【おすすめ漫画】甘々と稲妻はご飯が楽しみになる作品である。

甘々と稲妻_漫画紹介読書録

まいど。

漫画には癒やしを求める黒井です。

突然ですが、あなたにひとつ質問があります。

毎日のごはん、作業になっていませんか?

この記事で紹介する漫画「甘々と稲妻」を読んで、ぼくは「毎日ごはんをつくって食べることが作業のようになってしまっているかもしれない」と感じました。

甘々と稲妻は「日々の食事が作業になってしまった」現代人にこそおすすめしたい漫画です。甘々と稲妻を読むと、毎日のごはんが楽しみになりますよ。

スポンサーリンク

甘々と稲妻ってどんな漫画?

甘々と稲妻 表紙

漫画「甘々と稲妻」の主な登場人物は以下の3人です。

  • 犬塚さん家のお父さん
  • 娘のつむぎちゃん
  • 女子高生の飯田小鳥さん

 

半年前に妻を亡くし、父子家庭となった犬塚家。

高校教師の犬塚は、家事に仕事に大忙しで、娘をかまってやれない日々が続いていた。幼稚園に持っていかせるお弁当はいつも冷凍食品ばかり。夕食はコンビニやインスタント食品ばかり……

ある日、犬塚が帰宅すると、娘がテレビの通販番組を「かじりつく」ように見ているのを目撃する。

甘々と稲妻 第一巻より

紹介されている「圧力鍋」で煮込まれたお肉を見て、よだれを垂らしている娘の姿に愕然とし、犬塚は「娘にちゃんとしたごはんを食べさせてやりたい」と思うようになり――

甘々と稲妻は「料理のできない3人が」料理をする漫画。

漫画「甘々と稲妻」では、料理のできない人が、料理に挑戦します。

料理漫画としては、異例なのではないでしょうか。

犬塚さんは料理に関しては妻に任せきりで何も分かりません。つむぎちゃんはまだ幼稚園児ですし、小鳥さんは幼いころに包丁で指を切ってから包丁をさわれない包丁恐怖症です。

そんな「料理のできない3人」が、料理にチャレンジします。

素直なセリフに心をわしづかみにされる。

個人的に漫画「甘々と稲妻」の好きなところをあげるとしたら「素直なセリフ回し」ですね。

甘々と稲妻のキャラクターは、真面目な人も、ちょっと強面な人も、みんな心の中には優しくあたたかい部分があって、その優しさ、あたたかさが「素直なセリフ」ににじみ出ているんですよ。

登場人物の紹介。

漫画「甘々と稲妻」の主な登場人物は以下の3人です。

  • 犬塚さん家のお父さん
  • 娘のつむぎちゃん
  • 女子高生の飯田小鳥さん

何事にも真面目な高校教師の「おとさん」

甘々と稲妻 第一巻より

犬塚さん家のお父さんこと「おとさん」は、何事にも真面目な高校教師です。

教師としての仕事も、親としての仕事も一生懸命こなしている犬塚さんは、圧力鍋のテレビ通販を文字どおり「かじりつく」ように見ながらよだれを垂らしている娘の姿を見てハッとします。

妻が亡くなってから、コンビニやインスタント食品ばかりで、娘にろくなものを食べさせてあげられていない。そう気づいた犬塚さんは、愛娘つむぎちゃんのために料理を覚えようと決心します。

元気いっぱいで良い子の「つむぎ」

甘々と稲妻 第一巻より

いつも元気いっぱいなんだけど、ときどき「良い子になりすぎてしまう」つむぎちゃん。

おいしいごはんを食べたいことも、お父さんと一緒にごはんを食べたいことも、ずっとずっと言えないでいました。

甘々と稲妻の第一話では、犬塚さんとつむぎちゃん、それから女子高生の飯田小鳥さんの3人で「土鍋ごはん」を食べます。

土鍋で炊いたごはんのあまりの美味しさと、お父さんと一緒にごはんを食べられることの喜びで、つむぎちゃんは目をきらきらと輝かせて「食べるとこみてて!」と言いながら、口いっぱいにごはんを頬張るんです。

犬塚さんは、しあわせそうにごはんを頬張る娘の姿を見て「これからはおいしいごはんを食べさせてあげよう」と、料理を覚える決心をします。

食べることが大好きな女子高生「飯田小鳥」

甘々と稲妻 第一巻より

食べることが大好きな女子高生「飯田小鳥」さんは、犬塚先生の教え子であり、お食事処「恵」のひとり娘。ごはん屋さんのひとり娘ではあるものの、彼女は包丁にトラウマがあり、料理をすることができません。

甘々と稲妻の第一話では、閉店後のお食事処「恵」にやって来た犬塚先生とつむぎちゃんのために土鍋ごはんを炊いて、一緒に食べました。

このとき小鳥は、お父さんと一緒にごはんを食べるつむぎちゃんを羨ましく思います。

つむぎちゃんと同じように、小鳥もまた、日頃から親と一緒にごはんを食べることができていないんですね。

3人で土鍋ごはんをたいらげたあと、小鳥が犬塚先生に「私とごはんをつくってたべませんか?」と提案して、甘々と稲妻の第一話は終わります。

スポンサーリンク

【あとがき】食べることは生きること。

毎日のごはんを作業にせず、ゆっくりと噛んで、楽しく食べよう。

そう思わせてくれる作品でした。

しかし、甘々と稲妻はただの料理漫画ではありません。

作者の雨隠ギド先生が甘々と稲妻という作品をつうじて読者に伝えたいことは「食べることは生きることだよ」ということなのではないでしょうか。

甘々と稲妻では、料理のできない3人が料理に挑戦しておいしいごはんを一緒に食べるだけでなく、第一巻の時点では幼稚園児である「つむぎちゃんの成長」も描いています。

これまではお母さんの手料理を食べて成長してきたつむぎちゃんでしたが、半年前にお母さんを亡くしてしまい、これからはお父さんの手料理を食べて成長していく。

甘々と稲妻には、このような「ごはんを食べて成長する」という過程が大切に描かれています。

お母さんの愛情がこめられた手料理と、お父さんの愛情がこめられた手料理。その両方を食べて、つむぎちゃんはどんなふうに生きていくんでしょうね。

祝! 甘々と稲妻 完結

最終十二巻をもって、漫画「甘々と稲妻」は完結しました!

つむぎちゃんは、どのように成長したのでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んでちょっとでも「イイね!」と感じたら、SNSによる拡散や、ほしいものリストからの援助をしていただけると助かります。

読書録漫画
スポンサーリンク
シェアをするまでが読書!
黒井さんは他にもいろいろやっている
黒井さんはひとりじょうず

コメント

タイトルとURLをコピーしました