将来の不安を感じたら「見えない衝撃」を探そう – つい「気にしすぎ」てしまう人へ

読書録

まいど。

黒井です。

ある程度の年齢に差し掛かってくると、ふいに将来への漠然とした不安を感じることが増えてきませんか?

ぼくは自分が「ひきこもりニート」だということもあり、将来への不安を感じることは日常茶飯事。

  • このまま生きていけるんだろうか?
  • 働けるようになるのか?
  • 結婚することはできるのか?
  • 彼女に振られやしないか?

などなど……

大きな不安から、小さな不安まで、数え切れないくらいの不安が脳裏をかすめます。

 

不安感に限らず、感情とは「衝撃に対する反応」です。

不安を感じるということは、それ以前に「何らかの衝撃」を受けているはず。

不安で頭がいっぱいになったら、自分の行動を振り返り「見えない衝撃」を探してみると良いですよ。

スポンサーリンク

不安を感じるときには「見えない衝撃」が潜んでいる

感情とは衝撃に対する反応である

気分障害をわずらっていない限り、感情がひとりでに湧き上がってくることはありません。

感情や気持ちが変化するところには、必ず「見えない衝撃」があります。

衝撃→感情

なのです。

見えない衝撃が「漠然とした不安」を生み出す

  • 誕生日にプレゼントをもらって嬉しい
  • 家族や友だちと旅行へ出かけて楽しい
  • 上司に理不尽な対応をされてイライラ

これらの感情については、強くハッキリとしているので、その直前にあった「衝撃」との関係を把握しやすいですよね。

 

不安感についてはそうはいきません。

不安とは、未来のことや、曖昧なこと、まだ分からないことに対して現れる感情です。

対象が「曖昧」なので、その衝撃も同様に曖昧で、とても見えづらい。

 

「◯◯だから怒ってるんだよ!」と因果関係を説明しやすい怒りなどの感情とは違い、不安は漠然としています。

漠然とした不安には「見えない衝撃」がつきものです。

将来の不安を感じたら「見えない衝撃」を探そう

将来への漠然とした不安には、必ずその不安感を引き起こした原因である「見えない衝撃」があります。

将来への漠然とした不安を感じたら、自分の行動を振り返り、不安を引き起こした「見えない衝撃」を探してみると良いですよ。

 

見えない衝撃とは……

テレビのワイドショーで芸能人の結婚を報じていた→数時間後→自分はちゃんと彼女をつくって結婚できるのだろうか?

このようなことがあった場合の……

テレビのワイドショーで芸能人の結婚を報じていた

この部分のこと。

他の感情と違い、漠然とした不安を生み出す「見えない衝撃」は分かりづらいので、自分の行動をよく振り返ってみましょう。

衝撃を受けて不安になることは当たり前

衝撃を受けて不安になることは当たり前です。

自分の行動を振り返り「これかな?」という見えない衝撃を見つけたら、「自分は衝撃を受けたから不安を感じていたんだなぁ」と考えましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました