ブログは「毎日更新」することに意味があるんですよ。読者を飽きさせないために「質より量」です。

広告


まいど、黒井です。

ブログは毎日更新することに意味があるんですよ。

と、毎日更新が出来ていない弱小ブロガーが申しております。

やり方は人それぞれだと思いますが、毎日更新をしのぐブログ運営テクニックは存在しないのではないか、と思うのです。

なぜなら、

お客さんが求めているものは「変化」だからです。

広告

ブログの最新記事が必ず一定数読まれる理由とは?

naze

ブログを書いて、アクセス解析などを見ていると、ある「ふしぎなこと」に気づきます。

それは「最新記事」だけは「必ず一定数読まれている」ということ。

ちょっと考えれば分かることですが、人には「古いものよりも新しいものを好む傾向」があります。

とくにインターネット上ではこの傾向が強く、ほとんど常に「新しいもの」が求められているように感じます。

読者は好奇心が旺盛ですから、ブログの最新記事だけは必ず一定数読まれるんです。でも「最新記事の投稿日時が古い」と、読者の好奇心は一気に削がれてしまいます。

ブログの最新記事は「最新である」ということがお客さんにとっての「ベネフィット」であるため、最新記事の投稿日時が少し古くなっている時、その記事はお客さんの好奇心を失わせます。

これは機会の損失ですよ!!

ブログで稼ぎたい人は、まず「毎日更新する」ことを心がけるべきです。

「でも記事のクオリティが・・・」

なんて言うのは後回し!

記事の質なんていうのは、毎日記事を書くことができるようになってから、ゆっくりと過去記事をリライトしていけばいいんです。

ブログの収益性を最大化したければ「アドセンスをここに貼る」とか「自演リンクを」なんてことをするより、まず「毎日更新」ですよ。

目指すは「いつ見に来ても新しい記事がある」という状態。たとえるなら「コンビニエンスストア」です。

読者は好奇心が旺盛で飽きっぽい、子どものような存在です。

s_IMG_9946

ぼくが丸1年以上ブログをつづけてきて思うのは「お客さんは好奇心が旺盛で飽きっぽい子どものような性質を持っている」ということです。

だから「ブログの最新記事が必ず一定数読まれる理由とは?」で書いたようにブログを「毎日更新」することはとても大事なんですが・・・

いつも似たような記事を書いていてはいけない!!

ブログを毎日更新するという「アウトプット」に気を配るのは当然として、ブログを書く上では「インプット」の質を高める必要もあるんです。

読者は「好奇心旺盛で飽きっぽい子どものような性質」を持っているということを念頭に置き、お客さんを飽きさせない記事を書きましょう。

そのためには「文章」だけでなく「写真」をたくさん使ったり、YouTubeなどの「動画」を持ってきたりと、さまざまな要素を仕掛けることも大切ですよ。

あとがき

atogaki

昨日は【マンガで分かる心療内科を「うつ病」のぼくが読んでみるとこうなる – マンガで分かる心療内科】という記事が作者様のツイートや、リツイートによりバズりまして、たくさんの人に記事を読んでいただけました。まったく関係のない記事のあとがきで申し訳ありませんが、ここに感謝の意を・・・

んんなぁありがとぉぉおおう!!!

ブロガーが最初に読む本。

▼次回

ブログは「気軽に書く」ことに意味があるんですよ。自分のためにも「ブログは楽しく」書きましょう。

2016.07.13
広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です