一人で遊べるカードゲーム「Blade Rondo」

一人で遊べるカードゲームBladeRondo商品レビュー

まいど。

【ひとりでも遊べるカードゲーム】という近年まれに見る悲劇的なキーワードでGoogle検索していた黒井です。

幼少期を遊戯王カードやデュエルマスターズと共に過ごしたぼくは、大人になった今でもときどき「昔のようにカードゲームがしたい」と思うことがあります。

でも、今の自分はひとりぼっちのひきこもり……

カードゲームは対戦相手がいないと遊べない……

 

そういうわけで【ひとりでも遊べるカードゲーム】と検索をしていると、見つけたんですよ。

ひとりぼっちのひきこもりでも一人で遊べるカードゲーム!

その名も「Blade Rondo」

直訳すると「刃の輪舞曲」です。

いいじゃないですか。この厨二病感!!

created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,700(2019/12/11 17:14:25時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

オンライン恐怖症

ひとりでも遊べるカードゲームということなら「シャドーバース」や「ハースストーン」などスマホのカードゲームをすればいいのでは? と思われたかもしれません。

ところがぼくは「オンライン対戦」に恐怖を感じてしまう――

言うなれば「オンライン恐怖症」なんです。

 

協力(共闘)プレイではつねに「自分が足を引っ張って負けてしまうかもしれない」とか「自分が下手くそだから周りから非難されるかもしれない」という恐怖で頭がくらくらしてしまう。

オンライン対戦では、負けたら普通に悲しいし、勝ったら勝ったで相手に恨まれていやしいないかと勘ぐってしまう。あるいは「下手くそな奴がプレイするなよ」などと叩かれそうで怖い……

と、イジメ被害者に備わる「危機管理能力」が暴走してしまうのです。

 

シャドバやハースストーン、一部で盛り上がっているマジック・ザ・ギャザリングのオンラインゲーム「MTGアリーナ」もプレイしたことはあります。しかし、オンライン対戦には踏み込めず、ひたすらCPUと戦う悲しい遊び方をしていました。

自分が遊びたかったのはこんな虚しいカードゲームじゃない……

そして「ひとりで遊べるカードゲーム」を探し始めました。

一人で遊べる対戦型カードゲーム「Blade Rondo」の開封

Blade_Ronde_パッケージ

こちらが「Domina Games」より販売されている、一人で遊べる対戦型カードゲーム「Blade Rondo」のパッケージです。

ダーク・ファンタジーな少女のイラストにキリッと締まった「黒」の下地が良い雰囲気ですね。

「Blade Rondo」というカードゲームを見つけたとき、まっさきに目についたのがこのパッケージでした。

Blade Rondoのカードの種類

Blade_Ronde_カード(裏面)

まずはカードから。

カードには大きく分けて3種類あり、左から――

  • 剣カード
  • 呼吸法カード
  • イデアカード

と、裏の絵柄で区別することができるようになっています。

このうち「剣」と「呼吸法」のカードは一人で遊ぶときにも、ふたりで遊ぶときにも使うカードです。

 

「剣」のカードには、そのカードをプレイする際に生じるコストと、その「剣」が持つさまざまな効果が書いてあります。モンスターカードというよりは「魔法カード」に近いような印象を受けますね。

「呼吸法」のカードには「加熱法」「加護法」「鼓動法」の3種類しかありません。また「鼓動法」のカードについては、ふたりで対戦を行う際に「後攻のプレイヤーだけ」に与えられるカードです。これら呼吸法カードは、プレイヤーの「パラメータ」を上昇させます。

そして最後の「イデア」のカード。こちらは一人で遊ぶときにだけ使う「相手役」となるカードです。

Blade_Ronde_カード(表面)

表に描かれているキャラクターもかわいい。

かわいいだけじゃなくて、どのイラストもダークな感じがしていいですよね!

Blade Rondoに付属するその他のアイテム

Blade_Ronde_付属品

つづいて、カードゲームをプレイするのに使うアイテムとして――

  • パラメータボード(2枚)
  • ルールブック
  • パラメータダイス(6コ)
  • ライフストーン(2コ)

これらのものが入っています。

Blade_Ronde_パラメータボード上部

パラメータボードの赤・緑・青の円の中に、対応したパラメータダイスをセット。その下にある白と黒のマス目の「15」のところにライフストーンをセットして、ゲームを開始します。

パラメータの「赤はアタック」「緑はボルテージ」そして「青はディフェンス」とそれぞれ書いてあります。これらの数字を、円の中に置いたサイコロで管理します。

ボルテージというパラメータは、デュエルマスターズやマジック・ザ・ギャザリングで言うところの「マナ」です。ボルテージの数値と同じかそれ以下のコストのカードをプレイすることができます。

Blade_Ronde_パラメータボード下部

下にある白と黒のマス目はプレイヤーのライフポイントを表しています。

ゲーム開始時には最大の「15」です。

Blade Rondoはどんなカードゲーム?

「Blade Rondo」は、「呼吸法」のカードでプレイヤーのパラメータを上昇させつつ、「剣」のカードをプレイすることで相手にダメージを与え、相手のライフポイントをゼロにしようという対戦型カードゲームです。

特筆すべきは「Blade Rondo」を1セット購入すれば、そこに封入されているカードだけで「ふたり対戦」を行うことができる点。

そしてたくさんのカードを使用するわけではないので、ルールさえ理解すれば、すぐに遊ぶことができる点。

以上の2点はとても素晴らしいアイデアだと思います。

また「Blade Rondo」は、ひとりで遊ぶことのできる対戦型カードゲームでもあります。

ひとりで遊ぶ際には「イデア」カードが対戦相手となります。

Blade Rondo ソロプレイの遊び方(ざっくり紹介)

「Blade Rondo」を一人で遊ぶとき、あなたの対戦相手となってくれるのは「イデア」のカードです。

「イデア」のカードにはキャラクターのイラストが書いてあり、その他に――

  • イデアが戦闘を開始する(動き出す)ターン数
  • イデアの初期パラメータ(攻撃力と守備力)
  • イデアが戦闘を開始した際に使用される効果

が、記載されています。

一人で遊ぶ際の流れと勝利条件

ひとりで遊ぶ際には、シャッフルしたイデアカードを束にして、上から1枚めくり、そのイデアとプレイヤーが対戦します。

イデアはカードに記載されているとおりの行動をとるので、イデアごとの行動の特徴をよく理解し、行動の穴を突き、相手のライフポイントをゼロにしていきます。

相手のライフポイントをゼロにすると、対戦相手のイデアを倒したことになり、イデアカードの束から、次のカードをめくり、対戦します。

これを繰り返して、プレイヤーがイデアに「5連勝」すると勝利です。

反対にプレイヤーは、イデアに「1度でも負けてしまうとゲームオーバー」となります。

一人で遊ぶ「Blade Rondo」は高難易度で超骨太!

勝利条件から分かるとおり「Blade Rondo」のソロプレイはかなり難易度が高いです。

また、イデアのカードは「20種類」あり、こちらの手札もゲームごとに異なるので、ソロプレイでも幅広いカードバトルを体感することができます。

 

プレイ難易度が高いこと、イデアの種類の多さ、ゲームごとに変わる手札。この3つの要素のおかげで「Blade Rondo」のソロプレイは超骨太の内容となっており、「ソロプレイのファン」がいるほどです。

ふたり対戦用のカードゲームに、おまけとしてひとり遊び用のモードがある、というよりもむしろ「ひとりで遊べるけど、ふたりでも遊べるカードゲーム」と表現するほうがしっくりくる内容の濃さとなっています。

更に広がる「Blade Rondo」

ぼくはまだ「Blade Rondo」の世界に足を踏み入れたばかりですが、「Blade Rondo」はシリーズ化しており、現在3種類のセットが販売されています。

ぼくが購入したのは、最初に販売が開始された無印の「Blade Rondo」です。

現在この他に――

created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,718(2019/12/11 17:14:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,718(2019/12/11 17:14:26時点 Amazon調べ-詳細)

これらふたつの「独立した拡張キット」が販売されています。

 

これらの拡張キットは、単独で「ひとり対戦」「ふたり対戦」ができるだけでなく、他の「Blade Rondo」シリーズと組み合わせて遊ぶこともできます。

また、これらの拡張キットでは「無印のBlade Rondo」にはない新しいルールと、「新しいソロプレイ用モード」があるそうです。

また違った遊び方ができるのに、古い「Blade Rondo」と組み合わせても遊ぶことができる……

これは、買うしかない……

Blade Rondo製作者さまからの引用リツイート!(2019/09/27)

この記事をツイートしたところ「Blade Rondo」の製作者さまから引用リツイートをしていただきました。

リツイート、ありがとうございます!

Blade Rondo拡張キット「Night Theatre」を購入!(19/10/03)

BladeRonde-NightTheatre

無事「Blade Rondo」のソロプレイにハマってしまった黒井は、後日、拡張キット「Night Theatre」を購入しました。

「Blade Rondo」拡張キット「Night Theatre」では、無印の「Blade Rondo」とは違うソロプレイ・モードが実装されていて、こちらもまた骨太の内容となっています。

 

「Blade Rondo」では「イデアと呼ばれる対戦相手との戦いに5連勝したらクリア」という内容でしたが、今作では「剣劇舞踏 マリア」との一騎打ちのカードバトル!

