高音質ヘッドホンのおすすめをドーンとまとめます!【随時更新】

スポンサード

まいど!黒井(@961373)です。

音楽を聴くとき、何を使ってますか?

iPhoneを買ったときについてきた「白いイヤホン」で聴いているのだとしたら、ちょっともったいないですよ。

高音質なヘッドホンで音楽を聴きましょうよ!

この記事では、ぼくが本気でおすすめする高音質ヘッドホンをどどんと一挙にまとめて紹介します。

おすすめするのは入門用の1万円台で購入できる高音質ヘッドホンから、とにかく高音質にこだわったヘッドホンまで幅広くまとめました。

高音質ヘッドホンで音楽を聴くと、生活が劇的に変わりますよ。

紹介しているヘッドホンのなかには現在は所有していないヘッドホンもありますが、所有していないものにおいても販売店でよく試聴した感想を記事にしています。

スポンサード

【おすすめ1】ATH-A900X – Audio-technica【高音質ヘッドホン最初の1台として!】

51W9IbLbs4L._SL1000_

A900Xの特徴は?

A900Xは「安心と信頼をもっておすすめできる高音質ヘッドホンの入門機」です。

実売価格1万円台のヘッドホンでここまでの音が鳴るのかと驚かされますよ。

どんな種類の音楽も美しく上品に鳴らしてくれます。いろんなジャンルの音楽を聴く人の「最初の1台」としておすすめです!

個人的には最初の1台としておすすめのヘッドホン、第1位です!

とりあえずこのヘッドホンを購入すればまず不満は出ない。と安心しておすすめできる高音質ヘッドホンのひとつです。

A900Xの音質は?

A900Xの従来機に当たる「A900」と比べて、A900Xの音質はより透明度の高い音ですね。

従来機でも音は充分にクリアで、ひかえめな低音とキラキラ輝く美しい高音の出る「特徴がないのが特徴」というオールマイティに使えるおすすめのヘッドホンでした。

それがA900Xとなり、音はクリアというより「透明」と言いたくなるような繊細さを帯び、オールマイティのレベルがぐっと向上しました。

空気のような音のするヘッドホンです。

A900Xの付け心地・使い心地は?

A900Xは50ミリ径という大型の振動板(ヘッドホン内部で音が作られる部分。一般的に振動板が「大きい」ほど高音質になると言われている)が採用されているため高音質です。

しかし振動板が大きくなればなるほどヘッドホンの本体サイズや重量も大きくなってしまいます。

ところがA900Xを製造しているAudio-technicaというメーカーのヘッドホンは付け心地が良いことでも有名なんですよ。

Audio-technicaの屋内用大型ヘッドホンには3Dウイングサポートという機構が搭載されていて、重さを感じにくいやわらかな付け心地です。

完全屋内用のヘッドホンでケーブルが3メートルあります。

いつも家で音楽を聴いているよ、という人におすすめです。さすがにこのサイズのヘッドホンを屋外で使うのはむずかしいね。

A900Xの音質の傾向は?

特徴がないのが特徴という感じで、どのような音楽でも美しく軽快に鳴らしてくれます。

その一方で上品さゆえに重厚なロックやダンス・ミュージックなどの音楽を聴くときにはやや迫力に欠ける印象があります。

聴けないというほどではないんですけどね。

流行りのアイドルソングやポップス、Jポップ、またはオーケストラやジャズをよく聴く方に特におすすめです。

どれを購入したらいいか分からない人は、こちらのヘッドホンを購入しておけば間違いありませんよ。

ヘッドホンを初めて購入する人がAudio-technicaの「A900X」を選ぶべき4つの理由。

2016.08.30

 

【おすすめ2】MDR-1A – SONY【重厚でどっしりとしたバランス!】

410RZXBQEjL

MDR-1Aの特徴は?

パッと見ると大型のヘッドホンですが1.2メートルのリモコン・マイク付きケーブルが付属します。

スイーベル機構(ヘッドホンの折りたたみ機構)が搭載されていることもあり、ポータブル用途としても使用できる高音質ヘッドホンです。

初めてこのヘッドホンで音楽を聴いたとき、ぼくは「この音質で持ち運びできるのか!」と感動したのを覚えています。

MDR-1Aの音質は?

MDR-1Aに限らずSONYの高音質ヘッドホンは低音から高音にかけて音の出力がピラミッドのような形になっていて、ずっしりと安定したバランスの製品が多いです。

量的にはふくよかでありながら質的にはソリッドな低音が、しっかりとピラミッドの底部をつくっていて、その上に主張のし過ぎない中高音が乗っている安定した音質ですね。

入門機とするにはやや高価なヘッドホンですが、よほど低音が嫌いなのでない限りMDR-1Aの音質をニガテとする人は少ないんじゃないかしら。

MDR-1Aの付け心地・使い心地は?

