メモがどこかに行っちゃった! 面倒くさがりでズボラな人に「おもちゃ箱式ノート術」

面倒くさがりやズボラでもできる_おもちゃ箱式ノート術 仕事




まいど、黒井です。

多くの「ひきこもり」や「ニート」の例にもれず、ぼくは面倒くさがりでズボラな人間です。

ノートを購入して「やることリスト」などを書くようにしても、数日で続かなくなってしまうのが当たり前……

ノートをしっかりと管理することができず、すーぐほったらかしになっちゃうんですよね。

黒井
そこで気づいたのよ。ノートを管理しなければいいんだって。

 

しかし、いまでは「ノートをとること」がバッチリと習慣になっています!

ぼくを変えてくれたのは、ある書籍を読んで得たノウハウを自分流にアレンジした「3つのルール」です。

 

現在のぼくは、やることリストや日々の気づき、疑問に思ったこと、ブログのネタ、それから、ほしい本のタイトルや買い物リストなどのメモ書きまで……

すべて「3つのルール」に従って、ノートに記入しています。

 

3つのルールとは……

  1. すべてを一冊のノートにまとめ、ノートを管理しない
  2. 外出時にはノートを使わずアプリを使う
  3. 月にいちどノートを見返す

 

ぼくはこの「3つのルール」でもってノートを運用することを「おもちゃ箱式ノート術」と呼んでいます。

おもちゃ箱式ノート術では「ノートの管理」をしません。だから面倒くさがりでも、ズボラな人でも、楽に続けられるんです。

「おもちゃ箱式ノート術」3つのルール。

おもちゃ箱式ノート術_3つのルール

おもちゃ箱式ノート術のコンセプトは「管理しない」ということ

なるべく省エネルギーでノートを運用するために、極力ノートを管理しません。そのために「3つのルール」を守る必要があります。

 

【1】すべてを一冊のノートにまとめ、ノートを管理しない。

黒井
ズボラなんで、ノートは管理しましぇーん。

多くの人は内容によってノートを使い分けていると思います。

思えば、小学校に入学すると同時に「こくごのノート」や「さんすうのノート」といった具合に、

教科ごとにノートを使い分けることが当たり前というふうに教わりましたよね。

でも、大人になると学生のころのように「この時間はこれ」と時間割が組まれているワケではありません。

 

だからノートは「一冊だけ」でいい。

いろいろなものが雑多に入っている「おもちゃ箱」のように、ナンでもカンでも一冊のノートに書いてしまう。

あえて管理をせず「この中を探せば必ずある」という状態をつくりだすことで、ノートは格段に運用しやすくなります。

 

お気づきの方もいるかと思いますが、この考えはベストセラーとなった「情報は一冊のノートにまとめなさい」がベースとなっています。

 

外出時にはノートを使わずアプリを使う

黒井
電車のなかでノートを出してメモをとるなんてメンドクサイことはしませーん。

外出時にはノートをつかいません。

とくに電車やバスに乗っているときにノートを開いて手書きでメモをとるのはメンドクサイ!

 

外出時にはノートの代わりに「メモアプリ」を利用します。

理由はカンタン。

わずらわしいから。

スペースの限られている電車やバスのなかでノートと筆記用具を取り出し、揺れに耐えながらノートをとる……

考えるだけでイヤですね。

 

とりあえずアプリにメモをしておき、落ち着いたときにまとめてノートへ書き写すようにします。

あくまでも「とりあえず」

「おもちゃ箱式ノート術」は面倒くさがりでズボラな人でも簡単に運用できるノート術を目指しています。

 

だから【ルール1】に書いたとおり、すべての情報を「おもちゃ箱のように」一冊のノートに入れてしまうのが大前提。

ちょっぴりメンドウだけど、管理をするというコストを「ゼロ」にするべく、外ではアプリにメモをとり、落ち着いたらノートに書き写すこと。

メモアプリは自分のつかいやすいものならなんでもいいよ!

