実は体重が「120キロ」あります。おっかなびっくりダイエット宣言!

スポンサード

実は、体重が「120キロ」あります。

幼いころからずっと太っていましたが、これほどまでに「デブる」とは。でもそれも日頃の「運動不足」や「引きこもり生活」の賜物。すべて自分の責任です。

ぼく、黒井みなみは、脱3桁体重を宣言します!

くわしくは本編で!

スポンサード

120キロは120キロでも・・・

ぼくの体重は「120キロ」です。写真は出せませんが「体重記録アプリ」のスクリーンショットを公開します。

5月頭のぼくの体重の推移

こちらが「2016年5月」に入ったばかりの頃の体重です。

【119キロ】や【118.5キロ】といった体重が、並んでいますね。

でも、それだけじゃないんです。

ぼくは「120キロ」の体重に対して、身長が「164センチ」しかありません。

よーするに、

チビデブです。

正直、救いようがありません。

絵に描いたようなデブとは私のこと。食べることだけが生きる唯一の楽しみで、毎日まいにち「ご飯」の心配ばかりしている。

さあ、想像してみてください。

それがぼく(笑)

痩せよう、と思った動機について。

もっとも大きなダイエットの動機は「体の異常」ですね。

ざっと並べてみると・・・

  • 無呼吸があるのか睡眠の質が悪い
  • 日中でさえ呼吸が苦しい
  • 逆流性食道炎の症状がある
  • 当然だけど体が重い
  • やる気が出なかったり、何事も億劫に感じたり
  • 太っていることで「うつ」も悪化しそう
  • 運動不足もあり肩・首が凝って痛む
  • 血液循環が悪いためか頭痛やめまいもひどい
  • もはや「座っている」のも辛い!

と、パッと思いつくだけでもこんなに体の不調がある!

そりゃそうだろ、って、話ですけど。

太っていると脳が萎縮するというデータもありますしねえ。

そんなこんなでダイエットをすることに。

で、どうやって痩せるつもり?

ぼくは「ダイエットブログ」をやっていたことがあるので、そのときに得た知識を元に、とりあえず「そんなにキツくない」ダイエット方法を考えてみました。

ぼくがやることは・・・

ぼくがやること(食事編)

食事についていくつかルールを決めました。

  • 食事の前に「ミックスナッツ」をひとつかみ(30グラム程度)食べる
  • 血糖値の急上昇を防ぐような食べ方をする
  • なるべく糖質をとらないようにする
  • 夕食はまったく糖質をとらないようにする
  • 糖質をとらない分、タンパク質や脂質を多くとる

こんな感じ。

「糖質制限ダイエット」というよりは「血糖値を急激に上げないダイエット」といった感じでしょうか。

すべては血糖値を急上昇させないために!

ちょっとルールを補足しますね。

食前のミックスナッツ

ナッツ類は「食物繊維」が豊富で、食前に食べておくと「血糖値の急上昇」を抑えてくれます。

さっそくAmazonで「無塩・無油」のミックスナッツを購入しました!

ミックスナッツの写真

どん!

1キロ入りで「2,400円」ほど。なんだか高級です。

食べてみると、すごくおいしい!

スーパーなんかで売っている「缶入り」のものよりずっとずっとおいしい。これなら塩がかかっていなくても食べられそうです。じゅるり。

血糖の急上昇を防ぐ食べ方

食前にミックスナッツを食べることもそうですが、先に「食物繊維」の多い食べ物を食べ、それからお肉やお魚、主食を食べるようにします。

そうすることで「血糖値の急上昇」を防ぐことができます。

どうして血糖値を急激に上げないようにするの?

血糖値というのは「血中のグルコースの濃度」のことです。

人間はおおむね「血中のグルコース」をエネルギーにして動いています。

「グルコース」というのは「白米」や「食パン」などに多く含まれる「糖質」が分解されたものです。

「血糖値が上昇する」ことは、すなわち「暫定的なエネルギー量が増える」ことでもあります。これだけなら「いいんじゃない?」という感じですが、血糖値が上昇すると、膵臓から「インスリン」というホルモンが出てくるんです。

「インスリン」は「血糖値」を下げる唯一のホルモン。

血糖値を下げるということは「血糖」つまり「血中のグルコース」を減らすということ。

どうやって減らすかというと、

血中のグルコースを「脂肪」に変えて、減らすんです。

つまり・・・

  • 血糖値の急上昇=インスリンの分泌量の増加=脂肪が増えやすくなる
  • 血糖値の上昇を抑える=インスリンの量が減る=脂肪が増えにくくなる

ということ。

普段の食事を・・・

スープやサラダ

お肉やお魚

白米などの主食

という順番で食べる「だけ」で「太りにくく」なるということです。

ただしこれではあくまでも「太りにくくなる」という感じで、しっかりダイエットをしたい人には物足りない結果となるでしょう。

だから「そもそも糖質を摂取する量を減らす」という「糖質制限ダイエット」の方法も取り入れてみました。

糖質の代わりにタンパク質などを多くとるようにするので、食べる量はあまり変わらないかもしれませんね。それでもこれで痩せるはずです。

ぼくのやること(運動編)

ぼくのように「体重3桁」にまでなってしまうと、体力がない上に、運動をすることで体を壊す(負担がかかりすぎて)こともあるので、運動はかなり控えめに行います。

運動は「なるべく毎日エアロバイクをこぐ」だけ。

これだけ(笑)

時間はとくに決めませんが「30分〜1時間くらい」でしょうね。

「太る原因」は「摂り過ぎ」です。

「運動不足」は小さな小さな原因のひとつであり、主な太る原因は「摂り過ぎ」なんですね。

だから「摂り過ぎ」を「ふつう」か「ちょい少ない」くらいにしてやることが大事。

運動は「まだ」必要ではありません。

あくまでも「まだ」であって、あるていど痩せてきたら有酸素運動に加えて筋トレもやったほうがいいかもしれません。

でもとりあえず「いまはまだ」運動は超々軽度で。

あとがき

当面の目標は「脱3桁体重」ですね。本当は「とにかく痩せたい!」と言えるほどの熱量が自分の中にないような気がしていたので、ブログに書くのはどうかな、と思っていました。書いても失敗して恥をかくだけだ、と。

まあ、でも、失敗して恥をかいてもいいかなと思うようにして、載せてみることにしたんだけどね。とりあえず「やるぞ!」と言ってみて、ダメだったら「ごめんね」でいいかなあ。

ぼくの身長のベスト体重が「60キロ」だそうなので「-60キロ」ですよ。

体重が半分になるまで痩せるとか、ちょっと可笑しいよね。京都銀行ばりのながーいお付き合いで痩せていかなきゃならないので、これくらいの「気の持ち方」でもいいのかな。どうか長い目で、見守ってください。

スポンサード

フォローしてね!

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です