付け心地はいたってふつうといったところでしょうか。

ただ実売価格2万円を超えるヘッドホンなので、ヘッドホンを支えるヘッドバンド部にはクッションが入っていて頭に負担をかけにくい造りになっています。

MDR-1Aはスイーベル機構を搭載していて、大型ヘッドホンでありながら気軽に持ち運べるのが素晴らしい。

本当に良い音を家でも外でも聴きたいという人におすすめです。

またMDR-1Aはケーブルの着脱に対応しています。

SONY純正の高音質化ケーブルも販売されていて、ケーブルを付け替えることで高音の伸びなどが改善されます。

初心者向けの内容から少し脱線しますが、ヘッドホンのケーブルを付け替えると「音の感じ」が変わります。

ケーブルを着脱できるヘッドホンを持っていると、ヘッドホンを購入したあとも、ケーブルの付け替えによる音質の変化を楽しむことができますよ。

 

MDR-1Aの音質の傾向は?

このヘッドホンはロックやダンス・ミュージックをパワフルで楽しく聴かせてくれます。

キレイな音も表現できるだけの解像度(どれだけ細かな音を再現できているか)があるので、激しい楽曲だけでなくポップスやアニソン、アイドルソングなどの流行りの曲とも相性がいいですね。

音場(耳の中で音が鳴っている仮想的な空間のこと)が狭いので、広い音場が必要とされるジャズとオーケストラを鳴らすのがニガテです。

ワイヤレスミュージックに対応したモデルもあります。

 

【おすすめ3】HD800 – SENNHEISER【とにかく高音質でジャズやオケを聴きたいならこれ!】

71d7LA+KuML._SL1500_

HD800の特徴は?

最初に言っておきます。このヘッドホンは入門用ではありません。

むしろジャズやオーケストラを好むユーザーの終着駅とも言える超高級・高音質ヘッドホンです。

HD800は開放型(オープン型)と呼ばれるヘッドホンで、音をつくり出す振動板を覆うボディ(ハウジング)がありません。

フレームが振動板の周りを囲っているだけに過ぎないので、再生された音はすべて外に漏れてしまいます。

よって完全な屋内用ヘッドホンです。

HD800の音質は?

屋内専用という特性を受け入れられるのであえれば、ジャズやオーケストラを聴くのにHD800の右に出る高音質ヘッドホンはありません。

ヘッドホン専門店の従業員がHD800を使用して宇宙空間と評した音場の広さはまさに圧巻です。

オーケストラを聴くと頭のなかでホールが再現されます。

芸術の域に達しているとの評価も見られる神ヘッドホンです。

定位(音が空間的にどこから聞こえてくるかを表現する能力)がハッキリとしているのも特徴で、空間的にどこでどの楽器を演奏しているかが分かるほどです。

HD800の付け心地・使い心地は?

60ミリ径の巨大な振動板を採用しているため、ヘッドホン本体が大きく、重さもあります。

でもヘッドバンド部にはクッションが入っていて、上手くヘッドホンの重さを分散させているので、付け心地が悪いということはありません。

HD800の音質の傾向は?

得意ジャンルはジャズとオーケストラです。

開放型のヘッドホンはその構造上、低音が出にくいという弱点があります。

でもHD800は開放型にしては低音もよく出るほうなのでポップスなどの軽い音楽も聴けないことはありません。

 

【おすすめ4】PORTAPRO – COSS【個性の強い”2台目”が欲しい人に!】

61+y3fxkl6L._SL1500_

PORTAPROの特徴は?

COSSのPORTAPRO「ポタプロ」の愛称で、20年以上前からずっと売れ続けている高音質ヘッドホンです。

見た目のチープさとは裏腹にすさまじいパワーを持ったヘッドホンなんですよ。

それを知らずにこのヘッドホンを使ったら、きっと驚きますよ。

HD800と同様に開放型なので、屋外ではあまり使わないほうがいいでしょう。でもこのヘッドホンは外で使いたくなるんですよ!

発売当初と比べて価格がだいぶ落ちてきていてAmazonでは3,000円台で購入できることもあります。

コスパの良さでは他のヘッドホンを寄せ付けません。

PORTAPROの音質は?

高音質という言葉はポタプロには似合わない!

高音質というより「元気でパワフルな音色」です。

アメリカ生まれの明るく元気なサウンドなので、青空の下を散歩しながら使いたくなるんですよね。

価格と音質からすれば入門機に当たります。でも初めての1台としてではなくちょっと個性の強い2台目として購入してほしいおすすめのヘッドホンです。

PORTAPROの付け心地・使い心地は?

付け心地は良くもなく悪くもなくという感じ。

ただしメガネをかけている人には最高のヘッドホンかもしれません。

ポタプロは耳に当たる部分が極端に小さいので、メガネをかけていても、メガネのツルの部分を圧迫することがないんですよ。

開放型なので音が漏れます。

でも音が漏れるということはヘッドホンをしていても周囲の音が聴こえるということでもあるので、周囲の音が聴こえていないと困る状況でも使うことができますよ。

散歩をするときにポタプロを使うと自動車や自転車が近づいてくる音がふつうに聴こえるので、事故に巻き込まれたり、他人に迷惑をかけることがなく便利だったりします。ちょっと音漏れはしちゃいますけどね。

PORTAPROの音質の傾向は?

