災害時に! iPhoneを10回フル充電 大容量30,000mAhのモバイルバッテリー【PR】

広告


まいど、黒井です。

今回は「imuto」様よりiPhoneを10回フル充電できる30,000mAhの大容量モバイルバッテリー「Taurus X6」を提供していただきました!

現在ぼくは「10,000mAh」のモバイルバッテリーをつかっています。10,000mAhでもiPhoneを3回フル充電できるのに……

その3倍ですよ!!!

 

ぼくは持ってないけど、新しい「MacBook」も充電できるんですって。しかもフル充電が2回できます。

パソコンすらガッツリ2回も充電できちゃう大容量30,000mAhのモバイルバッテリー、さっそく開封しましょう!

広告

imuto 大容量30,000mAhモバイルバッテリー Taurus X6 を開封するよ!

こちらがTaurus X6のパッケージ。英語です。

「機材」って感じがしていいね。

 

オープンっ!!!

 

中身をすべて取り出しました。

  • Amazonでレビューしてね、っていう紙
  • マニュアル(日本語でも書いてあったよ)
  • 充電用のUSBケーブル
  • シャカシャカ素材のキャリングポーチ
  • Taurus X6本体

 

imuto 大容量30,000mAhモバイルバッテリー Taurus X6 の外観を見てみよう!

ぼくのつかっている「iPhone6」を乗っけるとこんな感じ。

ひと回り、いや、ふた回りくらい大きいですね。

 

左側面には「本体充電用のUSBポート」が。

 

右側面に「ボタン」がひとつ。

ボタンはこれだけ。操作も簡単です。

 

ボタンを押すと、本体正面にあるスクリーンにバッテリーの残量が「数字で」表示されます。

これまでいくつもモバイルバッテリーをつかってきましたが、バッテリー残量が数字で表示されるものはなかったなあ。

バッテリー残量が数字で見られると、かなり使い勝手がよさそうです。

 

上部にスマホやタブレットを充電するための「USBポート」が3つ。

3つの機器を同時に充電することができますよ!

30,000mAhの大容量で3つの機器を同時に充電できますから、災害時などには「家族みんなのスマホ」を一気に充電したり、大活躍しそうですね。

 

imuto 大容量30,000mAhモバイルバッテリー Taurus X6 をつかってみた。

30,000mAhの大容量。3つの機器の同時充電。数字で確認できるバッテリー残量。大容量かつ使い勝手の良さそうなTaurus X6ですが、実際につかってみたらどんな感じなの?

ということで、ここからは実際につかってみての感想です。

 

【良いところ】やっぱ「大容量は正義」だわwww

Taurus X6のバッテリー残量は、届いた時点で「93%」あり、すぐにつかえる状態でした。じゃあつかってみよう、と手元にあったバッテリー残量「50%」ほどのiPhone6をつないでみることに。

問題なく充電することができ、充電するスピードもなかなか速い。

iPhone6を「100%」まで充電して、Taurus X6のバッテリー残量を見ると、まだ「91%」でした。iPhoneを「50%→100%」に充電したのに、Taurus X6のバッテリーは「2%」しか減っていない!!!

あああ、まじ大容量って、正義だわあwww

 

【悪いところ】持ち運ぶのにはちょっと「重い」

モバイルバッテリーは大容量になればなるほど本体が大きく、重くなってしまいます。大容量30,000mAhを誇るTaurus X6の重量は「675g」で、「iPad proの13インチモデルよりちょっと軽い」くらい。

あまり「気軽に外へ持ち運びできるよ!」とはいいづらい。

でも、長期間にわたりスマホやタブレットの充電ができない状況、たとえば「停電が起こったとき」や「災害時」には、とっても頼りになりそう。

持ち運ぶのにはちょっと重いけど、テレビをつければ「ミサイルが」「南海トラフ地震が」と何かと物騒な今日このごろ、大容量30,000mAhのモバイルバッテリーがあるということは、大きな安心につながります。

防災グッズのひとつとして、持っていてもいいかもしれません。

 

Taurus X6は「何かあったときのために」持っておきたいモバイルバッテリーでした。

ぼくがいま使っている「10,000mAh」のモバイルバッテリーは、小さくて軽いので取り回しがしやすく、使い勝手が良い。

Taurus X6は「30,000mAh」の大容量だけど、大きいし、重い。

でも、どこかの国からミサイルが飛んできたり、地震や台風で大規模な停電が起こったりしたとき、「10,000mAh」のバッテリーでは、せいぜいスマホを3回フル充電するのが限界。

ふだん使いなら「10,000mAh」あれば充分ですけど、何かあったときのための「防災グッズ」として、大容量30,000mAhのバッテリーを持っておくという考えがあってもいいよなあ、と、しみじみ思いました。

 

スマホはひとり1台

そんな時代だからこそ、防災グッズにバッテリーを。

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です