Y50に続いて純正の6N-OFCリケーブル「C120」も買っちゃった!音がクリアになるよ!

スポンサード

まいど、黒井です。

昨日ぼくはAKGというメーカーのヘッドホン「Y50」を購入しました。Y50の購入とレビューについては【AKGのY50買っちゃった!昨日の今日で「Y50」を買っちゃいました】をご覧ください。

また「昨日の今日で」ということになりますが、この「Y50」をさらに「高音質」にパワーアップさせられるアイテムを、買ってしまいました!

今回は「C120」という「ケーブル」のお話。

スポンサード

Y50の素晴らしさに感動して思わず買ってしまったんだ許してくれ。

AKG-Y50の箱

こちらがAKGの「Y50」です。

日本では「全7色」という豊富なカラバリと、ポップで可愛いデザインが相まって「おしゃれヘッドホン」として人気です。

が!

ポップで可愛いというだけでなく「Y50」は「音質も良い」んですよ。ポータブル用途のヘッドホンで、デザイン重視でここまで音が良いヘッドホンをぼくは知りません。

何度も試聴していたので「Y50」の実力は知っているつもりだったんですが、購入して静かなところで聴いてみると、ますます「Y50」のとりこになってしまいました。

ケーブルの付け替え?

ヘッドホン_黒

AKGの「Y50」は「ケーブルを着脱」できるんですよ。

ケーブルと「Y50」は「2.5ミリ経」のプラグでつながっています。つまり「2.5ミリ経のプラグ」のケーブルがあれば、ケーブルを「付け替える」ことができるワケです。

てか、付け替えてどうすんの?

という声が聴こえてきそうですね。

ヘッドホンやイヤホンにおける「ケーブル」は、実はけっこう「重要」なんですよ。

超高級イヤホンやヘッドホンでもない限り、ヘッドホンそのものの音質にはこだわっても「ケーブル」が安物だったりします。

すると、

音楽を再生したときに、信号が「ケーブル」を通る際に「音質が劣化する」んですよ。

正確にいうと「良いケーブルを使っていても多少なり音の劣化は起こる」んですが、安物を使うより、ちゃんとした「6N-OFC」などで出来ているケーブルを使うほうが、ずっと音の劣化が少ないんですね。

ようするに「ケーブルを付け替える」と「音が良くなる」可能性があるんですよ。

OFCとは?
OFCとは「無酸素銅」のこと。無酸素銅とは「酸化物」をほとんど含まない純度の高い「銅」のことで、その純度は「99.5%以上」にもなります。そのなかでも「6N-OFC」という基準があり、これは「99.99995%」の超高純度の無酸素銅で、ヘッドホンやスピーカーなどのオーディオ機器用の高級ケーブルとして使われています。

でね、

「Y50」を製造している「AKG」というメーカーから、純正の「6N-OFCリケーブル」が販売されているんですよ!

買っちゃうよね。

純正6N-OFCリケーブル「C120」がやってきた!

IMG_0369

こちらが6N-OFCリケーブル「C120」です。

右側に映っているのは「Y50」ね。

やっぱりオレンジ色かわいい。ぐへへ。

さっそく開けてみると・・・

IMG_0370

こんな感じ。

うん、分からない人にとっては「ただのケーブル」だね。

でもよ〜く見ると、品質の良いことが分かりますよ。

IMG_0371

ほら、分かります?

ケーブル自体はポータブル・ヘッドホン「Y50」用のものだからか「かなり細め」ですが、しっかりと「布巻き」されていて、通常のものより耐久性、耐摩耗性に優れています。

タッチノイズ(ケーブルに触れることで発生するノイズ)にも多少、強くなる印象があるんですが、こちらは確かなことは分かりません。どうなんだろうなあ。

いやそんなことはどうでもいい!

早く聴きたい!

C120に付け替えていろいろ聴いてみた!

IMG_0372
接続!

さっそく【アジカン】を聴いてみる。

なぜ「アジカン」なのかというと・・・

アジカンってね、多くのイヤホンやヘッドホンで「音がややこもる」感じがするんですよね。スピーカーで聴くとそんなことないんですが、音圧の問題なのかなあ、イヤホンやヘッドホンだと「こもる」感じがあるんだよね。

Y50は音がクリアなので、アジカンを聴いてもそこまでこもる感じはなかったんですが、リケーブルをした時にもっとも変化するのが「音の透明度」なんですね。

より「クリア」になることが多い。

だから「アジカン」を聴いてみる、と・・・

目論見通り、ベールが1枚はがれたような感じになりました!

そのままで充分にクリアだったのにも関わらず、さらに「ベールが1枚はがれた」かのように、クリアに聴こえます。

音がクリアに聴こえると、それだけ音が「ハッキリ」聴こえることになりますよね。

すると「音の解像度」が上がったように感じるんですよ。

これまで「くもって」しまってよく聴こえなかった音が、これでけっこう「聴こえる」ようになるんです。

さすが「6N-OFC」さすが「純正」といったところでしょうか、リケーブルでの音の変化は顕著に現れます。

よく「ケーブルを替えても音は変わらない」と言う人がいますが「Y50+C120」の組み合わせなら音の変化が分かりやすいんじゃないかしら。

「Y50」に純正6N-OFCケーブル「C120」を繋げると、中高音の透明度が上がり、それによって解像度も高まった感じがして、ますます低中高のバランスが良くなりますね。

付属ケーブルでは「中高音」にベールが掛かっていたことがよく分かります。それでもクリアなんですけどね。

低音はこもっている感じでも「量」が出ていれば派手に聴こえるので、Y50は「やや低音寄り」という印象でしたが、リケーブルすると「ちょっとだけ低音寄り」という感じになります。

ぼくはこっちの音のほうが好き。

あとがき

あとがき

前々から「デザインの優れたヘッドホン」が欲しいなあと思っていたんですよ。でも「音質」がネックだった。ふだんから下手に良いヘッドホンで音楽を聴いているせいで、安っぽい音だと聴く気が起きなくなっちゃうんだよね。

Beatsの「Solo2」か「SoloHD」か・・・とか、いろいろ考えてたんですけどね、勢いで「Y50」を買ってしまいましたが、結果としてはかなり良い買い物をしたという感じです。めでたしめでたし。

早く外に付けていきたいなあ・・・

引きこもりだけど。

AKGのY50を購入した!昨日の今日で「Y50」を購入しました。

2016.07.23

 

関連記事をまとめました!

ヘッドホン関連

1万円台で購入できるヘッドホンを入門用にどーんとまとめます!【随時更新】

2016.09.05

高音質ヘッドホンのおすすめをドーンとまとめます!【随時更新】

2016.08.29

ヘッドホン人気ランキング!ヘッドホンの売れ筋をランキングにしてみた。

2016.06.01

おしゃれなヘッドホンのおすすめ7連発!【おしゃれで高音質】

2016.01.14

ヘッドホンのコスパ最強おすすめベスト3

2015.06.25

 

イヤホン関連

重低音の出るイヤホンの俺的おすすめベスト3!

2016.01.11

イヤホンのコスパ最強おすすめベスト3

2015.06.20

イヤホンのおすすめまとめてみた!【随時更新】

2015.05.21
スポンサード

フォローミィィィーー!【更新情報はこちちらから】

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です