【3】月にいちどノートを見返す

黒井
月にいちどは「情報の棚卸し」をしよう。

ある特定のメモを探すケースを除いて、ノートを見返すのは「月にいちど」だけ。

ぼくは月初にノートを見返しています。

 

ノートを見返すときに、してほしいことがあります。

それは、

ノートを見返したときに再発見した「長期保存したいメモ」をピックアップして「エバーノート」にまとめるということ。

 

ぼくの場合、こんなメモをエバーノートにまとめています。

  • ブログ記事のネタ
  • ほしいと思って書いたけどまだ買っていないもの
  • 気づきや学びのメモのなかでもピンときたもの
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-30_19_18_40

エバーノートでは、同じ種類のものを一緒くたにまとめています。

上のスクリーンショットは「ほしいけどまだ購入していない本」のリストです。

エバーノートの「チェックボックス」を利用して、リストをつくっています。

黒井
関係ないけど、読みたい本が多すぎてまったく追いついてないwww

 

ノートはけして「書いて終わり」ではありません。

しばらく時間をあけてから読み返し、価値の再発見を行うことです。

 

「おもちゃ箱式ノート術」では、おもちゃ箱のように一冊のノートにすべての情報を入れておくので、特定のメモを探すのに手間がかかる……

だから「再発見した価値」だけはべつの場所(ぼくの場合はエバーノート)に逃がしてやる必要があります。

しいていえば、この「価値を逃してやる」ということが、おもちゃ箱式ノート術で唯一の「管理」でしょう。

 

ノートを見返すことで「価値の再発見」をすることだけは、しっかりとやりましょう。

そうしないと、役立たずなノートになっちゃいますからね。

ぼくはミドリの「MDノート」をつかっています

ぼくがつかっているノートはミドリの「MDノート」

大きさは「A5サイズ」でちょっと大きめ。

「おもちゃ箱式ノート術」では、外出時にノートをつかわないので、大きめサイズを買っておいたほうが使い勝手がいいんです。

 

ミドリの「MDノート」は非常にシンプルなデザインで、一見すると何のヘンテツもないふつうのノートなんですが……

地味だけど便利な2つのお気に入りポイントがあります。

 

【1】しおりがついている

黒井
いまどき「ひものしおり」がついたノートなんて珍しいでしょ?

ノートは「はっ!」と思いついたときに「パッ!」とメモをとれなければ意味がありません。

MDノートには、何か思いついたときに素早くメモをとれるように「ひものしおり」がついているところがお気に入り。

 

自分でしおりを挟んでおけば良くない?

という意見もあるでしょう。

しかし、紙のしおりは「はらり」と落ちてしまうことがあります。そのせいで失くしてしまうこともあるでしょう。

素早くノートをとりたいときには、ちょっぴり邪魔っけです。

「ひものしおり」ならノートと一体になっているので落っことしてしまうことも、失くしてしまうこともありません。

【2】どのページもフラットに開いておける

黒井
フラットに開いておけるから「書き写し」作業がカンタン!

MDノートをおすすめするもうひとつのポイントは「どのページでもノートをフラットに開いておける」こと。

MDノートは「どのページでも」ノートを180度フラットに開いておくことができます。

これが便利なのよー

 

「おもちゃ箱式ノート術」では、月にいちどノートを見返して、再発見した価値のあるメモをエバーノートに書き写します。

このとき、ノートをフラットに開いて置いておけると非常に便利です。

フラットに開いたMDノートを見ながら、さくさくとエバーノートへ書き写すことができます。

 

面倒くさがりでズボラな人でもできる「おもちゃ箱式ノート術」まとめ

まとめ

「おもちゃ箱式ノート術」3つの基本ルールは……

  1. すべてを一冊のノートにまとめ、ノートを管理しない
  2. 外出時にはノートを使わずアプリを使う
  3. 月にいちどノートを見返す

 

「おもちゃ箱式ノート術」では、ノートを分類したり管理したりせず、おもちゃ箱のようにすべての情報を一冊のノートにぽいぽいっ、と入れていきます。

「とりあえずこのノートの中を探せば必ずある」という状態をつくりだすこと。

 

管理するのは「月にいちど」ノートを見返すときだけ。

価値を再発見したメモや、長期保存をしたいメモをピックアップしてエバーノート(他の何かでももちろんOK)にまとめること。

 

これで、面倒くさがりでも、ズボラでも「たしかメモをとったはずなんだけど、どこ行っちゃったんだぁ?」ということがなくなり、ノートの管理をつづけやすくなります。

おためしあれ!