ホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手すぎる私が選んだものって?

ひきこもりニートの日常

まいど。

黒井です。

毎年3月14日は全国的にホワイトデーです。

今年は彼女と沖縄在住の女子高生からバレンタインデーのチョコレートをもらいました。

この記事では、ホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手な理由と、黒井がお返しに選んだものの紹介をします。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手すぎる件

私はホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手です。

苦手すぎるあまり、お返しをしなくてはならないときに「恐怖」を感じてしまうほど。

お返しをするのに恐怖を感じるのは、おそらくイジメられていたことが原因だろうと思います。

恥をかかされた記憶

学生のころによく、女子生徒に告白をされたり、バレンタインデーにチョコレートをもらうという「イジメ」をされていました。

それがイジメなのかと疑問に思う人もいるでしょうけど、れっきとしたイジメです。

私に告白をするのも、バレンタインデーにチョコレートを渡すのも、私に気があるからではありません。

どちらも「黒井の反応を見て笑いのタネにする」ためにしていることなのです。

他にもいろいろなことをされましたが、殴る蹴るなどの肉体的な痛みより、上記のような「恥をかかされた記憶」のほうがずっと「長く」私に影響を及ぼしています。

以上が私がホワイトデーやプレゼントのお返しに恐怖を感じる理由です。

イジメについては、別の記事にまとめているので、気になる方は読んでみてください。

黒井が選んだホワイトデーのお返しは?

ホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手な黒井ですが、今回は恐怖を乗り越えてお返しの品を選びました。

といっても「こういうのがほしい」というリクエストはあったんですけどね。

沖縄在住の女子高生へのお返し

今年はTwitterで仲良しになった沖縄の女子高生から、チョコレートなどいろいろなお菓子の入ったバレンタイン・ギフトをもらいました。

2021年のホワイトデー。沖縄在住の女子高生から贈られてきたバレンタイン・ギフトの画像。

こんなにたくさん!

イラスト付きのお手紙と「いっしょにあそぼう券」などのチケットまで入っていました。

さすがにここまでしてもらって「お返しはありません!」では済まされないので、お返しを考えました。

リクエストとして・・・

  • 形として残るもの(文房具など)
  • 地元のお菓子

こんな感じのことを言っていたので、さっそくお返しを選びます。

横濱レンガ通り

ホワイトデーっぽくないかもしれませんが、黒井の地元のお菓子を食べてみたいとのことだったので、まずはこちらをお返しに選びました。

お菓子。横濱レンガ通りの画像。
Amazonの商品ページより出典

キャラメル風味が癖になるスイーツ。
横浜赤レンガ倉庫のレンガをイメージ。
アーモンドの食感と生キャラメルナッツが上品なハーモニーを奏でる人気商品。

Amazon商品ページより

ハーバリウムなボールペン

形として残るものということで、特別感のあるハーバリウムなボールペンを選びました。

ハーバリウム(herbarium)は、植物学において保存された植物標本の集積(植物標本集)を指す言葉である。こうした標本になっているのは、植物の個体全体または部分である。これらは乾燥処理が施され台紙に貼り付けられたもの(押し葉標本)が通例であるが、素材によってはアルコールや他の防腐剤に浸して保存されるもの(液浸標本)もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0
ハーバリウムなボールペンの画像。
Amazon商品ページより出典

そこまでキャピキャピしていない、大人な感じが気に入りました。

今回お返しにプレゼントしたのは、上の画像の「真ん中」にある緑とシルバーのボールペンです。

沖縄の女子高生へホワイトデーのお返しにプレゼントしましたが、Amazonの商品ページに「男性にも」と書いてありました。

男性が使っていても違和感のないデザインですよねえ。

ホワイトデーのお返しの感想をいただきました
ホワイトデーのお返しに贈ったボールペンで書いてくれたメッセージの画像。

ホワイトデーを待っていると「やっぱり別のものを選んだほうがいいのでは?」などと再び悩みだしてしまうので、お返しを決めたらすぐに贈りました笑

すると・・・

プレゼントしたボールペンで書いたメッセージを、写真に収めて送ってくれました。

かわいいことしやがるぜ。

てか字うまくね?

彼女へのお返し

彼女からはまだバレンタインデーのチョコレートをもらっていなかったりしますが、遊びに来たときにチョコを受け取り、その場でホワイトデーのお返しをしてしまおうかと考えています。

彼女からのリクエストは・・・

  • 安物でいいから指輪がほしい

とのことでした。

指輪

こちらです。

といって、これは私がいちから選んだものではなく、彼女が「こういうのがいい」と送ってきてくれたものの中から選んだものです。

最初はペアリングがいいと言っていましたが、私が拒否しました。

申し訳ないけど、指輪とか腕時計とか付けるの嫌なのよね。一日中キーボードを触っているので、指や腕に何かあると違和感がすさまじい。

指輪だけだとさみしいので美容パックもプレゼント

created by Rinker
毛穴撫子
¥676(2021/05/12 01:35:52時点 Amazon調べ-詳細)

彼女が「有名で人気のある商品だけど使ったことはない」と言っていた美容パック「毛穴撫子 お米のマスク」も一緒にプレゼントします。

上の商品はAmazonの「フェイスパック部門」でベストセラー1位を獲得しています。

実はこれらの他に彼女が「かわいい」と言っていた下着もプレゼントしますが、さすがに下着は載せないほうがいいよね、ということで割愛!

ホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手すぎる私が選んだものって? まとめ

ホワイトデーやプレゼントのお返しが苦手すぎるあまり「お返しをするのが怖いからプレゼントなんて贈らないで」と相手の気持ちを踏みにじることで有名な黒井が、何とかかんとかホワイトデーのお返しを選んだよ、という記事でした。

ホワイトデーのお返しってむずかしいよね。

バレンタインデーは「チョコレートを贈る」のが一般的だから、最初からある程度選ぶものが絞られているけど、ホワイトデーには定番がないのがつらい。

沖縄の女子高生に贈ったお菓子「横濱レンガ通り」はとてもおいしかったので、今後何かお返しをするときのために覚えておくことにしよう。

ホワイトデーのお返しに迷ったら「Amazon」を頼ろう

Amazon「ホワイトデー特集2021年」のスクリーンショット。

ECサイト大手のAmazonに「ホワイトデー特集 2021年」というページがあります(リンクは下)。ホワイトデーのお返しに迷ったらぜひご活用ください。

お菓子だけでなくジュエリーやお酒、小物の類まで幅広く掲載されており、さらに「恋人に」「職場の人に」などカテゴリ分けされているのでとても便利です。

コメント