Amazonより新サービス「prime reading」がリリース! プライム会員なら特定のKindle本が読み放題!

広告


まいど、黒井です。

Amazonプライム会員の方に、朗報です!!

 

Amazonプライム会員なら書籍、マンガ、雑誌などが読み放題になるサービス「prime reading」がリリースされました!

すでにAmazonプライムに登録している方は、今スグに利用できますよ。

広告

Amazonプライム会員、大勝利!

Amazonプライム会員なら、これから「手続きなし」「追加料金なし」で、特定のKindle本が読み放題になります!

現時点(2017年10月5日)では「892点」の本、小説、マンガ、雑誌が「prime reading」として読み放題になっています。

直木賞作家の小説から、Twitterでも話題のマンガ、誰でも知ってる有名な雑誌まで、幅広いジャンルの書籍が、Amazonプライム会員なら読み放題ですよ!

プライム会員、大勝利!!!

 

「prime reading」で読みたい本。

個人的なメモを兼ねて、「prime reading」に指定されている「読み放題本」のなかから読みたい本をまとめて紹介します。

 

インベスターZ – 三田紀房

「ドラゴン桜」で一躍有名になったマンガ家「三田紀房」先生のマンガです。

ぼくは以前にセールをやっていたときに読んでしまったのでちょっと悔しいけど、まだ読んでいない人は読んでみることをおすすめします。

マンガを楽しみながら「お金」や「株式投資」について学ぶことのできる、一石二鳥なマンガです。

 

賭博黙示録カイジ – 福本伸行

超有名な「カイジ」ですが、読んだことないんですよねえ。

これも読みたい!

上京後、自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押しつけられる。遠藤に誘われるままカイジは負債者に借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。そこで行われるのはカード12枚を使った「限定ジャンケン」。うまく勝てば借金は帳消しだが、負ければ命の保証は無いというものだった……。

 

新しいメディアの教科書 – 佐々木俊尚

発売当初から読んでみたかった本のひとつ。中古が出たら買おうかしらと思っていましたが、まさかタダで読めるなんて!

「ブログ」や「Twitter」といったメディア、SNSを運営するひとりの人間として、もっとしっかり勉強しなくちゃね。さっそくダウンロードしよう。

 

思考は具現化する – ナポレオン・ヒル

こちらも以前から読みたかった1冊。

著者のナポレオン・ヒルは、鉄鋼王カーネギーの発案に乗り、20年間無報酬で「成功哲学」を徹底的に研究した。カーネギーが見込んだ500人をインタビューし、彼らが成功していく過程を子細に追視。そこに共通する“思考”と“やりかた”を体系的にまとめたのである。驚くべき偉業である。この本は、なぜ「あなた」が今の「あなた」なのかをやさしく教えてくれる。不安の種を取り除き、未来を自分の思う方向に切り開いていくすべとともに。

 

仕事は楽しいかね? – デイル・ドーテン

前に一度、ぺろっと読んで売ってしまった本。

あのときとはまた違う、いまの自分が読んだらどう感じるんだろう?

本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。

 

「prime reading」のカタログを見てみよう。

ざっと見ただけでもこれだけの読みたい本がありました……が、これですべてではありません。1,000冊近く(10月5日現在)ありますからね。

気になる方は、「prime reading」に指定されている本のカタログをどうぞ。

prime reading カタログ

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です