また今年も夏バテになるの?:夏バテの本当の原因

広告

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
8月を目前にひかえ、もう夏真っ盛りですね。夏バテしていませんか?

夏バテにかんして、けっこう多くのひとが勘違いをしているところがあるので、この記事で解説しますね。

広告

夏バテの原因

多くのひとが「夏バテの原因は夏の暑さだ」と勘違いしています。夏バテの主な原因は「ビタミンB不足」なんです。

どうしてビタミンBなの?

夏(とくに真夏)はごはんをつくったり、買ってきたりするのがメンドウなうえ、あまり食欲も湧いてこないと思います。

だからついつい「そうめん」や「うどん」や「冷やし中華」のような麺類ばかり食べてしまう。そういうひとも多いのではないでしょうか。

しかしこれらの食事には「おかず」がありません。そうめんも、うどんも、冷やし中華も、それ単体で1食ですよね。

だから「ビタミンB」だけでなく「多くのビタミンやミネラル」がやや不足気味になってしまいます。

「でも主食(麺)を食べているからエネルギーはあるんじゃないの?」

そう考えているかもしれませんが、炭水化物を摂取すればそれがそのままエネルギーになるのかというと、少し違うんです。

火をおこすとき、新聞紙や枯葉はとてもよく燃えますが、それ単体では発火しませんよね。ライターやマッチなどで火を点けなければいけません。

同じように炭水化物が勝手にエネルギーになってくれるわけじゃないんですね。炭水化物をエネルギーとして使用するためには炭水化物の代謝をうながす「ビタミンB」が必要になります。

どうしてビタミンBが不足するの?

夏場は「そうめん」などそれだけで1食になってしまう食事が多くなりがちです。だからビタミンBにかぎらずビタミン(ミネラル)全般が不足気味になります。

そのなかでもビタミンBはとりわけ不足しやすいんです。

なぜならビタミンBは汗と一緒に体外に溶け出してしまうから。

夏場は「普段より多くのビタミンB」を摂取しなければならないんです。それなのに炭水化物ばかりを食べているので「エネルギーの源はあるのに着火できない状態」になってしまいます。

これが夏バテの原因なんですね。

ビタミンBをたくさん摂れる食品

夏バテには「ビタミンB1」がもっとも大きな影響を及ぼすので、今回はビタミンB1を多く摂れる食品をざっとまとめてみます。

  • 豚肉
  • うなぎ
  • たらこ
  • ナッツ類
  • ハムやベーコン
  • 海藻類

 

こんな具合ですね。

ビタミンB1をより多く摂取するには、以上の食材を「煮る」あるいは「蒸す」という調理法で調理するといいですよ。

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です