黒井、部屋片付けるってよ。

スポンサード

ニートブロガーの黒井(@961373)には彼女がいます。

その彼女が年末に黒井のもとへ遊びに来るということで、彼はいま、大慌てで部屋の掃除をしようとしています。そうなのです。彼は「掃除をしようとしている」だけで、まだほとんど手を付けていません。

彼女がやってくるまでまだ日はありますが、黒井ほどの駄目人間ともなれば、数日などあっという間です。直前になって泣きながら掃除をするのが目に見えています。

ということで、まだ日はありますが、少しずつ部屋を片付けていくことにしました。彼は高らかに「ようし、まずは本棚から片付けよう」と言い、さっそく本棚の整理整頓に取りかかります。

取りかかろうとしていたんですが……

スポンサード

掃除より工作。

ティッシュボックスで文庫本と新書のケースを作ろう

ある日のことでした。

黒井は夕方ごろ、ティッシュの空き箱で文庫本や新書の収納ケースを作ろうという内容の記事をしたため、公開しました。

実はこのとき、彼は掃除をするつもりだったのです。

黒井は掃除をするつもりで、意気揚々と本棚へ向かいました。それから「ようし、まずは本棚から片付けよう」と言って、作業に取りかかります。

すると、何かを思い出した様子……

黒井はすぐに階下へ駆け下りました。部屋にもどってきた彼の両手には、ティッシュの空き箱が。そう。彼は掃除に取りかかると間もなく「ティッシュボックスで文庫本の収納ケースが作れるという記事を読んだこと」を思い出したのです。

善は急げ。そう言わんばかりに、彼はティッシュボックスとカッターナイフ、ガムテープを用意して、文庫本の収納ケースを作り始めました。そのときの集中力たるや、何人たりとも近づくことのできない、獲物を捕らえんとする猛獣そのものでした。

もうお分かりでしょう?

彼はもう……

掃除のことをすっかり忘れています。

そうして彼は文庫本の収納ケースを作りあげ、そのことを記事にし、満足感で胸をいっぱいにするのでした。

しかし、それでは本棚は片付きません。

img_0751

片付いたのは作りたての収納ケースに収められた本がある一部分だけ。ひとつ下の段に目を向けると、そこには本が乱雑に置かれているばかり。

羞恥心のチカラを借りよう。

s_photo-1471474190970-de3212a7a51c

まずは上の写真でしばらく心を落ち着かせてください。

つぎに彼が取った行動は、部屋の写真を公開することでした。

汚い部屋を公に晒すのはとても恥ずかしいこと。しかし彼は、その恥ずかしさ、羞恥心をチカラに変えて、自分にプレッシャーをかけてやろうと考えたのです。

まあぶっちゃけ書くことないから思いつきでやってるんだけど。

それでは彼の汚部屋をご覧ください。

デスク周り

p1000324

まずはデスク周りからお見せいたしましょう。

キーボードとマウスの前にわずかなスペースがあるだけで、他の場所には、仕事には使いそうもない品物がところせましと散らばっています。彼は最近プリングルスを食べたようですね。また机の下には空のペットボトルも転がっています。

ブログの記事は、ここで生み出されているのですね。

本棚

p1000327

つづいて紹介するのは本棚です。

まず目に飛び込んでくるのは、このごちゃごちゃとした感じですね。ひと目で整理整頓のゆき届いていない本棚であることが分かります。

細かく見ていくと、ティッシュや梱包用の紙、カタログショッピングのニッセンからいただいたブランケットなどが、異彩を放っています。どうして本棚に置いてあるのでしょうか?

A4トレイ

p1000328

つづいてA4サイズの3段トレイを紹介します。

トレイが3段に分かれていることよりも、その上にどっしりと載せられ、山となった衣服やタオルのほうに目を奪われます。これはもはやトレイではありません。

第二の机

p1000326

こちらは第二の机です。

場所はデスクの後ろ側。ちいさなテレビとWindowsPCが置いてあります。一見キレイそうに見えますが、その上の段をご覧ください。

引き出しや棚、ボックスなどの収納スペースがあるにも関わらず、肌水などの化粧品類が、堂々と立ち並んでいるのが見て取れます。そのなかに1つ「はちみつ」が混ざっているのが、なんとも黒井らしいですね。

クローゼット

p1000329

最後に紹介するのがこちら。クローゼットです。

もはやどこから指摘をしていけばよいものか、分からないほどの汚さですね。大きなビニール袋に入っているのは冬用の毛布だそうですが、彼はまだ、夏用の寝具で寝ているのでしょうか。

しかし、ここには整理整頓を試みた形跡があります。写真の右下をご覧ください。彼は「永谷園しじみ70個分のチカラ」が入っていたのであろう箱に、くつしたをまとめて入れています。

うっすらとホコリがかぶっているところを見ると、ここにあるくつしたは使われていないようですね。

黒井は反省している

p1000325

部屋の写真を公開するに当たり、彼は自らカメラをとりました。

カメラ越しに見る自分の部屋は、まるで地獄絵図のようだったと、彼は深く自分の行いを反省した様子です。これを機に心を入れ替えて、掃除をすることができるのでしょうか。

【あとがき】掃除のコツや便利グッズを教えてください。

atogaki

もしも「自分なりの掃除のやり方やコツ」あるいは「便利な掃除グッズ」を知っている方がおりましたら、コメント欄にて教えていただけると嬉しいです。

カジスルー
スポンサード

更新情報はここから!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です