マリアにはあらかじめデッキが用意されているので、これをシャッフルして対戦相手の山札とし、擬似的なカードバトルを行います。

前作のソロプレイは両者がカードを用いて戦うのではなく、プレイヤーだけがカードをプレイして、カードに記載された通りの行動をとる対戦相手イデアを撃破するという内容でした。

 

しかし、今作では「対戦相手であるマリアもカードをプレイ」してきます。

擬似的ではあるものの、正真正銘のカードバトルを「ひとりで」遊ぶことができるんです。

これは次の拡張キット「Grim Garden」を買う日も近い――?

created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,718(2019/12/11 17:14:26時点 Amazon調べ-詳細)

Blade Rondoソロプレイ・モード クリア!(19/10/04)

「Blade Rondo」のソロプレイ・モードでは、ゲーム開始時に引いた7枚の手札だけ(一部例外あり)で対戦相手となる「イデア」に5連勝するとゲームクリア。

反対に1度でも敗北するとそこでゲームオーバーとなってしまいます。

 

勝利(敗北)条件からしてとても高い難易度が設定されていますが……

本日、2019年10月4日……

「Blade Rondo」ソロプレイ、クリアできましたぁ!!!

Blade_Rondo_ソロプレイ_クリア

こちらが「Blade Rondo」ソロプレイをクリアした瞬間の写真です。

パラメータボードを見ると、相手(イデア)のライフポイントが「ゼロ」になっています。いっぽうで黒井のライフポイントも「1」まで削られていますね。ご覧の通りギリギリの勝利でした。

対戦相手のイデア

こちらが対戦相手となった「イデア」たちです。

左から順に戦いました。

最後の5人目で「背景が金色の強敵」を引いてしまいひやりとしましたが、なんとか接戦を制することができました。

 

「イデア」は全部で20種類も同梱されており、またこちら側の手札も毎回異なるため、まだまだソロプレイを楽しめます。

5連戦おこなっても時間にして30分程度ですから、サクッとカードバトルができるのも魅力ですね。

これからもヒマなときにひとりで遊ぼう。

まあ。

ひきこもりニートだからいつもヒマなんですけどね。

ということで、またね!

created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,700(2019/12/11 17:14:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,718(2019/12/11 17:14:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,718(2019/12/11 17:14:26時点 Amazon調べ-詳細)

Blade Rondoの新作「Frost Veil」発表【追記:2019/11/19】

Frost Veil

引用:https://www.dominagames.com/frostveil

異形はあなたの剣の元に散った

ヴェロニカは追い詰められても微笑みを崩さない

――ここで私を問い正して、それが何だというのか?

――我らの事業は、いずれ必ず実るというのに

魔女は窓から身を投げ、眼下に広がる森に消えた…

 

《ローズ》を内偵してきたマリアはその邪悪さを認めることとなった

更には謎に包まれていた《ローズ》の本拠地をも突き止めたと云う

そこには《ローズ》の盟主もいるはずだ

向かうは霊峰「ファゴラントス」

その山頂にそびえる古き神殿

あなたとマリアは白銀の山へと旅立つ――

 

あなたは伝承に登場する人物たちの 技や術を具現化できる「ソーディア」の1人です

伝承から成る「剣」たちを束ね、数多の敵を打ち倒すことが 「ソーディア」に与えられた使命です

Blade Rondoの新作「Frost Veil」が発表されました。

これまでのBlade Rondo同様、プレイヤー人数は「1~2人」ですから、ひとりでも遊ぶことができます。

また、これまでのBlade Rondoからさらに進化しているそう。新しいルールや新しいカードが加わり、より「戦略の自由度が高まった」とのこと。

新しい「ソロプレイ用ルール」も導入されたので、ひとりで遊びたい人も、また新しい気持ちで楽しむことができそうです。

発売は【2019/12/5】となっており、現在Amazonで予約を受け付けています。

クリスマスのちょっとしたご褒美に、どうですか?

created by Rinker
風栄社(Fueisha)
¥2,970(2019/12/12 02:59:09時点 Amazon調べ-詳細)

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んでちょっとでも「イイね!」と感じたら、SNSによる拡散や、ほしいものリストからの援助をしていただけると助かります。

商品レビュー 商品・製品
スポンサーリンク
シェアをするまでが読書!
黒井さんは他にもいろいろやっている
黒井さんはひとりじょうず

コメント

タイトルとURLをコピーしました