ブログは「気軽に書く」ことに意味があるんですよ。自分のためにも「ブログは楽しく」書きましょう。

広告

まいど、黒井です。

ブログは気軽に書くことに意味があるんですよ。

と、先ほどの記事【ブログは「毎日更新」することに意味があるんですよ。読者を飽きさせないために「質より量」です】と真っ向から矛盾した発言ですが・・・

こちらもまた「真実」です。

やり方は人それぞれだと思いますが、気軽に書くことをしのぐブログ運営テクニックは存在しないのではないか、と思うのです。

なぜなら、

ブログを辞めちゃったら意味がないからです。

広告

この記事は前回の記事【ブログは「毎日更新」することに意味があるんですよ。読者を飽きさせないために「質より量」です】を読んだことを前提としています。

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_m

この記事は、前回の記事【ブログは「毎日更新」することに意味があるんですよ。読者を飽きさせないために「質より量」です】を読んだことを前提として書いています。

まだ前回の記事を読んでいない人は、下記リンクから過去記事を読んでいただき、ふたたびこちらに戻ってくることをおすすめします。

ブログは「毎日更新」することに意味があるんですよ。読者を飽きさせないために「質より量」です。

2016.07.13

 

ようは「バランス」なんですよ。

s_photo-1468278848666-4334e6aef2b5

前回の記事のタイトルが「ブログは毎日更新することに意味があるんですよ」となっているくせに、今回の記事では「ブログは気軽に書くことに意味があるんですよ」と書いている。

つまり・・・

矛盾している!!!

と、盛大に指摘を受けそうですが、まあ一見しただけではまさしく「そのとおり」ですよね。殴られても仕方がない。

でも、

ぼくとしては、これは「矛盾」ではなく「バランス」の問題だと考えています。

前回の記事では「お客さんを飽きさせないためには毎日更新」と口酸っぱく言っておりますが、何を隠そう、ぼく自身が「毎日更新」できていません。

・・・ダメじゃん。

というワケではありません。

結局ね、

最初だけやる気を出して「毎日更新するぞ!」と言っても、数ヶ月で燃え尽きてしまい、ブログを閉鎖してしまうくらいなら、週一更新でもいいから気軽につづけるというのも、ひとつの手段だということなんです。

ぼくは、

書けるときはとことん書く!

でも書けなさそうならとことんダラダラする!

と、心に決めています。

そんなことを決めちゃうのもどうかと思いますが(笑)

ブログは「楽しく気軽に」書きましょう。

s_photo-1464692805480-a69dfaafdb0d

前回の記事と矛盾しますが、最初のウチは「何も気にせずとにかく気軽に楽しく書くこと」が大事であるとも思います。

最初から「ブログをマネタイズするつもり」でブログを始める人にとって「記事」というのは「コンテンツ」という認識でしょう。

もちろん「記事=コンテンツ」で良いんですよ?

でも「コンテンツとなり得る記事を書かなければならない」というプレッシャーが、自分自身にのしかかっているのであれば、何も気にせず気軽に楽しんで書く必要があります。

そうでないとあなたのコンテンツは読まれません。

そもそも「文章を読む」という行為は、人間にとって「負担が大きい」ものです。マンガは読めるけど小説は読めない、という人は、この「負担の大きさ」に負けてしまっているんですね。

では「堅苦しい文章」を読まなければならないとしたら、どうでしょうか?

同じ読書でも「小説ならともかく教科書を全部読む」のはしんどいですよね。インターネット上の文章(ブログ記事)においても、堅苦しいものより、ほどよく肩の力が抜けた「さらっ」とした記事を読むほうがずっと楽なはずです。

さらにそのほうが「楽しい」でしょう。

ただ「辛いだけ」のことを習慣にする人はいないでしょうから、ブログにしたって、リピートして記事を読みに来てくれる人というのは、あなたのブログを「楽しみに」している人でもあるんです。

ブログのジャンルにもよりますが、広く一般的には「ガチガチ」より「サラサラ」のほうが好まれます。

ここでまた「サラサラの中にも強烈なパンチを一発忍ばせておく」などのライティングテクニックもありますが、究極は、何も考えずに書くことなんだと思います。

「ブログ? ああテキトーに書いてるよ」

まったく「内容のない」個人ブログではなく、きちんと「マネタイズ」されたブログを運営していて、このセリフが言えるようになったら、一人前なんじゃないかしら。

あとがき

atogaki

ブログは「記事をストック」していくものですから、諦めずにコツコツと書き続けていれば、いつか必ず「当たる記事」が出てきます。だから「数ヶ月やってみたけど稼げないから辞める」なんてもったいないこと言わないで、もうちょっと続けてみましょう。

ブロガーが最初に読む本。

▼前回

ブログで稼ぐ?ならツベコベ言わずに書けばいいじゃん。

2016.07.12
広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です