健康第一!自分の身に表れた症状を書き出して整理してみる。

スポンサード

まいど!ニートブロガーの黒井(@961373)です。

しばらく体の調子と心の調子をガックリと崩していました。ブログも11月8日以降ひとつも書いておりません。これは実に5日ぶりの記事です。

まだ胸を張って「復活!」と言えるほど調子はよくありません。

でもさすがに何もしない日を4日も過ごしたんですから、そろそろ何かしらやらないとマズい。そこで考えたのは「そもそもどうしてこんなに体調が悪いんだ?」ということでした。

スポンサード

ぼくの健康状態は最悪!?

PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V

布団の上に横たわったまま、ぼくはノートに自分の健康について書いてみることにしました。まず最初に「自分に起こっている症状」を箇条書きにします。

【体の症状】

  • 体がダルい。
  • 内蔵もダルい感じがする。
  • 肝臓が悪いんだろうなぁ、太ってるし。
  • 太っている、とても。
  • 肩こりがひどい。痛みもアリ。
  • 体力がガクッと落ちた。
  • 顎関節症がある。でも痛みはない。
  • 湿疹ができる。ストレスが原因かもしれない。
  • ちょっと歩くと足が痛くなる。
  • 歩かなくても足が痛くなる。

【心の症状】

  • うつ症状。ひどいときはそりゃあもうひどい。
  • 自殺願望がある。こちらもひどいときはヤバイ。
  • 無気力。やる気は皆無。何もしたくない。
  • 社会不安障害。社会的、社交的なシーンがダメだ。
  • コミュニケーションにも障害アリ。ひとが怖い。
  • ひきこもり。ひとりで外に出るのが恐ろしい。吐くことも。

【懸念】

  • 親知らずの水平埋伏歯があるかも……
  • 腋に粉瘤があるかも……
  • 太ってるから糖尿や痛風もオソロシア……

ぜ〜んぶ書き出してみるとこんな具合。まだ25歳なんですけどね。この数はオヂイチャンにも引けを取らないでしょう。

さらに「心の症状」は細かなことをすべて捉えようとしたらまだまだたくさんあるはずです。上の箇条書きではそれをザックリ仕分けて書きました。

うん……

ザ、不健康ですね。

少しずつでも「健康」になりたい。

s_m6rT4MYFQ7CT8j9m2AEC_JakeGivens - Sunset in the Park-2

健康は生きる上での基盤です。人生を「大きな木」に例えるならその根っこが「健康状態」にあたると思うんですよ。

健康状態が悪いことを知りながらそれを改善せずに生きることは、根が腐ってもろくなってしまっていることを知りながら木を育てようとしていることに等しい。

自殺行為とも言えます。

ぼくの憂うつな1日。

ぼくの朝は「憂うつな気持ち」とともにはじまります。朝はとにかくしんどいです。もよおしているのに体が動かず漏らしてしまいそうになるくらいですからね。

頭から体へ送られるはずの「動け」という命令が、どこかで遮断されてしまっているかのよう。指一本と動かせないこともあります。

それから正午にかけて少しずつ頭と体が働くようになっていきます。ときどきお昼をすぎてもまったく頭が働かないことも……。そういうときは早々に諦めてごろごろします。

自分を責めて「沼」に吸い込まれていくのだけは避けねばなりません。

昼食をちょっとでも多くとってしまうと、しばらくして今度は内蔵がダルくなります。座っているのもしんどくなり、問答無用でお布団に横たわります。

朝食をきちんととれば、昼食をとりすぎてしまうこともないんでしょう。

でも朝はものを食べられる余裕がありません。呼吸を整えて、何とか布団から這い出るのでせいいっぱいなんです。

横たわっていると食べたものが消化されていくからなのか、少しず〜つ楽になっていきます。まともに動けるようになるのは午後5時〜6時ごろ。

夜になると「さっきまでの憂うつはどこへ?」と思うこともしばしば。

しかし、夜も深くなるとふたたび憂うつになります。

音楽を聴いていたり、動画やテレビを見ているときはまだ良いんです。さて寝るかいと布団にもぐるやいなや、頭のなかをネガティブが駆け回るようになります。

眠りに落ちるまでの何もしていない時間は、ぼくの頭に余計なことを考えさせるんです。そうして眠れなくなってしまう。

 

せめて「布団にもぐらなくてもいい」ようになりたい。

いきなりはむずかしいでしょうけど、少しずつ1日をとおして布団にもぐらなくても大丈夫なようになっていけたらいいなと考えています。

それが最初の大きな目標かなぁ。

心の問題で起こるダルさは「いますぐに」とはいかないから、まずは少しずつ「痩せる」ことからですね。以前にダイエット宣言をしたんですけど、うつが悪化したり落ち着いたりするながら、結局ふりだしに戻っちゃったんですよ。

けっこう多くの人に読んでもらえた(いまも読んでもらえている)記事シリーズなので、ずっこけたことを言えずにいました。ごめんなさい。

でもダイエットも1日では成功しないんだからブログと一緒ですね。休んでしまってもまた再開すればいい。そう思って少しずつがんばろう。

健康のための3つの習慣。

s_photo-1466019251091-1933ce15ba04
  1. まいにち体重と体脂肪率を計る。
  2. 1分でもいいから朝の時間に瞑想を取り入れる。
  3. 余計なことをせず早寝早起きを心がける。

まずはこの3つを習慣づけていきたい。

まいにち体重と体脂肪率を計る。

まいにち9時に……みたいなルールは作らず、とりあえず朝起きたら体重計に乗るというくらいのゆる〜い感じでやっていきます。

条件を揃えることより、まず計ることが大事ですからね。

1分でもいいから朝の時間に瞑想を取り入れる。

いわゆるマインドフルネス瞑想というヤツで、こちらもゆる〜く簡単なものです。イスに座るか布団に楽に横たわったまま、目を閉じて、いまこの瞬間の呼吸に集中する。それだけ。

高い集中力が必要なので最初は1分でもいいことにします。少しずつ伸ばしていって、最終的には10分くらい瞑想ができるようになるといいなぁ。

余計なことをせず早寝早起きを心がける。

健康の基本は早寝早起きです。ぼくは布団のなかで静かにしていると良からぬことを考えてしまうので、眠るときはいつもiPadでYouTube動画を見ています。

するとネガティブなことを考えずに済みます。でも音や光があると眠れなくなるので、かえって入眠時刻は遅くなってしまうんです。たぶんきっと。

だから余計なものは見ずに寝よう。ネガティブなことが頭のなかをめぐっても、なるべく反応しないようにして心を落ち着かせようと思うんです。

少しずつ「健康」を目指すぞ!

ムリをしてまたうつがしんどくなるのはゴメンなので、ムリをせず、ゆっくり、少しず〜つ健康のほうへ歩いていけたらいいですね。

ようし! やるぞう!

その前にまず読み散らかしたマンガを片付けよう。

 

スポンサード

更新情報はここから!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です