ポケモンGOに誘われ引きこもりのデブが一人で外に出る【続報】

広告


まいど、黒井です。

ポケモンGOがついに日本上陸!!!

今年25歳になる黒井は「ポケモン世代」のド真ん中なので、ポケモンGOの日本上陸にテンションが上がり、思わず・・・

スマホを持って外に繰り出した!(雨なのに)

引きこもり、家を出る。

ということで、近所を歩いてきました。

1時間ほどのんびりと歩いて「17匹」のポケモンを捕まえてきたので、1匹ずつ紹介させてください。

広告

前提:Pokemon Goは「課金ゲー」ですわ。

zentei

ポケモンGOは課金ゲーですよ。

というのもポケモンGOには「課金アイテム」として・・・

IMG_0507
IMG_0508
  • モンスターボール(ポケモンを捕まえるのに必要)
  • おこう(使うと野生のポケモンが寄ってくる)
  • しあわせタマゴ(経験値が2倍もらえる)
  • ルアーモジュール(ポケストップにポケモンを引き寄せる)

などがあります。

「おこう」や「ルアーモジュール」を上手く使うことで「効率よくポケモンをゲットできる」んですね。

早くも課金している人が多いようです。

ツイッターでは・・・

ポケモンGOは「ルアー」ゲーだ。

という発言もちらほら。

課金しない場合は基本的に「歩きまわってポケモンを探す」ことになりますが、ルアーモジュールなどに課金すると「ポケモンが寄ってくる」ようになります。

そりゃあポケモンを捕まえやすいよね。

ぼくはニートであるがゆえにビンボウなので課金するつもりはありません。

さらに「外を歩くゲーム」なのに、ぼくは引きこもり。

でも、

ちょっぴり勇気を出して、1時間ほど近所を散策してきました。

雨、降ってたけどね。

1時間で17匹のポケモンをゲットしました!

IMG_0510

といっても「かぶったポケモン」がいるのと、最初に手に入れられる「御三家」がいるので、それを省くと全部で「12匹」ですね。

近所をちょっと歩くだけではけっこうポケモンがかぶります。

それでは1匹ずつ紹介しましょう。

ヒトカゲ

Screenshot_2016-07-22-10-31-04

最初にゲットできる「ヒトカゲ」「ゼニガメ」「フシギダネ」から、ぼくはヒトカゲを選びました。この御三家から何度か「逃げて」いると「ピカチュウ」が出てくるという裏ワザ(?)があるんですが、ぼくはヒトカゲが好きなので、キミに決めた!

コラッタ

IMG_0496

最初に出てきた野生のポケモンはコラッタでした。

ドードー

IMG_0497

立て続けにドードーもゲット。

キングラー

IMG_0498

進化系ポケモンきたー!

ドードーからしばらく歩いて、キングラーゲットです。

クラブ

IMG_0499

キングラーの直後に、進化前のクラブもゲット。親子かな?

トサキント

IMG_0500

公園の水飲み場でトサキントゲット。ここには別のポケモントレーナーさんがいました。みんな雨のなかようやるわ。

オニスズメ

IMG_0501

同じ公園内でゲット。ポッポのほうがかわいいと思う。

ビードル&キャタピー

IMG_0502
IMG_0503

ほぼ同じ場所でビードルとキャタピーを仲良くゲット。

ヤドン

IMG_0504

折り返して、帰り道にヤドンをゲット。

コイキング

IMG_0505

帰り道、川沿いを歩いていたらコイキングと遭遇。もしかすると「その土地や地形に合わせたポケモンが配置されている?」のかもしれません。水ポケモンのトサキントも水飲み場にいたしね。

パラス

IMG_0509

家の付近、行きとは違うところから帰ろうとしたら、現れました。ナイス判断。

かぶった面々・・・

まずコイキングは4匹つれました(笑) あとはドードーを3匹捕まえたのかな。彼らを合わせると、全部で「17匹」となります。もうちょっと捕まえられると思ったんですけどね。たくさんポケモンをゲットするためには、かなり歩かないといけないみたい。それとも場所が悪かったのかなぁ。

ポケモンGOがあれば引きこもりでも外に出られる、かも。

s_IMG_9946

ぼくは引きこもりです。

ポケモンGOに魅せられて、思わずスマホ片手に家を飛び出しましたが、普段はひとりで外に出ることが怖くてたまりません。

いまになってドキドキしていたりします(笑)

ああ怖かった。

でも「目的」があると外に出やすいなぁ、と思ったのも事実。

外に出なきゃ・・・

外に出られない自分はダメだ・・・

と自分を責めたりせず、心から「外に出たい!」と思えるだけの「目的」があれば、今日のぼくのように、引きこもりだけど頑張って外に出てみようと行動できるかもしれません。

少なくともぼくは「ポケモンGO」に後押しされる形で家を飛び出すことができました。

近所の人の視線も、ポケモンGOに集中していればそれほど気になるものではありません。ポケモンGOに集中しすぎて事故を起こしたりするのには気をつけないといけませんけどね。

多くの人にとって「ポケモンGO」は「歩くついでにポケモンで遊べる」という程度のものかもしれませんが、ぼくにとっては「本当に冒険をしている」ような気分で、外へ出ることができました。

引きこもり脱出を目指している人は、ポケモンGOをインストールしてみるといいかもしれませんよ。基本無料で遊べますしね!

追記

ポケモンGOは常に「GPS」を使いながらプレイするゲームなので、バッテリーの消耗が激しいです。iPhone6でバッテリー「100%」からプレイし始めて、家に帰ってきたらもう「60%」を切っていました。モバイルバッテリー必須です。

Pokémon GO

無料
(2016.07.22時点)
posted with ポチレバ

【速報】Pokemon GOが日本でも提供開始!!!

2016.07.22

ポケモンGOに最適な「モバイルバッテリー」の人気製品5つまとめ!

2016.07.19
広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です