心が苦しい時に試してほしいたった1つのこと

スポンサード

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
心が苦しい時はだれにでもあります。でもそれをほうっておくと「うつ病」になってしまうかもしれません。

心が苦しいというひと、うつ病などの精神病で悩んでいるひと、そうと決まったわけではないけどうつ病の疑いがあるひとはもちろん、自分には関係ないと思っているひとも、ぜひ読んでください。

スポンサード

うつを侮るな

現代社会はストレスにまみれています。でも「ストレスを感じないようにすればいいんでしょ?」とか「ストレス解消してるから大丈夫」とストレスをなめてかかっているひとも多いです。

「自分は幼いころから明るくて元気なことだけが取り柄だし、精神病になんてかからないよ」というひとも見かけます。

またあろうことか経験したこともないのに「うつは甘えだ」とか「根性で治る」という古い考えをもった人間も未だにいます。

うつ病を侮らないことです。他人に向かって「うつは甘えだ」というよりも「明日は我が身」と考えたほうがずっといい。

心は風船

753f91b12a42285532e9b0ab0d00c109_m

ぼくが初めて精神科を受診したとき、担当の精神科医がぼくに「心の仕組み」について話してくれました。

先生いわく「心は風船」なのだそう。

心の風船にはたえず空気という名のストレスが入り込んでくる。それをほうっておくと、風船はいずれストレスでいっぱいになって割れてしまいます。

そうなると「うつ病」などの精神病にかかってしまうんです。

ストレスの個人差

ストレスの受け方には個人差があります。自分にとっては苦でないことも、他の誰かにとっては耐え難いことかもしれないんです。

真面目で努力家の人間ほどうつ病にかかりやすいというデータがあります。悪くいえば「バカ正直で完璧主義で頑固で融通の効かない」ひと。

近年では「頭がいい人」ほどうつ病にかかりやすいということも分かっています。

そういうひとたちは、そうでないひとよりも多くのストレスを受けていて、ストレスを上手く解消することのできない状態になってしまうと、うつ病にかかってしまう恐れがあります。

あなたはどんなひとですか?

どういったストレスを受けていますか?

自分はいまの生活のなかで何が「嫌」で何に「不満」や「不安」を抱いているのか。また反対に「どんな生活をしたいか」ということ。この2つについてときどきでいいので考えてみてください。

風船をイメージ(意識)してみましょう

心が苦しい時は「自分の心のなかを意識」してみましょう。しかし「心」や「精神」にはかたちがありません。だから心を意識することはとてもむずかしい。

そこで「風船」をつかうんです。自分の心のメタファーとして風船を想像してみてください。

あなたの風船はストレスで破裂しそうになっていませんか?

理由もなくふいに涙が出ることがあるひとは要注意です。それは心の風船に亀裂が入り、今まさに張り裂けようとしているのかもしれません。

可能なら静かなところでひとりになり、目を閉じ、ゆっくりと呼吸をしながら、風船をイメージしてください。

アプリなどをつかって「自然音」を聴きながらイメージしてみるのもオススメです。

 

風船がイメージできたら、つぎのその風船からゆっくりと空気がぬけていく様子を想像します。

このとき、ゆっくりと息を吐きながら行ってください。息を吐くといっしょに風船の空気がぬけていくんです。

1日に5分でもかまいませんから、以上のことを実践してみてください。心が苦しい、心がつらいと感じたときにやってみるのもいいですし、1日のはじまりや、終わりにおこなっても問題ありません。



スポンサード

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です