゃ!

ということが分かるだけでも、頭のなかは整理され、すっきりと視界良好になります。

やりたいこと、やるべきことが分かっているから迷わないんですね。

「やりたいこと」や「やらなきゃいけないこと」が多すぎたり、大きすぎたりする場合は、内容を小さく「切り出し」て、それを「目標」にしてしまいましょう。

目標を設定するときは以下の記事を参考にしてください。

目標が達成できないことに苦しんでいませんか?目標を楽しく気楽に達成する方法。

2016.07.20

 

まとめ

matome
  1. まず頭の中の「ごちゃごちゃ」を紙に書き出す
  2. それから頭のなかを整理・仕分けしていく
  • 紙に書くときは「とにかく全部書き出す」こと
  • 頭の整理をするときはまず書き出して「分類」する
  • 分類したら「優先順位」をつける
  • 反対に「これはやらないぞ!」というのを決めるのもいいね

いちど頭の整理をしたら、それ以降「定期的に」この作業をしてみるといいですよ。自分の「考え」が少しずつ変わっていっているのを理解しつつ、常に「今の」自分に良い選択ができるようになります。

あとがき

atogaki

ぼくも「頭の整理」しばらくしてないなぁ。何だかんだで「保留」にしたままの「やりたいこと」や「やらなきゃいけないこと」がたくさんあるから、まとめてみようかしら。

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です