引きこもりニートでうつ病のぼくが朝から運動する3つの理由

スポンサード

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
ぼくは毎日とはいかないけど寝起きで運動をしています。

引きこもりやニートやうつ病のひとにとって「朝」はもっともしんどい時間です。あなたは「朝はだれだってしんどいものだ」と思っているかもしれませんが、とくにうつ病の朝はつらい。

お恥ずかしい話、いまよりもっと「うつ」がひどい状態だったときのぼくは、目覚めてから数時間は指一本さえ動かせませんでした。

そのため布団のうえで「お漏らし」したこともあります。

うつ病をわずらった人間の「朝のダルさ」は人間の生理や理性すらも上回ってしまうんです。

だから引きこもりでニートでうつ病のぼくは、朝から根性でダルさを追っ払って運動します。するとちょっとだけ元気になれるんです。

スポンサード

1.朝の運動習慣で1日の精神状態が安定する

起きてすぐに運動すると1日の精神状態が安定します。必ずそうだというわけじゃないけど、安定しやすいことは確かです。

日々つくっている「やることリスト」の消費量は、朝のうちに運動ができた日とできなかった日とでは明らかに異なります。

朝の運動習慣を身につければ、引きこもりやニートやうつ病のひとだけでなく「朝がつらい」と感じているすべてのひとの「朝のダルさ」が改善されるでしょう。

この記事は「午前8時」に書いています。

しっかりと朝食をとり、朝8時には机に向かっている。少し前までのぼくには考えられなかったことです。

2.実は朝一番の運動はつづけやすい

ぼくは「朝の運動習慣」を身につけてから、ひょっとすると「朝のほうがつづけやすいんじゃないか?」と思うようになりました。

その理由は「朝の時間は早起きすれば”つくる”ことができる」からです。

夜更かしすることでも時間をつくることができますが、それはあまりお勧めできません。ぼくたちには「明日」があるんですから。

夜更かしによってできた「時間」は借金をしているようなものです。最初はいいかもしれませんが徐々に後がつかえてきて借金地獄、すなわち「夜更かし地獄」になってしまいます。

しかし「早起き」は違います。

早起きは翌日に影響を及ぼしません。それどころか早起きが習慣になればより多くの「朝活」ができるようになります。

早起きして朝の運動を「最初に」おこなう。習慣を身につけるときにはその項目の「優先順位」を強制的に高くしてやる必要があるんです。

そのために朝一番の時間をつくり、そのスペースで習慣化したいことを実践しましょう。このテクニックは「朝の運動習慣」に限らず広く応用の効くものですから、ぜひ覚えておいてください。

3.さらなる悪循環を防ぐために

引きこもりやニートは「うつ病」などの精神病にかかるリスクが非常に高いといわれています。

また働き過ぎているひとも同じく精神病にかかるリスクが高い。

何もしないのも、しすぎるのも、よくないんです。

有酸素運動をすると脳内ホルモン「セロトニン」の分泌が増えます。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれる脳内物質で、その名の通り幸福感や満足感を得るためには必要不可欠なホルモンです。

うつ病にかかるリスクの高い引きこもりやニート、またうつ病に罹患しているひとの脳には、セロトニンが少ない傾向にあります。

うつ症状をさらに悪化させないために、また引きこもりやニートはうつ病の予防として、朝の運動習慣を身につけるべきです。

朝の運動にはエアロバイクをお勧めします

1c96c0f307d31bc8df138e9afbd6a37d_l

エアロバイクをお勧めする理由は以下の3つ。 

  1. 有酸素運動である(セロトニン量を増やす)
  2. 家で気軽に運動できる(ゆえにつづけやすい)
  3. ランニング・コストがかからない(一台買えば長くつかえる)

 

徹底的に習慣化させるためにはとにかく「手軽」でなくてはなりません。朝からジムに行くのは面倒ですよね。起床後すぐに身なりを整えて外をジョギングしにいくのも、ちょっとメンドウです。

エアロバイクを手に入れて「寝室」に置いてしまう。

起床してからエアロバイクにまたがるまでの動線をつくるんです。

そうすれば自ずと朝の運動は習慣になります。それでもむずかしいというひとは、さらに「工夫」してみてください。習慣を身につけるのに根性は要りません。むしろ根性をつかうと失敗しやすい。

頭を使って「エアロバイクを漕ぐように仕向ける」ことが大切です。

ダイエットにもお勧めのエアロバイク。
サイクルツイスタースリム

関連記事:心が苦しい時に試してほしいたった1つのこと

スポンサード

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です