ぼくはこの速度の社会にはついていけないな、という話。【ニートの思うこと】

スポンサード

まいど、黒井です。

昨日、今日と記事を書きませんでしたが、ぼくは生きています。さすがに【痛風】の再来じゃないとは思いますが、また足が痛くなってきちゃってね。ちょっとまいっちゃってます。せっかく【5キロ痩せた】のに、体重、もどっちゃったかなあ。まあ、ゆっくり痩せていければいいや。

ぼくには「傷つく」と分かっていながらもついやってしまう悪いクセがあります。それはYouTubeで「ニート」とか「引きこもり」と検索をかけてしまうこと。

元日本最強のニート「Pha」さんのような、ぼくにとって明るい希望になってくれる動画を求めての行動なんですが、やっぱり、検索結果に出てくるのは・・・

ニートは働け!

みたいな動画ばっかりで、ずーんって、なっちゃうんですよね。

そういう動画を見て思うのは「人って怖いな」というのが一番大きいかな。それから「弱い者に対してとことん強いよね」とも、思う。

スポンサード

やりたくないことをやってお金をもらって、本当に楽しいんですか?

zentei

ぼくはのんびりブログを書いて月5万円くらいの収益を得て暮らしています(といっても実家ぐらしのスネカジリです)が、そんなぼくの目から見て、社会に出て働いている人は「すごいな」と思う。でも「偉いな」とは思えないんですよね。

やりたくないことはやりたくない!

というのは当たり前の考えだと思いますが、社会人から言わせれば「それでも働かなければ生きていけないんだ」ということなんでしょう。

その考えも分かりますし、いまのところは真っ当な生き方なんだとも思います。でも、ぼくはそれでも、やりたくないことはやりたくないなあ。

きっとぼくの「やりたくない!」は多くの人にとって「しょうがない」という程度の認識なんだろうと思うんです。

だって、みんな割に楽しそうに生きてますもんね。

でもぼくにはムリだろうなあ。

ぼくには「父の会社に無理やり連れて行かれていた時期」があるんですが、そのときはもう地獄でした。たった1ヶ月でしたが、ぼくはその間に20キロ近く太りました。

朝早くから出かけて、職場に15時間拘束され、家に帰ったらご飯を食べて寝るだけ。ぼくなんかは睡眠障害があるからほとんど眠れない日もあります。それでも朝には起きて、仕事に行って・・・

まるで自由のない生活だったなあ。

そりゃあね、もっと体力があって、元気で、パワフルな人からしたら、仕事が終わってからが本番だ! とばかりに夜の街に繰り出す、なんてこともあるんでしょう。

でもやっぱりぼくにはムリだろうなあ。

社会人の姿を見てぼくが思うのは「このスピードで生きていくことは自分には不可能だ」ということ。

社会がグローバル化してスピードが上がれば上がるほど脱落者が出るのは普通なんじゃないかしら。

走り出す

当然、社会がグローバルになればなるほど、通信技術が発達すればするほど、仕事もスピーディになり、人はもっともっと「質より量」的な働き方を迫られることになります。

量産やスピードでは人間が機械に勝てないことなんてわかりきっているのに、どうしていまだに人間がたくさん働かなくちゃならないんだろうなあ、なんて、思ったりするんです。どうしてなんでしょうかね。ぼくにも分かるように説明してくれる人とかいないかしら。

人件費と設備投資とでは、まだ設備投資をしてロボットをたくさん導入するほうがお金がかかっちゃうのかなあ。

近い将来にはクリエイティブな仕事すら人工知能に任せたほうがコスパが良い、なんていうことになっていそうですけど、ぼくの見立てが甘いだけでしょうか。

少なくともここまで「スピード重視」の社会になってしまっては、そのスピードについていけないということで脱落していく人が出てきますよ。

「今の若いやつはみんなすぐに辞めちまう根性無しだ」

なんて言いますけど、今と昔じゃあ、ひとり当たりの仕事量も、若いひとにのしかかる負担も段違いですよ。正直ぼくはこんなデタラメな速度のなかでは生きていけないし、そんな生き方は人生をムダにしているように感じてしまう。

平日は働き、土日で体調を整える。

また月曜日になったら働いて・・・

なんて、ぼくには絶対にできないでしょうし、それが「当たり前」になっている現代社会には疑問すら抱きます。

社会を拡大していこうというのは分からないでもないけど、いつか人間の手に収まらない大きさにまでなってしまって、人が社会を作っているはずだったのに、社会に人が殺されてしまうようになりそうで、なんだかおっかない。

そして「社会に人が殺される」ことは、もうすでに現実に起き始めていますよね。過労で亡くなってしまったり、自殺してしまう人は少なからずいます。

ぼくみたいな「何も言えないでウガーってなる人」は、それこそまっさきに社会の餌食になってしまうんだろうなあ、と思うと、いてもたってもいられません。

自力で、ほそぼそと生きていくしかないのかなあ。

人間が生きるのに適したスピードを手放してまで、生き急いでまで、社会をより大きく、より便利にする意味って、あるんでしょうか?

世の中なんかおかしいよな、と思ったら読む本。
スポンサード

フォローミィィィーー!【更新情報はこちちらから】

感想をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です