ネガティブな思考がぐるぐるして困っている人にたった1つの真実をお教えします。

広告


まいど、中卒ブロガーの黒井です。

ぼくは「うつ病」をわずらっていることもあり、概ねネガティブで、落ち込んでいる状態で日々を過ごしています。頭のなかはいつも焦りと不安と恐怖でいっぱいです。

そんなぼくでも、たまにはポジティブで元気な時だってあります。

文章にして読んでみると「あったりまえじゃん」という感じですね。日によっては四六時中ずーっとネガティブで暗い1日もあるでしょう。でもたまには元気があって、ちょっと明るい気分でいられることもある。

考えてみれば至極当然のことです。

でも……

ネガティブで暗い思考、妄想が、頭のなかをぐるぐる巡っているとき、少なくともぼくは「でも自分にはポジティブで元気なときもあるもんね」とは考えられません。

ネガティブで暗い迷路に迷い込んでしまったときは、まず、思い出すことです。

自分にはポジティブで明るく元気なときもある。

広告

誰の心にも「ネガティブさん」と「ポジティブくん」という2人の住人がいる。

同じ状況なのに「違う捉え方」をする(できる)ことってありますよね。

それは誰の心の中にも「ネガティブさん」と「ポジティブくん」という2人の住人がおり、そのどちらと仲良くしているかによって、過去や現在(現実)、未来の捉え方が大きく変わるためです。

ネガティブさんの場合。

【ネガティブさんと仲良くしているぼく】

  • ひとりでは散歩くらいしか出歩けないひきこもり。
  • 対人恐怖がある。人が怖い。とくに男の人が怖い。
  • 働きたくない。人や社会と関わりながら働くのが怖い。
  • 中卒だから、そもそも働き口なんてあるのか?
  • 肥満だから肉体労働はムリだし、生活にも悪影響が出ている。

「ネガティブさん」と仲良くしている状態では、ぼくは自分のことを上の箇条書きのように見ています。自分にはまったく能力がないし、醜いので魅力もない。前途多難。お先まっくら。何もかもうまくいかない。いや、うまくいくワケがない。そんな思いが頭をめぐります。

ポジティブくんの場合。

【ポジティブくんと仲良くしているぼく】

  • ひとりで黙々と作業をすることができる。
  • 人と接することなく自分に合った仕事をすればいい。
  • ブログでしっかり収益を上げている。
  • 今すぐ就職なんてしないんだから、学歴は関係ない。
  • 肥満だけど、ダイエットを頑張って、少しずつ痩せてきている。

いっぽうで「ポジティブくん」と仲良く接しているときのぼくは、状況そのものはネガティブで暗い気持ちのときと変わらないのに、その状況の捉え方が大きく違います。ネガティブさんと仲良くしているときより、元気で明るく、前向きです。

「ネガティブさん」と「ポジティブくん」どっちと仲良くなりたい?

ポジティブかネガティブかどっちがいい?

そう聞かれたら、多くの人は「ポジティブがいい」と答えるでしょう。だれだって普段からポジティブでいたいはずです。

でもムリに「ポジティブくんと仲良くしなきゃ!」とポジティブくんに近づいていくのは違いますよ。あなたも「この人と仲良くなればメリットがある」なんていう見方はされたくないでしょう?

それに、慎重な判断が求められるときや、まったく得をしないリスクを回避したいときなど、ネガティブさんからの助言が必要となることもあります。

ポジティブとネガティブのバランス。

ポジティブもネガティブも「心の中になくてはならない存在」です。何でもかんでもポジティブに捉えて自信過剰になり、から回りをするのはよくない。かといって何でもネガティブに捉えて部屋のすみっこで体育座りをしているのもよくありません。

ネガティブな思考がぐるぐるして、何だか暗い気持ち、悲しい気持ちになり、心が苦しい時のあなたは「ネガティブに比重が傾きすぎている状態」です。

健康的なバランスになるよう、あなたがやるべきことは、たったの2つです。

ネガティブで暗い気持ちになり「心が苦しい時」にすべき2つのこと。

【心が苦しい時にすべき2つのこと】

  1. 心のなかの2人の住人を思い出す。
  2. 頭のなかに浮かんでくる思考に耳を傾けないようにする。

【1】心のなかの2人の住人を思い出す。

ネガティブで暗く悲しい考えをしてしまうこともあれば、いつもよりほんのちょっぴりでも元気があって、明るい考え方、捉え方ができることもあります。心のなかには必ずポジティブとネガティブという2人の住人がいます。

ネガティブで暗い気持ち、悲しい気持ちになり、心が苦しい時、どうか「心のなかにはもうひとりポジティブくんがいるんだ」ということを思い出してください。

ムリにポジティブくんと接触しようとしてはいけません。ただ思い出すんです。そういえば心のなかにはもうひとり「ポジティブくん」も住んでるんだったなあ……と。

【2】頭のなかに浮かんでくる思考に耳を傾けないようにする。

心のなかに「ポジティブくん」が住んでいることを思い出したら、次は「頭のなかに浮かんでくる思考に耳を傾けないよう意識」してみましょう。

いま、あなたの頭のなかに浮かんできた思考は、ネガティブくんの考え方が乗り移ってしまったものかもしれません。ひとつの考え方に固執するのはあまりいいことではないし、暗い考え、悲しい考えばかり浮かんでくるときは、ちょっと放っておきましょう。

あなたの心には「ネガティブさん」と「ポジティブくん」という2人の住人がいるんですから、ネガティブさんの考え方ばかり聞いていても、いいことはありません。

ぐるぐるめぐってくる暗い考えや悲しい考え、焦りや不安や恐怖にばかり耳を傾けていると、あなたも疲れちゃうでしょう?

あなたには「ポジティブくん」だっているんだし、そういうときはムリして話を聞かずに、しばらく放っておくことにしましょう。

「ポジティブくん」を呼び出す魔法。

さいごに「ポジティブくん」を呼び出すための魔法を紹介して終わります。

この魔法は、誰でも簡単に、今すぐ使うことができます。

それは「今あるものを数える」ことです。

心が苦しい時や憂うつな気分の時は「今あるもの」を数えるといいですよ。

2016.06.04

 

うつ病心理療法プログラムで「ポジティブくん」と仲良くなろう。【PR】

なかなか「ポジティブくん」と仲良くできない人は、カウンセリングを受けてみるといいかもしれません。カウンセラーさんがあなたと「ポジティブくん」の間を取り持ってくれるはずです。

でも、憂うつで心が苦しい時は、人と会ってしゃべることが億劫になってしまいますよね。しかもカウンセリングは(基本的に)保険の適用外なので、いちどのセッションを受けるのに1万円ほどかかってしまいます。

「うつ病心理療法プログラム」を利用すれば、38,600円の買い切りで、カウンセリングで行われるような心理療法を繰り返し聴くことができますよ。

販売ページにて「うつ病心理療法プログラム」の内容がくわしく解説されているので、興味があればぜひ覗いてみてくださいね。

 

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です