PSVITAのメモリーカードは64GBがおすすめ!その3つの理由

広告


どうも、黒井みなみ(@961373)です。
ぼくはPSVITAを発売日に購入して以来、ずっとPSVITAを使いつづけてきました。最初はよく分からなかったので「とりあえず容量は小さくていいか」ともっとも小さい「4GB」のメモリーカードを購入したんですけど、これが失敗だった!

PSVITAのメモリーカードは「64GB」をおすすめします!

 

広告

1.体験版ってこんなにあるの!?

PSVITAを購入した当初、ぼくは「メモリーカードに入れるものなんてゲームのセーブデータくらいでしょ?」と思っていました。昔のPlayStationのメモリーカードと同じ感覚だったんですね。

ところがPSVITAを購入し、インターネットに接続してPlayStation Storeにログインしてみると「体験版」という文字が。

「無料で遊べるのならひととおりダウンロードしてみようかな」と思ったんですが、ぼくが購入した「4GB」のメモリーカードでは体験版を遊び尽くせない!

PSVITAを購入したばかりのころならメモリーカードにも何も入っていないので体験版を遊ぶことができたんですが、【Minecraft: PlayStation Vita Edition】のダウンロード版を購入してからは、体験版をダウンロードしようと試みても「容量が足りません」と表示されることが多くなり、その度にため息をついていました。

関連:PS Vita版のマインクラフトが快適な件について

2.基本プレイ無料ゲームの登場で・・・

PSVITAが発売された当初にはなかったんですが、ここ数年、PSVITAにもスマホゲームのような「基本プレイ無料」をうたうゲームの配信がはじまりました。

基本プレイ無料ゲームのなかには「ファンタシースター」や「機動戦士ガンダム」などの人気作もあり、ガンダム(というよりザク?)好きのぼくとしては「こりゃあプレイしなくては男がすたる!」ということで、ダウンロードを試みるんですが、やっぱり「容量が足りません」のメッセージが。

「認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを」

3.PSPのゲームもできる!

PSVITAでは「ゲームアーカイブス」というサービスを利用して「PSP」のゲームをダウンロードし、プレイすることができます。

ぼくはPSVITAに【モンスターハンター ポータブル 2nd G】というPSP時代の名作をダウンロードして、ときどき遊んでいます。それについて記事に書いているので、よろしければそちらもご覧ください。

関連:PS Vitaでモンハン:PS Vitaのモンスターハンターが快適な件について

他にも【機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V】というガンダムの戦略シミュレーション・ゲームも入れて遊んでいます。

このようにPSPのゲームをダウンロードして遊ぶ場合にも、そのデータは(セーブデータだけでなくゲームそのもののデータも)メモリーカードに保存されます。

64GB買っときゃよかった・・・

本気で後悔しましたね。PSVITAのメモリーカードは「SDカード」なんかとくらべるとちょっと高価で、購入するのに躊躇しちゃうんですよ。

でも「大は小を兼ねる」のだなと、思い知りました。

スマホの容量も小さいのでいいかなんていって、すぐに足りなくなってたなあ。ぼくはそういう人間なのかもしれません。

PSVITAの購入、もといPSVITAのメモリーカードの購入を考えているひと、これだけは言っておく・・・

メモリーカードは64GBにしといたほうがいいぜ。

 

関連:PSVITAが熱い!2015年末年始に出る注目のPSVITAゲームタイトルまとめ

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です