心に豊かさがあればお金は自然と貯まっていく

広告

まいど、黒井みなみ(@961373)です。
「お金がない」とか「お金はいくらあっても足りない」といっている(思っている)うちは、お金は貯まりませんよ。

という話はよく聞きますが、正直そういうのって信じられなくない? ぼくはまさに「信じられないタイプ」です。

でも最近、少しずつ、本当に少しずつなんですが、お金が貯まるようになってきたんですよ。どうしてだろうと考えていると、あることが見えてきました。

広告

ぼくに起きたささやかな変化1(読み飛ばしてもいいよ)

ぼくは「Pha」というヘンな名前の作家の書いた「ニートの歩き方」という本を読んだことがきっかけでブログを始めました。

 

「ニートの歩き方」はぼくにとって衝撃的な内容でした。

ひとと上手く接することができず、小学生のころも、中学生のころもひどいイジメを受けていたぼくは、恐怖のあまり学校に行けなくなり、そのままズルズルと「ニート」になってしまったんですね。

「生きていくには就職しなければいけない」

「でも自分は中卒だから就職なんかムリかもしれない」

「だらしなく太っていて体力もないから力仕事もむずかしい」

「そもそもひとと一緒に働くのなんてムリだ」

「でも生きていくには就職しなければいけないし・・・

と、ネガティブ思考のわっかをぐるぐると回りつづけるだけの日々を過ごしていました。そんなときに「ニートの歩き方」を読んだんです。

そこには「ニート(あるいはそれに非常に近い状態)のまま生きていくことは可能なのではないか?」ということについて書いてありました。

幼いころから「働かざるもの食うべからず!」と言われて育ったので、まったくの無職とは言わなくても「あんまり働かずに生きる方法」というのは、とても新鮮だったんです。

そうしてぼくは「タノブロ」を始めました。

ぼくに起きたささやかな変化2(こっちは読んでね)

「タノブロ」では「ニートや引きこもりでも生きる!」というテーマを持ち、自分なりに記事を書きました。

のろまなペースで更新をつづけていると「ニートや引きこもりでも生きる」というテーマを設定したからでしょうか、小さく生きようという志しを持ったひとはぼく以外にもいるのだという情報が入ってくるようになりました。

くだんの「Pha」さんは「シェアハウス」を活用することで負担を軽減していますし、20代で隠居という本を書いた「大原扁理」さんは「週休5日」で、つまり週に2日働くだけで暮らしているんです。

 

最初は「そういう生活をしているひともいるんだあ」と思うだけで、でも自分にはできないだろう、と考えてかなしくなったりしていました。

でも徐々にブログから得られる収益が増えてきて、ひとと接するのがニガテで体力もなく、うつ病をわずらっていていつも「かなしい」とか「だるい」とか言ってる自分には、自立なんてできっこないと思っていたのが、一瞬だけど「ひょっとしたら」という気になったんです。

これまで頭の中で「ぐるぐる」と回っていた「不安」や「恐怖」が、ほんの少しだけど、薄れたような気がしたんです。

そこにチラと見えたかすかな希望は、確かな温かさでもってぼくの心を豊かにしてくれました。

心に豊かさがあればお金は自然と貯まっていく

すると、お金が貯まるようになってきたんです。そもそも稼いでいる金額が「月5万円」程度なので微々たるものですが、少しずつ、何も気にせずともお金が貯まるようになってきた。

 

上の記事にも書きましたが、豊かな気持ちに、満ち足りた気持ちになるのに、お金は要らないんです。

「楽しい」も「嬉しい」も「幸せ」も、

お金で買うものじゃない。

「感情」や「気持ち」はお金で買うものじゃないでしょ?

ぼくは「いまの自分でもひとりの人間として生きていけるかもしれない」と心から思えたことで、少し、心に余裕が生まれたんだと思います。

ほんの少しでも心に余裕があれば、青い空を見上げて「ふう」と息をつくことができます。つめたい空気を胸いっぱいに吸い込むこともできます。

何より・・・

それを幸せだと感じることができます。

すると心に「豊かさ」が生まれ、無闇にお金をつかう生活から少し離れることができるんです。

闇雲に「消費」するだけの「ニセモノの幸せ」にべったりと張り付いてしまった自分が、少しずつ「剥がれて」いき、自然で身軽な状態になっていくように感じました。

探そうと思えば日常に「幸せ」は転がっている。

そうと分かれば、あまりお腹が空いていないのに何かを食べたり、他のもので代用できるのに新しいものを買ったり、ということが減っていきます。

それで自然とお金が貯まるようになっていったんです。

まず、ちょっと立ち止まって、楽しい音楽でも聴きましょう。

悲しくなったら聴くミニアルバム。

あなたの買ってくれた商品をレビューします!

Amazon欲しいものリストを公開しています。ブログを読んで「イイね!」と思ったら、何か買っていただけると助かります。購入していただいたものは記事にしますよう!

 

広告

おすすめの関連記事!

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

2 件のコメント

  • とても共感できます。

    自分の場合は就職しても会社のカモにされるだけだ、と
    適当に生きようじゃないかと決めたら
    色々うまく回りだしてぬくぬく生活しています。苦笑

    一人ひとりにあったライフスタイルを見つけて
    好きを大事にしていくのが幸せの鍵なんでしょうね。

    今の時代は割りと少ないお金で快適な生活が手に入りますから、
    逆にガツガツ稼ぐというのは
    従来の方法だと難しい時代になっています。
    所謂テクノロジーによるデフレですね。

    あまり考えない人は、とにかく頑張って働けば
    報われる…そう信じて時間と体力を浪費する人が未だに多いです。

    その中でも自分がどうありたいかを見つけられたということは
    とても素晴らしいのではないかと思います。

    • コメントありがとうございます!

      共感していただけて嬉しいです。がむしゃらに働く時代はもう終わりました。これからは「自分軸」を大事にすることが大事ですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です