【おすすめ漫画】よつばと! は当たり前の日常に癒やされる作品です。

漫画『よつばと!』1巻の表紙言いたいこと

まいど。

『よつばと!』が好きすぎて軽く100回は読み返している黒井です。

働いていないのでお金がないから、本を買うときは中古が出るまで待つとこころに決めていますが、『よつばと!』だけはそうはいきません。

『よつばと!』の新刊が出ると、いつも我慢できずに新品で買っちゃうんですよねぇ笑

「あずまきよひこ先生」に貢献できるという点では最高なんですが、お財布的には「たかが漫画一冊」がけっこう厳しかったり……

しかし、それでも『よつばと!』だけは新品で買う。

それくらい好きなのです。

今日は、ぼくの大好きな『よつばと!』について。

スポンサーリンク

よつばと「あらすじ」

『よつばと!』は、遠いとおい海の向こうからやって来たふしぎな少女「よつば」と、よつばの育ての親である「とーちゃん」の日常を描いた大人気コミックです。

あるときはデパートへお買い物に行ったり、またあるときはふたりでハンバーグを作って食べたり……

描かれているのは「ごくありふれた日常」です。

そこには戦闘シーンもなければ、シリアスな展開もありません。

よつばと「タイトルのなぞ」

タイトルの『よつばと!』は、「よつばと○○」と言うときの「よつばと」です。

そういう理由で『よつばと!』に収録されているおはなしはすべて「よつばと○○」という形のタイトルがつけられています。

よつばと「いやし」

本屋さんに入り、辺りを見回すと、そこかしこに「刺激的な」漫画や小説やライトノベルが並べられています。

エンタメ作品に刺激は必要不可欠ですが、ぼくが漫画に求めているのは刺激ではなく「癒やし」なのです。

ぼくが『よつばと!』を繰り返し読むのは、元気いっぱいのよつばと、とーちゃん、そのほかのたくさんの人たちが送る「ごくありふれた日常」を追体験することで、嫌なことから少しだけ目をそらして、ゆっくりと深呼吸をすることができるから。

「ごくありふれた日常」も、よつばがいることでちょっぴり刺激的になります。その刺激はとても弱く、たとえるなら「ちょっとお腹をくすぐられるくらいの刺激」です。

しかしそれくらいの刺激が、現代人にはちょうどいいのではないでしょうか?

満員電車や残業、徹夜やさまざまなトラブルにまみれた現代人にとって、低刺激的で、ゆっくりと深呼吸ができる『よつばと!』は「癒やし」そのものなのです。

まあ。

ぼくは働いていないんですけどね。

created by Rinker
¥660(2019/11/12 10:09:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

『よつばと!』最新14巻も好評発売中です。

created by Rinker
¥715(2019/11/12 10:09:39時点 Amazon調べ-詳細)

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んでちょっとでも「イイね!」と感じたら、SNSによる拡散や、ほしいものリストからの援助をしていただけると助かります。

言いたいこと
スポンサーリンク
シェアをするまでが読書!
黒井さんは他にもいろいろやっている
黒井さんはひとりじょうず

コメント

タイトルとURLをコピーしました