得意なジャンルは元気で明るい楽曲です。

激しい楽曲とも相性が良いですね。

特定のジャンルというより、ぼくは聴きたい曲のイメージや気分でポタプロを使います。あとは掃除や散歩をするときにもおすすめです。

 

【おすすめ5】ATH-MSR7 – Audio-technica【モバイルでも使える最初の1台として!】

71mSKD5nT7L._SL1500_

MSR7の特徴は?

MSR7はこの記事の最初に紹介したA900Xと同じAudio-technica製のヘッドホンです。A900Xが屋内用であるのに対し、MSR7は屋内外で使うことができます。

SONYのMDR-1Aと価格帯が近いことから、ライバル機として認知している人も多いようです。

MSR7とSONYのMDR-1Aを比較した記事も用意しています。興味のある方は下のリンクからご覧ください。

Audio-technicaのヘッドホン「ATH-MSR7」を試聴してみた!SONYの同価格帯ヘッドホンと比較するよ

2015.10.04

 

MSR7の音質は?

音質はいわゆるAudio-technicaの音ですね。低音はややひかえめで、高音がキラキラと美しい音色をしています。

高音質ヘッドホンの名にふさわしい高解像度で、安物からこちらに買い換えるとこれまで聞こえなかった音がハッキリと聴こえるようになります。

MSR7の付け心地・使い心地は?

付け心地はふつうですね。SONYのMDR-1Aとよく似ています。

何もかもMDR-1Aと似ているので、Audio-technica側も意識していたんだろうなぁと思います。でもこちらのほうが5,000円くらい安い!

MSR7の音質の傾向は?

Audio-technicaのヘッドホンはポップスと相性が良いですね。MSR7も例外ではありません。

A900Xと比べてやや音場が狭いので、オーケストラを聴くにはちょっと音場が足りないかなという印象です。

でもジャズは良い音で鳴らしてくれますね。

ポップスやジャズをよく聴く人におすすめです。

 

【おすすめ6】Y50 – AKG【音質とかわいさ両方を求める方に!】

AKGのHPのスクショ1

Y50の特徴は?

Y50はポップでかわいいデザイン高音質を見事に両立しているおすすめヘッドホンです。

デザイン性にもこだわりたい方や、ポップでかわいいものが好きな女子にもおすすめ!

カラバリが「7色」もあります!

AKGのHPのスクショ1 AKGのHPのスクショ2
  • ブラック
  • イエロー
  • スカイブルー
  • レッド
  • モスグリーン
  • ピンク
  • オレンジ

以上の全7色!

しかもどれもイイ色なんですよねぇ。

Y50の音質は?

デザインのかわいいファッショナブルなヘッドホンはだいたい音質が悪いんですよ。低音ばかりがぼよよんと強調されていたりね。

でもY50は解像度も高く、低音から高音までバランスよくまとまっています。

小型でコンパクトなポータブルヘッドホンでありながら音場が広いのも特徴です。オーケストラはさすがにムリがあるとしても、ジャズを聴いたときなどはハッとさせられます。

万人に受け入れられる高音質です。

1万円以下で購入できるのも魅力!

Y50の付け心地・使い心地は?

ぼくの耳の形のせいなのかもしれませんが、長時間つけていると耳が痛くなります。頭の形は人それぞれですから、こればっかりは購入して長時間つかってみるしかありませんね。

ヘッドバンド部にはちょっとだけクッションが入ってます。

でもそもそもヘッドホンが軽いので、ヘッドホンをつけていて頭が重い〜、となることはありません。

ケーブル着脱式で、AKG純正の高音質ケーブルも販売されています。ちなみにぼくは高音質ケーブルを購入して使っています。

記事にもしているので読んでみてください。

Y50に続いて純正の6N-OFCリケーブル「C120」も買っちゃった!音がクリアになるよ!

2016.06.03

 

Y50の音質の傾向は?

エレキギターの倍音がすごくキレイに表現されるので、ロックバンドを聴くのが一番イイ気がしますね。

アジカンとかチャットモンチーを聴くと固定観念がぶっこわれますよ。

低音から高音までバランスよく出ているので、ロックに限らずポップスでもダンス・ミュージックでもアニソンでもアイドルソングでもジャズでも何でもござれ。

ポータブルヘッドホンとしては音場が広いので、どうしても外でオーケストラを聴きたい人にもいいかもしれません。

AKGのY50を購入した!昨日の今日で「Y50」を購入しました。

2016.07.23

 

あとがき

atogaki

音は非常に感覚的なものです。このレビューはあくまでもぼくが実際に試聴した際の主観にもとづいて行われているということをどうかご理解ください。

スポンサード

フォローミィィィーー!【更新情報はこちちらから】

感想をシェアしよう!

8 件のコメント

  • It’s arduous to search out knowledgeable individuals on this matter, however you sound like you realize what you’re talking about! Thanks
    [url=http://www.blu-dvds.com/]love bracelet cartier replica[/url]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です