禁断のラムネ?チョコ?でも食べるとスースーする変なお菓子。

広告


まいど、黒井です。

出先で見つけちゃいましたよ、変なお菓子。

その名も「禁断のラムネ」だって。

パッケージも何だかファンタジックだね。

広告

禁断のラムネ(チョコ)

IMG_0334

今回みつけたのは、カバヤの「禁断のラムネ」です。

「ラムネ」と書いてあるのに・・・

IMG_0335

準チョコレート菓子、ですって。

準チョコレート菓子って何だ?

「準チョコレート菓子」とは準チョコレート生地が全重量の60%未満で、ナッツや、ビスケットなど他の食材とを組合わせたチョコレート加工品のことです。

引用:グリコ

とのこと。

ようするに「チョコレートは全体の60%未満」で「それ以外は別の食材」である「チョコレート菓子」のことみたい。

禁断のラムネを食べてみよう!

IMG_0336

中身はこんな感じ。

パッと見では「何か粉のかかったラムネ」にしか見えません。

IMG_0337

いただきます。

んん!?

ラムネ味のチョコだ!

まぶしてある粉は、よくある「ひんやりパウダー」みたい。その下にラムネ味のチョコレートがあって、中心にガリガリとした食感のラムネが入っているんです。

パチパチするキャンディーも入ってますね。

未だかつてないほど爽やかなチョコレートという感じ。

おいしいかおいしくないかは置いておいて、とにかく「新しい味」ですよ。

ぼくはリピートまではしないかなあ。でもけしておいしくないワケじゃありません。不思議な味と、不思議な触感・・・

これは食べてもらうしかないなあ(笑)

カバヤの「禁断のラムネ」は、ラムネでありチョコであり、口のなかがスースーする「新しいお菓子」です。

あとがき

あとがき

日本人は「期間限定」に弱いといいますが、ぼくが一人でその平均値を大きく下げているような気がします。それくらい期間限定に弱い。あと地域限定とかねえ。

そういうのって、それこそ「禁断のラムネ」とかみたいに「変なもの」が多いですが、ときどき大当たりがあったりして、面白いんですよ。こうしてブログのネタになりますしね!(キリッ

広告

広告


フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です