AKGのY50BTを購入しました!さっそく開封するぞ!【開封レビュー】

広告

まいど!黒井(@961373)です。

ぼくはつい数ヶ月前にAKGのY50というヘッドホンを購入しました。Y50は高いデザイン性と音質が見事に両立したヘッドホンで、いまでもよく使ってます。

そしてこのたび、AKG「Y50」のワイヤレスヘッドホン・バージョンであるAKG「Y50BT」というヘッドホンを購入しました!

Y50の高いデザイン性はそのままにワイヤレスヘッドホンとなり、さらにワイヤレスヘッドホンとしては随一とも言われる高音質なんだそう。

楽しみすぎるぅぅぅ!!

広告

AKGのY50BT開封!

p1000172

ほんとはパッケージから写真を撮っていたんですが、反射がえらいことになってしまったので箱を開けたところから。

Y50とY50BTのカラバリにはこんな差が!

ワイヤレスでないY50日本限定色をあわせて7色ものカラバリがあり、ぼくは日本限定色のオレンジを購入しました。

p1000177

こちらがワイヤレスでないほうのY50(オレンジ)です。

ポップでかわいいオレンジ色、気に入ってます。

でも……

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-13-47-06

ワイヤレス・バージョンのY50BTにはブラック・ブルー・シルバーの3色しかないんですよねぇ。ちょっと残念です。

そのなかでもぼくは……

AKG「Y50BT」1

シルバーのY50BTを購入しました。

AKG「Y50BT」2

ちょっと無骨で無難な感じがしますけど、目立ちすぎないのでかえって良いかもしれませんね。でも女の子にはかわいさが物足りないカモ。

かわいいヘッドホンがほすい!

という女子はワイヤレスでないほうのY50がポップでかわいくて、それでいて高音質なのでおすすめですよ。

関連:AKGのY50を購入した!昨日の今日で「Y50」を購入しました。

「BluetoothナシのY50」と「BluetoothアリのY50BT」の厚みは同じ!

Y50BTはBluetoothに対応したワイヤレスヘッドホンなので、ワイヤレスでないほうのY50と比べるとY50BTのほうがやや肉厚……

AKG「Y50」と「Y50BT」の本体厚みの違い

Y50BTのほうが分厚……

本体の厚みはまったく変わりませんね。

Y50にBluetoothとバッテリーと耳元で音量などを操作するための機構が追加されたはずなのに、厚みが変わってないんですよ。

スゴイよね。

重さもあんまり変わらないんですよ。

BluetoothナシのY50BluetoothアリのY50BTでは重さもあんまり変わらないんですよ。

【Y50及びY50BTの重量(メーカー公式)】

  • Y50【211グラム】
  • Y50BT【245グラム】

30グラムしか変わらないの!

245グラムというと大型ヘッドホンよりもずっと軽いので、とうぜん頭に乗せていても重すぎる感じはありません。

むしろケーブルのわずらわしさから解放されるぶん身軽になった感じさえします。

Y50BTはY50よりガッチリしてます。

手にとるとすぐに分かるんですがBluetoothナシのY50よりBluetoothアリのY50BTのほうがガッチリしています。

ヘッドバンドに厚みがあり……

AKG「Y50」と「Y50BT」のヘッドバンドの太さ

見るからにしっかりしてますよね。

バンドが細いほうがヘアスタイルが崩れなかったりと細い利点もあるんですけど、ポータブルヘッドホンですから耐久性も大事ですよね。

耐久性の面ではY50BTのほうに軍配があがりそう。

Y50BTの気になる音質は?

AKG「Y50BT」1

最初に明記しておきますがBluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンというのは基本的に音が悪いものです。

BluetoothナシのY50よりBluetoothアリのY50BTのほうが高音質であることはありえません。

でも……

Y50BTはY50に迫る高音質ヘッドホンだった!

Y50BTはワイヤレスヘッドホンとしては他機種を寄せ付けないほどの高音質ですよ。この音質をワイヤレスで楽しめるのはスゴイ!

音質そのものはY50と非常によく似ていますね。

Y50と比べると若干(本当に若干)Y50BTには1枚の幕が降りているような不透明さがあり、そのせいでやや暗い印象のある音となっています。

でも……

この章の最初に言ったようにBluetoothのないY50と「ワイヤレスヘッドホン」であるY50BTを比べること自体がナンセンスなんですよ。

ぼくの知る限りでは……

Y50BTはワイヤレスヘッドホンとしては最高峰の音質です。

ケーブル付きのヘッドホンと変わらない高音質に、高いデザイン性が合わさり、それでいて軽量なワイヤレスヘッドホンだというんですからおどろきです。

ヘッドホンジャックのないiPhone7の販売開始によりワイヤレスヘッドホンがこれまでにない盛り上がりを見せています。

そこで「自分もワイヤレスヘッドホンを買ってみようかなぁ」と考えている人に、ぼくはY50BTを強くおすすめします。

Y50BTにおすすめの音楽ジャンルは?

さいごにAKGのY50BTと相性のいい音楽を紹介します。

Y50BTと相性がいいのは……

【Y50BTと相性のいい音楽】

  • ロック(ヘビィなものでもライトなものでも)
  • ポップス
  • ダンス・ミュージック
  • EDM(ダブステップなど)
  • 軽いジャズやボサノバ

BluetoothのないY50と比べるとやや暗く、音場もせまいので、広い音場を必要とするジャズやオーケストラを聴くよりは、ロックやポップス、イージーリスニングのほうが向いてます。

音場とは
音場とはヘッドホンやイヤホンで音楽を聴くときの仮想的な空間のこと。音場がせまいとロックやポップスが聴きやすく、広いとオーケストラのような楽器の多い音楽を聞きやすい。

音質はやや低音よりのフラットで低音から高音まできちんと出ているので、これは特別ニガテという音楽ジャンルはありません。

Y50BTはデザイン性が高く、高音質でいながら軽量のワイヤレスヘッドホンとして万人に受け入れられるモデルでしょう。

ぼくは【15,200円】ほどで購入しましたが、購入して損なしの良いヘッドホンでした。

 

あなたの買ってくれた商品をレビューします!

Amazon欲しいものリストを公開しています。ブログを読んで「イイね!」と思ったら、何か買っていただけると助かります。購入していただいたものは記事にしますよう!

 

広告

おすすめの関連記事!

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です