イヤホンのコスパ最強おすすめベスト3

スポンサード

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
コスパ(コストパフォーマンス)のいいイヤホンをベスト3形式で紹介します。

以前の高音質イヤホンの入門機おすすめ5選につづき、今回は「コスパのいいイヤホン」を厳選しました。

まずはコスパ王決定戦のイヤホン編です。イヤホンやヘッドホンは「高ければ高音質」とはかぎりません。安いのにすごくいい音を聴かせてくれる、高コスパイヤホンもたくさんあるんです。

スポンサード

第3位:XBA-100 – SONY

コスパ

高コスパですがけっして「安い」というお値段ではありません。2015年06月現在アマゾンでは「6,800円」で売られています。

「イヤホンで6,800円は高い」と感じるひともたくさんいると思いますが、XBA-100には支払ったお金以上の魅力があります。高級感もあり音質もよい、一挙両得なイヤホンです。

音質

バランスド・アーマチュア・ユニット(以下BAユニット)を一基搭載したモデルで、BAユニット独特の「透明感のある澄んだ音色」がします。

ハウジング(イヤホン本体)が「真鍮」でつくられており、そのため音のムダな振動が少なく、この価格帯のイヤホンのなかでは抜群にクリアな音質です。

高音の「きらびやか」とさえいえる音の響きがXBA-100のウリ。それを引き立てるために低音はやや控えめです。このイヤホンが得意とする音楽は、ポップス(Jpopを含む)や軽い感じのロックですね。フーバーオーバーとかSchool Food Punishmentを聴くとすばらしい。

第2位:ZH-DX200-CT – ZERO AUDIO

コスパ

このイヤホンは「3,000円」ほどでお買い求めいただけます。ぱっと見の高級感もさることながら、音質のよさも大きな魅力です。

音質

迫力満点の元気な音色です。でも低音だけが突出して強いわけじゃないので、広いジャンルの音楽を満足に鳴らしてくれます。

低価格帯のイヤホンとしては音場(音が鳴っている仮想的な空間)が広いのもいいね。そのおかげでどんな音楽を聴いても「こもる感じ」とは無縁です。ジャズやオーケストラを楽しむこともできます。

でも(価格を考えれば当然ですが)音の解像度は高くないので、情報量の多いフルオーケストラを聴くには少し力不足かもしれません。構成人数の少ないスリーピースバンドの音楽を聴いたときにもっとも力を発揮してくれます。UNISON SQUARE GARDENchaqqを聴くのがお気に入り。

第1位:SHE9710 – PHILIPS

コスパ

2015年06月現在アマゾンでは「2,500円」ほどで売られています。キューナナ(SHE9710の愛称)をつかっていると値段を忘れます。それくらいコスパのいいイヤホンなんです。

これまでiPhoneやiPodに付属してきたイヤホンや、100円ショップのイヤホンしかつかっていなかったひとがキューナナを手に入れたら、何度イヤホンが壊れてもきっとキューナナを買い求めるようになりますよ。もしくはもっと高価なイヤホンがほしくなる・・・

音質

低音がつよい、と一言ではいえない音色です。キューナナの低音は「でしゃばりな低音」ではなく「中高音」をささえてくれる土台としての役割をしっかりと担っています。だから低音がつよめなのにバランスがいいんです。

得意なジャンルはポップスやロック、ダンスミュージックなど。ぼくの主観だけどGARIというバンドのColorful Talkと相性がいい。

さいごに

まずは注意から。
音は非常に感覚的なものです。あくまでもぼくが実際に聴いた際の主観にもとづいてレビューを行っているということをどうかご理解ください.

今回はおすすめの音楽を一緒に紹介してみました。しかしもちろんぼくの感覚がすべてではないので、実際に自分でいろいろな楽曲を聴いてみて「このイヤホンにはこれだな」というものを探してみてください。

それもオーディオの楽しみ方のひとつだと思います。

ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚

関連記事:高音質イヤホンの入門機おすすめ5選

スポンサード

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です