心が苦しい?それなら一緒に「D.W.ニコルズ」を聴こう!

D.W.ニコルズのミニアルバム「スマイル」のジャケット写真
広告

心が苦しいときってありますよね。漠然とした将来への不安だったり、仕事やプライベートでの人間関係だったり、誰かとくらべて落ち込んだときだったり。

ぼくは「うつ病」です。だからというワケじゃありませんが、ほとんど毎日のように「心が苦しい」と感じながら生きています。

そんなぼくは「心が苦しいとき」に効く「音楽」を知っています。

広告

悲しくなったら一緒に「D.W.ニコルズ」を聴こう

D.W.ニコルズのミニアルバム「スマイル」のジャケット写真

ぼくは「心が苦しいな」と思ったとき、必ず「D.W.ニコルズ」というバンドの曲を聴きます。D.W.ニコルズはいつも「言ってほしいこと」を歌にしてくれるんです。

心が苦しいとき、落ち込んでいるとき、なんだかやる気がでないとき。ぼくが誰かに言ってほしいことって「頑張れ」とか「諦めるな」とか、そういうことじゃない。

「頑張れ」とか「諦めるな」というのはいい言葉だけど、心が苦しいときや落ち込んでいるときにかけられると「プレッシャー」を感じるし、悲観的になっているから「自分にはムリだ」ともっと落ち込んでしまいますよね。

キミがさがしているものはキミの心の中にあるよ
グッドラックの神様ってのはスマイルをみつけて宿るの

D.W.ニコルズ – スマイル より

 

D.W.ニコルズの言葉は、頑固で凝り固まったぼくの心にも「すーっ」と入ってくるんです。

ぼくが「しんどい」とか「辛い」とか「悲しい」と言うと、母が気にかけてくれて「そういうときは笑いなさい」と言ってくれるんですけど、上手く笑えないんです。「笑顔」というのは自然に出るものであって、心が苦しいとき、落ち込んでいるとき、やる気がでないときに、無理やりするもんじゃない。

でもD.W.ニコルズはいつも「笑え」と言っているのではなく「一緒に笑おうぜ」という感じで、自然と笑みが湧き上がってくるんです。

息ができなくなるくらいのどんなにかなしいできごとも
いつか笑って話せたなら その時はだまって聞いて
できれば笑って聞いて

D.W.ニコルズ – 波瀾爆笑 より

 

「楽しい」は、つたわる

D.W.ニコルズのミニアルバム「スマイル2」のジャケット写真

D.W.ニコルズは「とにかく楽しそうに」音楽をしています。自分たちの「楽しい」がたくさんのひとに伝わっていくことを信じているんです。

あくびがうつるみたいに
キミが笑えないときは ボクの笑顔が
キミにうつりますように

D.W.ニコルズ – あくび より

 

D.W.ニコルズの「楽しい」は、ディスクにもちゃんと込められています。あふれんばかりに込められています。もちろんミュージック・ビデオにもね。

 

とくに聴いている2枚はこれとこれ

スケッチブック-ハート

ぼくが「心が苦しいとき」や「悲しいとき」や「やる気がでないとき」もっともよく聴いているD.W.ニコルズのミニアルバムが「2枚」あります。その2枚を紹介して、この記事を終わります。

 

D.W.ニコルズのミニアルバムシリーズ「スマイル」の第3弾となる「スマイル3」も発売が決定しています。2016年04月06日発売!

 

関連:元気が出る本5選!もうダメだ、もうイヤだと思ったときに読む本

広告




フォローしてね!

感想をシェアしよう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です